トンガを支えよう 元ラグビー日本代表がクラウドファンディング開始 | 毎日新聞

トンガを支えよう 元ラグビー日本代表がクラウドファンディング開始

スポーツ, 速報

2022/01/28 8:25:00

トンガ を支えよう 元 ラグビー 日本代表がクラウドファンディング開始

海底火山の大規模噴火と津波に見舞われた南太平洋の トンガ を支援しようと、元 ラグビー 日本代表の大野均さん、真壁伸弥さんらがクラウドファンディングを開始した。支援金は日本財団を通じて現地の災害復興に活用される。

支援方法は2種類で、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で受け付ける。500円から可能な「ONE Team」では、支援者にビデオメッセージなどが贈られる。5000円以上の「Scrum」では、ノーサイド精神(スピリット)とジン(蒸留酒、スピリッツ)にちなんだ、浜田酒造(鹿児島)のクラフトジン「ラグビージン樹々(JUJU)」720ミリリットル1本を返礼品とする。ラグビーW杯日本大会で、試合前の儀式「シピタウ」を披露するトンガ代表=東大阪市花園ラグビー場で2019年9月28日、猪飼健史撮影

ラグビー日本代表ではトンガ出身選手が長年、主力として奮闘してきた。真壁さんは「日本ラグビーのために戦ってきた仲間の母国が大変な事態になり、私自身も東日本大震災を思い出しました。あの時にサポートをくれた彼らへ恩返しがしたい。楕円(だえん)球を愛するメンバーが、一人でも多くトンガをサポートするきっかけになればと願っています」と支援を呼びかける。【荻野公一】

続きを読む: 毎日新聞ニュース »

フィリピン大統領選 元大統領の長男マルコス氏 大差で勝利 | NHK

【NHK】9日、投票が行われたフィリピンの大統領選挙で、故マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス氏が、ほかの候補に大差… 続きを読む >>

円楽さん脳梗塞で入院 意識あり命に別状なし 復帰時期は未定 | 毎日新聞落語家の三遊亭円楽さん(71)が25日、脳梗塞(こうそく)で入院した。意識はあり、命に別条はないという。所属事務所が26日発表した。 事務所によると、新型コロナウイルスには感染していないが、家族とも面会できず、詳細は把握できていないという。 ん~笑点メンバーが色々一大事に… 早く良くなって又キレッキレの落語やとんちを聴かせて下さい。

円楽さん脳梗塞で入院 意識あり命に別条なし 復帰時期は未定 | 毎日新聞落語家の三遊亭円楽さん(71)が25日、脳梗塞(こうそく)で入院した。意識はあり、命に別条はないという。所属事務所が26日発表した。 事務所によると、新型コロナウイルスには感染していないが、家族とも面会できず、詳細は把握できていないという。 なるほどね。心配。 mainichi まあ、この人の人柄からして、2回ワクチンうってるよね。

子ども家庭福祉ソーシャルワーカー、国家資格見送る方針 厚労省 | 毎日新聞厚生労働省は26日、自民党厚労部会に子どもや家庭支援に携わる新資格「子ども家庭福祉ソーシャルワーカー」創設案の概要を示した。国家資格は見送り、社会福祉士など既存の資格に上乗せすることを想定している。

「水のベール」法隆寺守れ 文化財の防火訓練 2年連続放水中止 | 毎日新聞世界遺産・法隆寺(奈良県斑鳩町)で、「文化財防火デー」の26日、防火訓練があり、僧侶や寺の自衛消防団員ら約20人が参加した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年に続き、境内の鏡池の水を使った恒例の放水訓練を中止し、参加人数も絞った。

徳島市のふるさと納税3億円突破 過去最高、返礼品充実で21年度 | 毎日新聞徳島市は25日、2021年度ふるさと納税の寄付額が3億円を突破し、過去最高額を更新したと発表した。1月15日時点の実績は3億731万5000円(1万5162件)となり、前年同期と比べて6割増。最終的には3億円台半ばを視野に入れているという。

ワクチン2回接種での発症予防有効率、5割に低下 長崎大調査 | 毎日新聞長崎大などの研究チームは26日、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した場合の発症予防の有効率が、1月の調査で51・7%(暫定値)だったとする分析結果を公表した。有効率が88・7%だった2021年7~9月の調査結果に比べて大幅に低下した。 ロバート・マローン博士より、Bossche博士も警告していたこと このままワクチン接種を続けると、さらなるウイルスの進化を促進する オミクロンの特性からすると、より感染力が増し、病原性が高くなり、免疫反応を回避しやすいものに進化する可能性もある 免疫低下するんだから当たり前だ!! アメリカのワクチン関係の学者はたしか、このままワクチンを打ち続けたとして、新型コロナに対してはいいが、本来持っている他のウイルスへの抗体が破壊される可能性があるって言ってたはず。 もう金儲けだけで突っ走られても迷惑。

東日本大震災で被災した仙台市出身の真壁さん、福島県郡山市出身の大野さんらの呼びかけに、元日本代表主将の菊谷崇さん、箕内拓郎さん、広瀬俊朗さんが賛同。2019年ワールドカップ日本大会の組織委スタッフなども有志で参加している。 支援方法は2種類で、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で受け付ける。500円から可能な「ONE Team」では、支援者にビデオメッセージなどが贈られる。5000円以上の「Scrum」では、ノーサイド精神(スピリット)とジン(蒸留酒、スピリッツ)にちなんだ、浜田酒造(鹿児島)のクラフトジン「ラグビージン樹々(JUJU)」720ミリリットル1本を返礼品とする。 ラグビーW杯日本大会で、試合前の儀式「シピタウ」を披露するトンガ代表=東大阪市花園ラグビー場で2019年9月28日、猪飼健史撮影 ラグビー日本代表ではトンガ出身選手が長年、主力として奮闘してきた。真壁さんは「日本ラグビーのために戦ってきた仲間の母国が大変な事態になり、私自身も東日本大震災を思い出しました。あの時にサポートをくれた彼らへ恩返しがしたい。楕円(だえん)球を愛するメンバーが、一人でも多くトンガをサポートするきっかけになればと願っています」と支援を呼びかける。【荻野公一】 関連記事