バイデン氏、台湾関与明言 米「曖昧戦略」修正か(写真=共同)

2022/05/23 19:02:00

バイデン氏、台湾関与明言 米「曖昧戦略」修正か

バイデン氏、台湾関与明言 米「曖昧戦略」修正か

バイデン米大統領は23日の日米首脳の共同記者会見で、中国が台湾に侵攻すれば台湾防衛のために軍事的に関与すると明言した。台湾防衛をあいまいにしてきた歴代政権の政策修正と受け止められかねない発言で、台湾に軍事威嚇を続ける中国への強い警戒感がにじむ。ロシアのウクライナ侵攻を止められなかった米国の抑止力低下への懸念を払拭する狙いも透ける。「大統領はウクライナ紛争に軍事的に関わりたくなかった。いざとなっ

バイデン米大統領は23日の日米首脳の共同記者会見で、中国が台湾に侵攻すれば台湾防衛のために軍事的に関与すると明言した。台湾防衛をあいまいにしてきた歴代政権の政策修正と受け止められかねない発言で、台湾に軍事威嚇を続ける中国への強い警戒感がにじむ。ロシアのウクライナ侵攻を止められなかった米国の抑止力低下への懸念を払拭する狙いも透ける。【関連記事】「大統領はウクライナ紛争に軍事的に関わりたくなかった。いざとなったら台湾を防衛するために軍事的に関与する気はあるか」と問われたバイデン氏は「はい(YES)。それが我々の約束だ」と答えた。

米国は中国が軍事力を使って台湾侵攻に動いた場合の対応を明確にしない「戦略的あいまいさ」を維持してきた。記者会見後、ホワイトハウスの当局者もバイデン氏の発言について「台湾政策に変更はない。バイデン氏は一つの中国政策と、台湾海峡の安定と平和への関与を再確認した」と説明した。「台湾関係法に基づき台湾の自衛のための軍事的手段を提供するとの約束も繰り返した」と強調した。バイデン氏は2021年8月にも、米国は日本や韓国を防衛する義務があると指摘したうえで「台湾も同じだ」と主張。同10月には台湾が中国から攻撃を受けた場合に米国が台湾を防衛するかどうかを問われて「もちろんだ。その責任がある」と語った。

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

\u300e\u30b9\u30d7\u30e9\u30c8\u30a5\u30fc\u30f33\u300f\u30af\u30de\u30b5\u30f3\u5370\u306e\u65b0\u578b\u30d6\u30ad\u201c\u30b9\u30c8\u30ea\u30f3\u30ac\u30fc\u201d\u304c\u767b\u5834\u3002\u30b5\u30fc\u30e2\u30f3\u30e9\u30f3\u3067\u6700\u5927999\u30c0\u30e1\u30fc\u30b8\u306e\u731b\u5a01\u3092\u596e\u3046\uff01

Nintendo Switch\uff08\u30cb\u30f3\u30c6\u30f3\u30c9\u30fc\u30b9\u30a4\u30c3\u30c1\uff09\u7528\u30bd\u30d5\u30c8\u300e\u30b9\u30d7\u30e9\u30c8\u30a5\u30fc\u30f33\u300f\u306e\u30b5\u30fc\u30e2\u30f3\u30e9\u30f3\u306b\u201c\u30af\u30de\u30b5\u30f3\u5370\u306e\u30b9\u30c8\u30ea\u30f3\u30ac\u30fc\u201d\u304c\u767b\u5834\u3002\u305d\u306e\u767b\u5834\u6761\u4ef6\u3084\u7279\u5fb4\u306a\u3069\u3092\u304a\u5c4a\u3051\u3059\u308b\u3002 続きを読む >>

台湾政策に変更はない、バイデン大統領の発言を受け米国防長官が釈明 もはや失言ではない。バイデン本気なんだろう。 台湾にも立ち寄ってから帰れば? “記者会見後、ホワイトハウスの当局者もバイデン氏の発言について「台湾政策に変更はない。バイデン氏は一つの中国政策と、台湾海峡の安定と平和への関与を再確認した」と説明した。「台湾関係法に基づき台湾の自衛のための軍事的手段を提供するとの約束も繰り返した」と強調した。”

防衛費増額、首相が日米首脳会談で表明…IPEF参加や2プラス2開催も - ライブドアニュース【会見】防衛費増額、岸田首相が日米首脳会談で表明 岸田首相は会談で、防衛費を増額させる決意を示した。また、バイデン氏が主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に参加する方針も示した。 忖度お得意ですもんね! ロシアの北方に支那の南方 二方面からやられててあっぷあっぷだ 岸田ちゃんから生えてないはずの尻尾が見える。そんでめちゃくちゃ振ってんの。犬みたいに。

日米首脳が会談 バイデン氏、日本防衛「関与揺るがず」(写真=代表撮影)岸田文雄首相とバイデン米大統領は23日午前、東京・元赤坂の迎賓館で会談した。中国の覇権主義的な動きを念頭に、日米同盟の抑止力と対処力を強める方策が主要議題になる。米国の核を含む「拡大抑止」を確認する。バイデン氏は23日夕、中国に対抗する新たな経済枠組みの発足を宣言する。両首脳は共同声明をまとめ、会談後の記者会見で成果を発表する。バイデン氏の来日は2021年1月の大統領就任後初めてで、両首脳によ ⚠バイデン大統領はCDCの指導による特殊な呼吸法を習得しています。 危険ですので、一般の方は決して真似をしないでください。

バイデン氏、台湾有事なら軍事的関与 日米共同会見(写真=ロイター)バイデン米大統領は23日午後、台湾有事が起きた場合に米国が軍事的に関与するかを問われ「はい(YES)。それが我々の約束だ」と発言した。東京・元赤坂の迎賓館で日米首脳会談後に岸田文雄首相と臨んだ共同記者会見で答えた。米国は「中国本土と台湾は不可 日本経済新聞、電子版に拠れば、バイデン氏は台湾有事ならアメリカは軍事的関与を行うと謳っておられました。この事は即ち日本が有事なら、台湾同様の事が遂行されると理解して良いのであろうか? 米国が台湾に軍事的関与をするとき、日本は? 米国の要請に従って米軍の後方支援をするところまで。 直接的な関与は出来ないでしょう。 日本が攻撃されない限り。

バイデン氏、台湾防衛に関与明言 日米が対中抑止で協力(写真=代表撮影)岸田文雄首相とバイデン米大統領は23日、東京・元赤坂の迎賓館で2時間15分、会談した。中国を念頭に抑止力強化へ協力するとの日米共同声明を発表した。バイデン氏は共同記者会見で台湾有事の際は米国が軍事的に関与すると明言した。首相は防衛費を大幅増額する意向を示した。首相とバイデン氏が対面で長時間、会談したのは初めて。ロシアによるウクライナ侵攻で欧州への対応に追われる状況でも、米国が安全保障と経済の両 氷河期世代を基地に配備してください。 武器の整備、事務方で65歳まで頑張りますよ。 日米で防衛産業にちからをいれていきましょ❣️ 抑止になってんの?反発しかしよらんやん。 テレビで専門家?がバイデン大統領の失言だと言っているけれど、専門家達は国境に20万の部隊を集結さたロシアのウクライナ侵攻をないと言っていたし、キーウの陥落は時間の問題だとも言っていた。 だから、これも失言ではなく大統領と米国政府との予定調和で怖い警官と優しい警官の芝居だと思ってる。

金正恩氏に「ハロー」だけ バイデン氏、懸念なし(写真=AP)「ハロー。…以上だ」。バイデン米大統領は22日、韓国・ソウルで開いた会合で、自身の日韓滞在中に核実験を強行する可能性が指摘される北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記へのメッセージを記者団に問われ、こう答えた。同時に「北朝鮮が何をしようと準備はできている。懸念は

バイデン氏、対中関税引き下げ是非決断へ インフレ対策(写真=AP)サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、中国製品に課している制裁関税を巡り、バイデン大統領が引き下げの是非について「必要との情報を得れば速やかに決断する」と述べた。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立や世界経済に大きな影響を及ぼす。日本に向かう大統領専用機で記者団に語った。サリバン氏によると、バイデン氏は関税引き下げがインフレ対策につながるか分析するよう政権内の経

日米首脳会談を終え共同記者会見するバイデン米大統領(23日午後、東京・元赤坂の迎賓館)=AP バイデン米大統領は23日の日米首脳の共同記者会見で、中国が台湾に侵攻すれば台湾防衛のために軍事的に関与すると明言した。台湾防衛をあいまいにしてきた歴代政権の政策修正と受け止められかねない発言で、台湾に軍事威嚇を続ける中国への強い警戒感がにじむ。ロシアのウクライナ侵攻を止められなかった米国の抑止力低下への懸念を払拭する狙いも透ける。 【関連記事】 「大統領はウクライナ紛争に軍事的に関わりたくなかった。いざとなったら台湾を防衛するために軍事的に関与する気はあるか」と問われたバイデン氏は「はい(YES)。それが我々の約束だ」と答えた。 米国は中国が軍事力を使って台湾侵攻に動いた場合の対応を明確にしない「戦略的あいまいさ」を維持してきた。 記者会見後、ホワイトハウスの当局者もバイデン氏の発言について「台湾政策に変更はない。バイデン氏は一つの中国政策と、台湾海峡の安定と平和への関与を再確認した」と説明した。「台湾関係法に基づき台湾の自衛のための軍事的手段を提供するとの約束も繰り返した」と強調した。 バイデン氏は2021年8月にも、米国は日本や韓国を防衛する義務があると指摘したうえで「台湾も同じだ」と主張。同10月には台湾が中国から攻撃を受けた場合に米国が台湾を防衛するかどうかを問われて「もちろんだ。その責任がある」と語った。 ウクライナ侵攻を経て3度目となるバイデン氏の「台湾防衛」発言を単なる「失言」とはみなしにくい。バイデン氏が米軍派遣を明確に否定した結果、ロシアのウクライナ侵攻を許したとの批判がくすぶるからだ。 日本や韓国、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国とは異なり、米国にはウクライナと同様に台湾を防衛する義務はない。 米国が軍事力の行使に慎重と中国がとらえれば、中国の一段の増長を招きかねない。日本には、米国の抑止力が低下すれば日本周辺を含むインド太平洋地域が不安定になるとの懸念がある。 台湾の外交部(外務省)は23日、バイデン氏の発言を受け「台湾を守るとの確固たる約束を再確認した。心から歓迎と感謝の意を表する」とコメントした。(坂口幸裕) 【関連記事】 .岸田首相は23日、東京・元赤坂の迎賓館で米国のバイデン大統領と会談後、共同記者会見に臨んだ。 首相は、日本が議長国となる来年の先進7か国首脳会議(G7サミット)を広島市で開催する意向を伝え、バイデン氏から支持を得たことを明らかにした。 首相は会談で、防衛費の相当な増額を確保する決意を示した。バイデン氏は強く支持し、日米の安全保障協力を深化させることで一致した。両氏は、「核兵器のない世界」に向け、協力することを確認した。 両氏は、外務・経済閣僚による経済版「2プラス2」を7月に開催することでも一致した。最先端の半導体の開発など経済安全保障分野や宇宙などで協力を進める。首相は、バイデン氏が主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に参加する方針も示した。 両氏は、ロシアによるウクライナ侵攻について、「力による一方的な現状変更の試みは、いかなる場所でも断じて許容できず、毅然(きぜん)と対応する」ことを再確認した。中国による東・南シナ海での現状変更の試みに反対し、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調した。.岸田文雄首相とバイデン米大統領は23日午前、東京・元赤坂の迎賓館で会談した。中国の覇権主義的な動きを念頭に、日米同盟の抑止力と対処力を強める方策が主要議題になる。米国の核を含む「拡大抑止」を確認する。バイデン氏は23日夕、中国に対抗する新たな経済枠組みの発足を宣言する。 両首脳は共同声明をまとめ、会談後の記者会見で成果を発表する。バイデン氏の来日は2021年1月の大統領就任後初めてで、両首脳によ.バイデン米大統領は23日午後、台湾有事が起きた場合に米国が軍事的に関与するかを問われ「はい(YES)。それが我々の約束だ」と発言した。東京・元赤坂の迎賓館で日米首脳会談後に岸田文雄首相と臨んだ共同記者会見で答えた。 米国は「中国本土と台湾は不可分」という中国の立場に異を唱えない一方、台湾の安全保障に関与する「一つの中国」政策を掲げる。バイデン氏は記者会見で「我々の台湾政策は全く変わっていない。台湾海峡の平和と安定を支持し、一方的な現状変更がないように引き続き関与していく」と述べた。 【関連記事】.