ビンラーディン殺害10年 アフガン再び「テロの温床」の恐れ

  • 📰 Sankei_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 18 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 11%
  • Publisher: 53%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

ビンラーディン殺害10年 アフガン再び「テロの温床」の恐れ バイデン米大統領は、米中枢同時テロから20年となる9月11日までにアフガニスタンから駐留米軍を撤収させると表明。米国ではアフガンが再びアルカーイダによる対米テロの温床になりかねないとの懸念が強い

【ワシントン=黒瀬悦成】国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者が殺害されてから5月2日で10年を迎えた。バイデン米大統領は、同容疑者が首謀した米中枢同時テロから20年となる9月11日までにアフガニスタンから駐留米軍を完全撤収させると表明したが、米国内ではアフガンが再びアルカーイダなどによる対米テロの温床になりかねないとの懸念が強い。

2001年の米中枢同時テロを受け、息子ブッシュ大統領(当時)はアフガンに潜伏していたビンラーディン容疑者の掃討と、アルカーイダに活動拠点を提供したイスラム原理主義勢力タリバンの壊滅に向け、アフガン進攻に踏み切った。しかし、アフガンではタリバンが米国を後ろ盾とするアフガン政府を転覆させようとテロや軍事攻撃を執拗(しつよう)に展開。米軍はアフガン政府による治安維持の取り組みを支援するため、同国内に駐留を続けてきた。ただ、国防総省の情報機関、国防情報局(DIA)のベリエ長官は29日の上院軍事委員会の公聴会で「タリバンはアフガン政府に軍事的圧力を加え続ける。停戦や暴力の低減に応じる可能性は低い」と指摘。米軍撤収後はタリバンが再びアフガンの全土支配を目指して活動を活発化させる公算は非常に大きい。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

中東の懸念より東アジアの脅威の方に力を入れるべきだろ。

・・・

テロは悪い、そんな事は当たり前なんだけど何故にテロに走るのかって事、考え無いと。 正義の名の下に、家族を殺されその、殺人者達は報いを受けるでもなく、その殺人者達を選挙で選んでる一般大衆も同罪と考えるのは理解出来る。ましてや、正義などでは無く、一方的な都合によるのだから。

テロ根絶の方法が間違っていた。

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 68. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し