欧州, 久野華代, フランス

欧州, 久野華代

パリ同時多発テロ、残る謎は解かれるか 実行犯唯一の生存者、法廷に | 毎日新聞

パリ同時多発テロの裁判がパリの裁判所で始まり、実行犯10人のうち唯一の生存者でテロ殺人罪などに問われた32歳被告が出廷しています。

2021/10/17 1:30:00

パリ同時多発テロの裁判がパリの裁判所で始まり、実行犯10人のうち唯一の生存者でテロ殺人罪などに問われた32歳被告が出廷しています。

2015年11月に発生し、130人が犠牲となったパリ同時多発テロの裁判がパリの裁判所で始まり、実行犯10人のうち唯一の生存者で、テロ殺人罪などに問われたサラ・アブデスラム被告(32)が出廷している。不発に終わった別のテロ計画の可能性や、犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)と犯行グループ

裁判の大きな焦点となるのが、事件でのアブデスラム被告の役割だ。アブデスラム被告は、ISのメンバーで首謀者のアブデルハミド・アバウド容疑者(事件発生5日後、パリ北郊で、仏治安部隊の急襲作戦で死亡)の参謀役だったとみられるが、グループの指揮命令系統は解明されていない。 続きを読む: 毎日新聞 »

愛子さま 成年行事 ティアラや白いドレス姿 祝意に笑顔で一礼 | NHKニュース

【NHK】今月1日に20歳になった天皇皇后両陛下の長女の愛子さまは、5日、皇居で成年の行事に臨み、報道陣からの祝意に「ありがとうご…

30代で「古株扱い」IT業界に潜む若者重視の危うさ | 石角友愛のシリコンバレー通信 | 石角友愛 | 毎日新聞「経済プレミア」先日、「45歳定年制を敷く」というサントリーホールディングスの新浪剛史社長の発言がさまざまな議論を巻き起こしたが、米国でも年齢という枠組みにこだわった議論がされないわけではない。例えば、私が拠点を持つシリコンバレーやシアトルのIT業界では、30代で既に古株扱いだ。私がグーグル本社で勤務していた頃は

地位協定の全面改正なしに沖縄県民守れぬ 引退の照屋寛徳氏に聞く | 毎日新聞今回の衆院選に出馬せず、引退した前衆院議員に聞いた。 照屋寛徳・社民党元国対委員長(76) 国会議員としての闘いに後悔はないが、悔しさが残る。一番は、日米地位協定だ。これが、沖縄差別の根幹だ。全面改正を訴えてきたが、実現しなかった。全面改正なしに、米軍人の犯罪から、県民の基本的人権や生命・身体の 「昭和な人」は、「サヨク」を勘違いしたまま、だからなぁ。

選挙至上主義からの脱却 新しい政治の在り方を目指して | 引退議員に聞く | 山尾志桜里 | 毎日新聞「政治プレミア」出馬しない理由 私は次の衆院選に立候補せず、次のキャリアに挑戦します。理由は大きく二つ。一つは「選挙に落ちるまで政治家。選挙区に骨を埋めるのが当たり前」という永田町の常識を覆して、「期間限定政治家」という新しいキャリアを示すためです。さらには、このまま漫然と政治家を続けていくよりも、永田町の外に出 物はいいよう、か。 いや、成り行きでしょう 山尾さんの場合

ドコモ、5G・4Gは15日早朝回復 3Gは制限継続、復旧急ぐ | 毎日新聞NTTドコモは15日、主流の第4世代(4G)移動通信システムと高速大容量の5Gでつながりにくい状況が続いていた問題について、同日午前5時5分に全て回復したと発表した。「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話で使う3Gは、通信制限を続けているため一部で利用しづらい状況が続いており、復旧作業を急いでいる。

くらしナビ・ライフスタイル:感覚過敏に立ち向かう15歳社長の挑戦/上 同じ悩み持つ人がいるのか | 毎日新聞物心がついたころから、着る衣服に痛みを感じ、においや味が苦手で満足に食事ができない。12歳で起業した千葉県習志野市の高校1年、加藤路瑛(じえい)さん(15)はそんな“困り事”を仕事にしようと決めた。その正体は刺激に敏感な「感覚過敏」だ。SNS(ネット交流サービス)で呼びかけると意外にも仲間は多かっ

室内なのに…傘差し鑑賞 コロナ対策で距離確保 名古屋の美術展 | 毎日新聞新型コロナウイルス対策として傘を差しながら作品を鑑賞する美術展が、名古屋市中区のナディアパークデザインセンタービル4階のデザインギャラリーで開かれている。 ユニークな個展を開いているのは、佐賀県武雄市の陶彩画家、草場一壽さん(61)。コロナ禍で約1年半の間、個展を中止していたが、作品を直接鑑賞し