フィギュア 羽生結弦 きょう今シーズン初戦 全日本選手権2日目 | NHKニュース

2021/12/23 23:04:00

フィギュア 羽生結弦 きょう今シーズン初戦 全日本選手権2日目 #nhk_news

フィギュアスケート, 北京 冬季オリンピック・パラリンピック

フィギュア 羽生結弦 きょう今シーズン初戦 全日本選手権2日目 nhk_news

【NHK】北京オリンピックの代表選考を兼ねた フィギュアスケート の全日本選手権は、大会2日目のきょう、男子シングル前半のショートプロ…

今シーズンは、フリーで4種類の4回転ジャンプを5本取り入れる、難しい演技構成に挑戦していて、24日のショートプログラムをフリーの演技にどうつなげていくのか、目が離せません。ことしの世界選手権で銀メダルを獲得した鍵山選手は、今シーズンも充実の演技でグランプリシリーズでは2試合に出場して2連勝を果たしました。今月行われる予定だったグランプリファイナルは新型コロナウイルスの影響で中止になったものの、調整は順調で、「オリンピックもかかっているし、羽生選手と宇野選手の2人を抜かさないといけないと考えている」と気合い十分です。

続きを読む: NHKニュース »

カルト教団を率いる子羊になって信者を集めるローグライクアクションゲーム『Cult of the Lamb』発売開始。キュートなビジュアルとダークなカルトのギャップが魅力な話題作

販売元のDevolver Digitalは日本時間の8月12日(金)、『Cult of the Lamb』をNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、GOG.com)向けに発売開始した。 続きを読む >>

yuzu_sasshi Yuzu estamos listos para apoyarte desde Mèxico! Te queremos mucho y rezamospor ti! きもいからやめて うざい

羽生結弦 世界初4回転アクセル挑戦明言 初めて北京五輪への意欲語る - フィギュア : 日刊スポーツ フィギュアスケート 男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、約8カ月ぶりの実戦復帰となる全日本選手権(22~26日、さいたまスーパーアリーナ)で今季初… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) mishima_marie イチローとか 大谷翔平とか 現役真っ只中の時に 国民栄誉賞を 辞退した❗️ 羽生は 世界認定のmighty fool アベルに 乗せられて 同じ乗りで 同じ馬鹿さ加減で 受諾した。 コイツも アベルレベルの阿呆なんやで‼️

羽生結弦、4回転半3回挑戦 1度は片足で着氷、世界初成功へしっかり準備 - フィギュア : 日刊スポーツ冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、世界初の成功を目指すクワッドアクセル(4回転半=4A)に挑戦した。252日ぶりの競技復帰となる今季初戦の全日本選手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) orangesrgd YuzuruHanyu Desde Latinoamerica enviandote todo el apoyo ! Te queremos mucho, niño de Dios! 牧師の妻:コロナワクチン接種開始以来、葬儀が次々と行われた

羽生結弦 SPは「序奏とロンド・カプリチオーソ」初めて自らの口で明かす - フィギュア : 日刊スポーツ冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、今季のショートプログラムが「序奏とロンド・カプリチオーソ」だと初めて自らの口で明らかにした。h… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

羽生結弦「軸を作る」で4回転半初着氷「延長線上に北京あるかも」五輪明言 - スポーツ : 日刊スポーツ フィギュアスケート 男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、前人未到のクワッドアクセル(4回転半=4A)に公の場で初めて着氷した。head--… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 絶えず努力を続ける姿勢に敬意を表します!

羽生結弦、公式練習で4A着氷「氷の感触を確かめながら」…全日本フリーで投入も明言 フィギュアスケート で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が23日、全日本選手権の公式練習でクワッドアクセル(4回転半ジャンプ=4A)を着氷。練習後に取材に応じた羽生は「回転はそんなにかけていない。やるべき

宇野選手は、先週、練習中に右足首を痛めたということですが「まとめにいって逃げてしまうような演技だけはしたくない」と真っ向勝負を誓います。 今シーズンは、フリーで4種類の4回転ジャンプを5本取り入れる、難しい演技構成に挑戦していて、24日のショートプログラムをフリーの演技にどうつなげていくのか、目が離せません。 ことしの世界選手権で銀メダルを獲得した鍵山選手は、今シーズンも充実の演技でグランプリシリーズでは2試合に出場して2連勝を果たしました。 今月行われる予定だったグランプリファイナルは新型コロナウイルスの影響で中止になったものの、調整は順調で、「オリンピックもかかっているし、羽生選手と宇野選手の2人を抜かさないといけないと考えている」と気合い十分です。 前半の演技で誰かが抜け出すのか、それとも互いに譲らず後半勝負となるのか、男子シングルはハイレベルな争いが予想されます。 .公式練習当日の22日夜、大会を中継するフジテレビ系のニュース番組「Live News α」のインタビューに応じ、「とりあえず4A込みでフリーやるつもりです。4A込みで頑張りたいと思ってます」と世界初の成功を目指すクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)投入への思いを語った。 「いろいろな視点でアクセルへのアプローチを考えて、自分自身もいろいろなことを研究して、4Aについて考えて、やっと自分の理想の、今までの道のりから考えたら、やっと7割ぐらいまで」と説明した。練習では降りたことはないという。「降りてはいないですけれど、形として4Aだねっていうぐらいの形には。とにかく最後まで希望をつなげていければと思います」と見据えた。 インタビューでは、初めて北京五輪への意欲も示した。「僕がどうこう言って五輪が決まるわけじゃない。なんともいえない。4A次第。ただ、取りにいけるのであれば取りにいきます。前からずっと言っていたように、4Aの習得への道が五輪につながっているのであれば、全力で取りにいかないといけない」と力を込めた。 気持ちが変わったのは前日だという。「まだふわふわはしているけれど、今のところ、譲る気はないです」ときっぱり。「昨日練習して本当に尋常じゃないぐらい、これで世界が終わってしまうんじゃないかっていうぐらいの練習をしてきて、ここで跳べなかったら終われない。回転はギリでいっているけれど、降りきれず、自分に問いかけた。本当にこんだけ支えてもらいながら、中途半端なところで自己満足して終わっていいのかなってすごく考えて。いま、僕の中で一番うまい。だから諦めたくない。諦め悪いなとか、もうそろそろ解放させてくれと思っている自分もいるけれど、小さい頃の記憶をたどると許されない」と語った。 この日、公式練習は回避したものの、開会式・抽選会には出席した。23日の公式練習から参加するが、その前に現時点の考えを語った。 右足関節靱帯(じんたい)損傷から復帰し、出場を決めた全日本選手権では、今年4月の世界国別対抗戦以来の演技を披露する。男子ショートプログラム(SP)は24日、フリーは最終日の26日に行われる。 Sponsored.<フィギュアスケート:全日本選手権>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子公式練習 冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、世界初の成功を目指すクワッドアクセル(4回転半=4A)に挑戦した。 252日ぶりの競技復帰となる今季初戦の全日本選手権(22~26日、さいたまスーパーアリーナ)。その自身初日に前人未到の大技を試みた。 残り5分を切ってから、世界初の成功を目指して今大会のフリー(26日)で挑戦する意向を示している4回転半を試した。回転は足りなかったものの、3回トライして1回目は両足着氷、2回目は微妙、3回目は片足で着氷してみせた。場内からは拍手が送られた。 公の場で4回転半に挑むのは3回目。19年12月のグランプリ(GP)ファイナル(トリノ)の公式練習、国内初披露した21年4月の世界国別対抗戦(大阪)エキシビション練習、以来8カ月ぶりのチャレンジとなった。 前日22日には、大会を中継するフジテレビ系のニュース番組「Live Newsα」の取材に応じ「とりあえず4A込みでフリーやるつもりです。4A込みで頑張りたいと思ってます」と26日の最終日に投入することを明言した。 まだ練習で降りたことはないといい「4Aだねっていうぐらいの形には。とにかく最後まで希望をつなげていければ」と率直な心境も語っていた。【木下淳】 Sponsored.羽生結弦 SPは「序奏とロンド・カプリチオーソ」初めて自らの口で明かす [2021年12月23日15時57分] <フィギュアスケート:全日本選手権>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子公式練習 冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、今季のショートプログラムが「序奏とロンド・カプリチオーソ」だと初めて自らの口で明らかにした。 「ショートの選曲の理由は、かなり悩んで。自分でも言ったこと覚えてなかったんですけど、前々回の4大陸で優勝した時、バラード、ピアノ曲をすごく探してると話してて。自分の中で羽生結弦しかできない表現を探していた。なかなか見つけられなかったんですけど、気持ちが踊るようなものが見つからなくて。そのうち、昔からやりたかったロンド・カプリチオーソが出てきて、これを滑りたいな、ピアノバージョンで滑れば自分らしくなるかなって。僕が昨季、心が折れてつらかった時期に清塚(信也)さんのピアノにしたら気持ち良く、気持ちを込めて作れるのではと。頼んで作曲、いや編曲してオリジナルバージョンを作ってもらいました」と説明した。【木下淳】 Sponsored.