バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表 - 週刊アスキー

2022/06/02 10:20:00
バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表 - 週刊アスキー

バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表

İphone, İpad

バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表

バッファローは、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイントスタンダードモデル「WAPM-AX4R」と専用セキュリティーカバー「WLE-OP-SCD」を発売する。

バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表2022年06月02日 16時10分更新バッファローは6月2日、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応し、コストパフォーマンスに優れた法人向けアクセスポイントスタンダードモデル「WAPM-AX4R」を発売すると発表した。法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」本商品は、高速Wi-Fi規格Wi-Fi 6(11 ax)に対応した法人向けアクセスポイントとなる。Wi-Fiは5GHzが最大1201Mbps(理論値)、2.4GHzが最大574Mbps(理論値)、有線LANはPoE受電対応可能な1GbEポートを搭載し、本製品1台で、最大256台(各バンドにつき128台)の多台数接続が可能となる。

レーダー波を検知した際に、瞬時に干渉しないチャンネルへと自動的にチャンネルを切り替える「DFS障害回避機能」や、多台数端末への通信のバラつきを制御する「公平通信制御機能」(後日対応予定)により、安定したWi-Fi通信を実現できるという。また、来客用のWi-Fi提供を手軽にできる「ゲストポート機能」を搭載。スイッチのVLAN設定をすることなく、端末同士の相互通信を不能にする、来客用のWi-Fiネットワークを提供できる。さらに、インターネットを利用した無料のリモート管理サービス「キキNavi」に対応しているほか、別売りのネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」、「WLS-ADT/LW」にも対応し、導入後のトラブル解析や、遠隔地からの機器の監視、メンテナンス用の簡易操作なども可能となり、機器管理者の負担を軽減できるとしている。

続きを読む: 週刊アスキー »

令和に蘇ったHD-2Dリメイク『ライブアライブ』が熱すぎる。令和でもあの世で俺にわび続けろ、オルステッドーーーーッ!!!!

2022年7月22日……ついにこの日、1994年にスクウェアより発売されたRPG、『ライブアライブ』が28年の時を経て、HD-2Dリメイクとして発売ッ!。 続きを読む >>

1万円台で2.5GbE対応、最大4804MbpsのWi-Fi 6ルーター「WN-DAX5400QR」、アイ・オーが発売アイ・オー・データ株式会社は、Wi-Fi 6と2.5GBASE-Tに対応したWi-Fiルーター「WN-DAX5400QR」を6月下旬に出荷する。Amazon.co.jpでは1万7800円で予約を受け付けている。

1万円台で2.5GbE対応、最大4804MbpsのWi-Fi 6ルーター「WN-DAX5400QR」、アイ・オーが発売アイ・オー・データ株式会社は、Wi-Fi 6と2.5GBASE-Tに対応したWi-Fiルーター「WN-DAX5400QR」を6月下旬に出荷する。Amazon.co.jpでは1万7800円で予約を受け付けている。

シグマが小型軽量の超広角ズームレンズ「16-28mm F2.8 DG DN」を発表! - 週刊アスキーシグマは6月1日にコンパクトなフルサイズ用ズームレンズ「SIGMA 16-28mm F2.8 DG DN | Contemporary」を発表した。

KPMGコンサルティングとトムソン・ロイター、「法務・コンプライアンスリスクサーベイ2022」を発表トムソン・ロイター株式会社のプレスリリース(2022年6月1日 14時10分)KPMGコンサルティングとトムソン・ロイター、[法務・コンプライアンスリスクサーベイ2022]を発表

AI活用を得意とするDXのプロフェッショナル集団、AMBLがブランドプロミス「Shift the Direction」を発表AMBLのプレスリリース(2022年6月1日 11時20分)AI活用を得意とするDXのプロフェッショナル集団、AMBLがブランドプロミス[Shift the Direction]を発表

ビズリーチ、約5,100名から日本一のヘッドハンターを選出「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2022」を発表Visionalのプレスリリース(2022年6月1日 12時16分)ビズリーチ、約5,100名から日本一のヘッドハンターを選出[JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2022]を発表

バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.WiーFi 6ことIEEE 802.WiーFi 6ことIEEE 802.価格は14万800円(税込)で、Lマウント用、ソニーEマウント用が6月17日発売予定である。 450グラムでフィルターも装着可能 16~28ミリという超広角ズームで全域F2.

11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表 バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表 2022年06月02日 16時10分更新 バッファローは6月2日、Wi-Fi 6(IEEE 802.4GHz帯が574Mbps。内蔵アンテナには業界トップクラスの高い放射効率だという日本航空電子工業株式会社製の「WaveConnect」を採用。360°全方向に電波を飛ばして死角を作らない同社独自技術「360コネクト」とあわせて、全方向にハイパワーな通信が可能だという。推奨接続台数は40台。 「生活になじむ、暮らしによりそう」をコンセプトに、機械的な印象を持たせず、部屋にとけこむデザイン。これによって、家の中心の遮蔽物が少ない場所など、家中に最も効果的に電波を届けられる場所に、違和感なく設置できるとしている。 有線ポートは2.11 ax)に対応し、コストパフォーマンスに優れた法人向けアクセスポイントスタンダードモデル「WAPM-AX4R」を発売すると発表した。 法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」 本商品は、高速Wi-Fi規格Wi-Fi 6(11 ax)に対応した法人向けアクセスポイントとなる。 Wi-Fiは5GHzが最大1201Mbps(理論値)、2.5GBASE-T対応のWAN×1、1000BASE-T対応のLAN×4を搭載する。 MAP-EとDS-Liteの各方式によるIPv6 IPoEの各種インターネット接続サービスに対応。WANポートにケーブルを挿入するだけで、回線自動判別機能により、初期設定不要ですぐに利用できる(PPPoEの場合は手動での設定が必要)。 Wi-Fiルーターの買い替え時には、既存ルーターからWPSボタンを利用して設定を簡単にコピーできる「Wi-Fi設定コピー機能」を利用可能。このほか、5年間無料のネットフィルタリング、MACアドレスごとに通信可能時間を設定できるペアレンタルコントロール機能も搭載する。 本製品はプレミアムモデルに位置づけられ、後日、同じコンセプトでスマートフォンやタブレットをメインで使う人向けに、WANが1000BASE-Tで、5GHz帯が最大2402Mbpsとなるスタンダードモデル「WN-DAX3000GR」が発売予定。 本体サイズは約52×196×197mm(幅×奥行×高さ)。重量は約600gで、縦置き専用となる。.4GHzが最大574Mbps(理論値)、有線LANはPoE受電対応可能な1GbEポートを搭載し、本製品1台で、最大256台(各バンドにつき128台)の多台数接続が可能となる。 レーダー波を検知した際に、瞬時に干渉しないチャンネルへと自動的にチャンネルを切り替える「DFS障害回避機能」や、多台数端末への通信のバラつきを制御する「公平通信制御機能」(後日対応予定)により、安定したWi-Fi通信を実現できるという。 また、来客用のWi-Fi提供を手軽にできる「ゲストポート機能」を搭載。スイッチのVLAN設定をすることなく、端末同士の相互通信を不能にする、来客用のWi-Fiネットワークを提供できる。 さらに、インターネットを利用した無料のリモート管理サービス「キキNavi」に対応しているほか、別売りのネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」、「WLS-ADT/LW」にも対応し、導入後のトラブル解析や、遠隔地からの機器の監視、メンテナンス用の簡易操作なども可能となり、機器管理者の負担を軽減できるとしている。 専用セキュリティーカバー「WLE-OP-SCD」 そのほか、別売りの専用セキュリティーカバー「WLE-OP-SCD」により、本体の空き端子やリセットボタンを保護することができる。 いずれも8月上旬から出荷予定。価格はWAPM-AX4Rが5万4780円、WLE-OP-SCDが4180円となる。 .