ビールの街、臨戦態勢に ラグビーW杯控える札幌

“ビールの街”として知られる札幌市の飲食業者らが、9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)に向けて在庫の確保に走るなど臨戦態勢に入っている。「ビールがあってラ…

17.8.2019

「ビールがあってラグビーがある」 2015年W杯イングランド大会の際、サッカーの時の約6倍消費。北海道ラグビーフットボール協会会長「試合前からビールを飲み始め、終了後は応援するチームに関係なく一緒に飲むのが習慣だ」 ビールの街、臨戦態勢に ラグビーW杯控える札幌

“ビールの街”として知られる札幌市の飲食業者らが、9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)に向けて在庫の確保に走るなど臨戦態勢に入っている。「ビールがあってラ…

“ビールの街”として知られる札幌市の飲食業者らが、9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)に向けて在庫の確保に走るなど臨戦態勢に入っている。

大型スクリーンのあるアイリッシュパブ「ブライアンブルー南3条店」は、通常の5倍の1日当たり約1300杯分のビールを用意して準備する。高橋一生店長(35)は「海外のラグビーファンは試合前にまず現地のパブで飲む。海外と地元の人が交流する場になれば」と笑顔で話した。

続きを読む: 産経ニュース

麦酒はサッポロ🍻赤星⭐️最高! お〜い、サントリービールの出番でっせ〜!!! 荒井由実「中央フリーウェイ」の歌い出しの調布基地とビール工場繋がりですよ🤪 調布基地は調布飛行場と味スタ(東京スタジアム)。 ビール工場はサントリービール府中工場。 だからね〜👏💕😄 アニャ?フェイスが、、 ラグビール?

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

17 8月 2019, 土曜日 ニュース

前のニュース

京大・山中伸弥氏が始球式 華麗なフォーム、多角度から

次のニュース

ファーウェイ禁輸また猶予 米商務省
前のニュース 次のニュース