ビザ取得に5年 安住の地のはずが・・渡米後も続く苦悩:朝日新聞デジタル

ビザ取得に5年 安住の地のはずが・・渡米後も続く苦悩

2021/08/01 23:08:00

ビザ取得に5年 安住の地のはずが・・渡米後も続く苦悩

5年かかって特別ビザを取得し、米国にやってきた。ただ、ラミシュ・ダルウィシさん(32)は、「アメリカンドリーム」とはほど遠い生活を強いられている。米国に協力したアフガニスタン人の元通訳たちはいまも、…

ダルウィシさんは1989年、アフガン南部で、9人きょうだいの5番目として生まれた。母語は、アフガンの公用語の一つであるダリー語。だが、もう一つの公用語であるパシュトゥー語や、ウルドゥー語も操る。父親は医師であり、教師でもあった。自らは高校卒業後、大学に通いながら英語を教え、また、父のクリニックで看護師としても働いていた。「血には慣れていたつもりだった。だが、戦地のそれは違う。即席爆弾で体がばらばらになる。私の親友も両脚を失い、その後で亡くなった」米軍の通訳として働き始めたのは2011年。「国のためになりたい」。そんな思いがあった。給料もよく、兄がアフガン軍にいたことも影響した。

Nintendo Direct 2021.9.24 アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」 金ローで特別編集版が放送へ - ライブドアニュース iOS15 SiriにAirPods Proの操作を頼むと断られる現象が発生 - ライブドアニュース

米陸軍特殊部隊の隊員に彫ってもらったタトゥーを見せる元米軍通訳のラミシュ・ダルウィシさん=2021年7月20日、米コロラド州ノースグレン、藤原学思撮影13年には右の二の腕にタトゥーを入れた。アフガン第2の都市、カンダハルで特殊部隊(グリーンベレー)と働いていた際、隊員の一人が彫ってくれた。剣が炎に包み込まれている。「常に戦いのさなかにいる。そんな意味がある。実際、そうだった」 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

9/11から20年、世界はどう変わった 偏見や治安は - BBCニュース

あれから20年、世界はどのように変わったのか。イスラム教徒のおかれた状況や、空の旅の安全、文化への影響について考える。

苦境続く飲食や観光業界 経済全体は「宣言慣れ」の見方:朝日新聞デジタル首都圏など11都道府県が、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に8月末まで指定されることになった。度重なる宣言に多くの人が慣れ、自粛の呼びかけは十分受け入れられていない。飲食や観光業界への悪影響は避け… 無能無策のために、「やむなく」「恐る恐る」「探り探り」で動いてるもんを、「慣れ」とか言うなよ…… 君たちが不安を煽るばかりで国や行政とタッグを組んで有益な情報を発信しないからでは? 陽性者数とか全く役に立たないからね。 Twitter民の情報の方がよっぽど役に立つ。 真贋の判断は必要だけどさ。

魚雷、水の怪物に続く新スター タトゥーに隠れた繊細さ:朝日新聞デジタル■競泳男子 ケーレブ・ドレセル(アメリカ) 筋肉のよろいをまとった身長190センチの体で、花形種目の自由形とバタフライで頂点に立ってきた。ケーレブ・ドレセルは「魚雷」の異名をとったイアン・ソープ(豪)… 刺青、タトゥーのある方は、入浴不可❌ 入れ墨が怖いんだけど 新スターだな🏊‍♀️

射撃・平田しおり、中高は家庭部→書道部 「集中の切り替え似てる」:朝日新聞デジタル東京オリンピック(五輪)の射撃競技で31日、女子ライフル3姿勢に明治大学4年生の平田しおりが出場する。射撃の日本勢最年少の21歳。中学時代は家庭部、石川・金沢伏見高時代は書道部だった「文化系選手」だ…

個人は予選敗退、でも混合なら 中山と大山が夫婦で挑む射撃トラップ:朝日新聞デジタル31日に実施される射撃のクレー混合トラップに中山由起枝(42)、大山重隆(39)の夫婦ペアが出場する。混合は今大会から採用された男女が交互に標的を狙う種目。息の合った射撃で上位を狙う。 5度目の五輪…

井上康生監督、指導の軸に三つの言葉 選手と向き合い9年、集大成へ:朝日新聞デジタル練習に身が入らない。どこか覇気がない。2013年にあった海外合宿。参加した選手たちに、気の緩みが見えた。 12年ロンドン五輪で金メダルを一つも獲得できなかった柔道男子。日本代表監督に就任したばかりだ…

「日本とIOCはベストを尽くしている」WHO事務局長:朝日新聞デジタル東京五輪開催中の日本で新型コロナウイルスの感染者が急増していることについて、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日に開いたオンラインの定例会見で、感染リスクがゼロになることはないとの持論を… おまゆう、です! WHOによるIOCへの忖度🤦🏻‍♀️ 世界最大逆効果の人登場