愛知

愛知

バリスタ×パン職人 二組の職人夫妻によるKISOの店:朝日新聞デジタル

バリスタ×パン職人 二組の職人夫妻によるKISOの店

2021/07/30 1:34:00

バリスタ×パン職人 二組の職人夫妻によるKISOの店

5年前、あるバリスタとパン職人が九州の地で出会った。話してみると同い年。故郷も同じ愛知県だった。「いつか地元で店を」。そのときの思いが実現しようとしている。それぞれ、同じ道を歩むパートナーを得た。4…

一方、カウンターにはカップが二つ。バリスタの澤木俊佑さん(33)と彩さん(29)夫妻が試作のコーヒーをいれていた。「水と豆だけから素材ありのままの良さを引き出すんです」もともとコーヒーが飲めなかったという2人。ワインのソムリエのように、バリスタはコーヒーの味を比喩的に表現する技術を求められる。「味をとる」というその技術習得のために、一日に何百杯も試飲した。彩さんは半年ほどたったある日、コーヒーの味をたとえることに初めて成功した。その感想は「紅茶みたい」だったという。4人が共同の店を出すきっかけは、俊佑さん、耕平さん、美穂さんが同じ

「Among Us」グッズがヴィレヴァンに大量入荷 スマホケースなども - ライブドアニュース 台湾、日本に医療機器を寄贈へ 無償提供されたワクチンの返礼で - ライブドアニュース ブルボン「ルマンドアイスチョコレート」カカオ香るチョコアイス×専用ミニルマンド - Peachy - ライブドアニュース

の喫茶店で働いていたことだ。バリスタとパン職人が顔を合わせる機会は少なかったが、5年前、俊佑さんと耕平さんが出会い、意気投合した。年が同じで、共に愛知出身という共通点があった。「自然に育った素材」を大切にしようという仕事上の意識も通じるものがあった。自然農法を実践する牧場を一緒に見学したこともある。「お店を開いて愛知を盛り上げようぜ」と夢を温めてきた。開店を目指すなかで、職人4人で店作りをする難しさを感じることもある。ドアの色を決めるのに何度も話し合い、塗装作業を全員で見守った。「4人でやるのは『武器』でもある。1人で決めるより磨きをかけた選択肢をとれる」(俊佑さん)という思いは、他の3人に共通する。

パンとコーヒーを合わせ「一つの料理」として提供するメニューを考案中だ。加藤夫妻のパンに合う飲み物として、澤木夫妻の味覚を生かし、かんきつ類の果汁とスパイスのドリンクを提供する計画もある。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

富士山で初冠雪 平年より25日早く 去年より21日早い | NHKニュース

【NHK】富士山で7日朝、初冠雪が観測されました。富士山の初冠雪は平年より25日早く、去年より21日早い観測となりました。

五輪開会式、米国の視聴者数は低調 過去大会と比べると:朝日新聞デジタル米メディアなどによると、米NBCテレビが放送した東京五輪の開会式の米国内の視聴者数は1700万人(速報値)となり、過去33年間で最も少なかった。NBCユニバーサルが24日、公表した。 2016年のリ… フェイクニュースの総本山朝日新聞が 一刻も早く廃刊しますように‼️🙏😃 MAKE JAPAN GREAT AGAIN‼️🇯🇵😃 夜中の放送だから。オリンピックにイチャモンつけるなら、何でもする🟥赤旗朝日新聞🟥 あはは いい気味 ガラパゴス五輪の独りよがり

「何球でも」から「省エネ」に変わった上野の投球 28年五輪には…:朝日新聞デジタル27日に行われた東京オリンピックのソフトボール決勝で米国に2―0で勝ち、金メダルをつかんだ日本代表。エースの上野由岐子投手(39)が試合後、記者会見に出席した。主なやりとりは、次の通り。 ――今回の… 朝日新聞の一面トップは誰がどうきめてるんですか、あのテレ朝でもオリンピックの話題ですが親会社の新聞はコロナ過去最高とか不安煽る記事がトップ、それならオリンピック関連記事は載せないで下さい。 五輪反対のくせに、五輪特集で金儲け。朝日新聞は非常に卑劣。 「五輪と選手は別」とは詭弁です。五輪がなければ選手の最高の活躍もありえないのですから。 朝日新聞 事前にあーだこーだ言ったところで、始まれば多くの人が楽しんでいるわけで。東京の感染拡大は五輪とは関係ねーし。所詮、クソ朝日のような連中が、政府を叩きたいために五輪を利用しただけ。

茨城知事「第5波に入った」 16市町に営業時短を要請:朝日新聞デジタル新型コロナウイルスの感染が茨城県内でも急拡大していることを受け、大井川和彦知事は27日の臨時会見で、30日から、飲食店の営業時間短縮(時短)を要請する「感染拡大市町村」に16市町を指定すると発表した… 茨城のお店を守れ。東京で時短関係ないの見てないの? 日本の報道の現状は、都と政府の時短・自粛要請で苦しめられた日本国内の人たちの声を拾ってない。 アスリートの声ばかりを拾い、オリンピック 東京五輪を正当化する偏向報道です。 これは大きな問題です。 時短・自粛の実態を無視して、オリンピックを報道し続ける その態度、呆れたモノです。 大何波を数えても感染防止には役に立ちません。横浜のDiamond Princes号で世界に晒された日本政府の無為無策ぶり(当時の安倍首相の取り巻き連の無責任さが適 語?)からコロナは日本では永久波になる危険を考える時。現下の感染状況でも相変らずの「行き当たりばったり」五輪五輪と騒ぐバカらしさ。

卓球・石川佳純が準々決勝で敗退 シンガポール選手に敗れる:朝日新聞デジタル東京オリンピック(五輪)は28日、卓球女子シングルスで石川佳純(28)が準々決勝で敗退した。シンガポールのモンユ・ユに1―4で敗れた。石川は3大会連続の五輪出場。日本選手団の副主将を務めており、開会…

本多灯が男子200バタフライで銀メダル 日本勢では5大会連続:朝日新聞デジタル東京オリンピック(五輪)第6日の28日、競泳男子200メートルバタフライ決勝で、本多灯(ともる)(19)が1分53秒73で銀メダルを獲得した。この種目で日本勢は5大会連続の表彰台。2016年リオデジ…

緊張でも「誰よりも楽しそうに」 笑顔の本多、明かりともす銀メダル:朝日新聞デジタル19歳の本多灯はいつもと同じように拳を突き上げて、マスク越しでもわかる笑顔で入場した。「緊張していたけど、楽しむことが第一。入場から誰よりも楽しそうに」。初めての五輪の大一番で、普段通りレースに臨ん… 朝日新聞の一面と真逆や