トヨタEV大攻勢!! 登場確実「bZシリーズ」で気になる大きいSUVと小さいSUVの行方 - 自動車情報誌「ベストカー」

2022/01/26 13:00:00

2021年12月のトヨタの「バッテリーEVに関する説明会」で公開されたバッテリーEVは16車種。トヨタはそれらを大きく3つのブロックに分けていた。その3ブロックのうち、トヨタの新しいEVブランドとも言えるbZシリーズを掘り下げて見てみよう。

2021年12月のトヨタの「バッテリーEVに関する説明会」で公開されたバッテリーEVは16車種。トヨタはそれらを大きく3つのブロックに分けていた。その3ブロックのうち、トヨタの新しいEVブランドとも言えるbZシリーズを掘り下げて見てみよう。

2021年12月のトヨタの「バッテリーEVに関する説明会」で公開されたバッテリーEVは16車種。トヨタはそれらを大きく3つのブロックに分けていた。その3ブロックのうち、トヨタの新しいEVブランドとも言えるbZシリーズを掘り下げて見てみよう。

そして、海外戦略上必要なのがスバルだ。このbZ SDNは海外、特に北米ではインプレッサに対応するサイズ感で、ソルテラ同様、スバル流の4WDシステムを使ったEVとして投入される可能性もある。さらにスバルと共同で開発されると思われるのがbZ Large SUVだ。こちらはスバルの方が大きなマーケットを持っている、北米や中国向けのアウトバックの後継車としてみると、ちょうどいいサイズに見える。システム的にも4WDに対応しているEVということから、グローバルで見るとそうした展開が予想される。もちろんトヨタのbZブランドでも市販されるだろうが、こちらはFFをメインとした車種構成になるかもしれない。

プレゼンテーションを行う豊田章男社長の真後ろという目立つ位置にある上に、赤いボディカラーがひときわ目をひいたbZ Small Crossover。次期パッソクラスではないかと言われている最後に、「バッテリーEVに関する説明会」で豊田章男社長のプレゼンテーションの真後ろにあった赤いコンパクトカー、bZ Small Crossover。サイズ感から行って次期パッソクラスではないかと言われる。実際スモールクラスはダイハツと共同で開発される。このあたりについてトヨタ関係者は、以下のように語る。「このbZ Small Crossoverは、以前、アイゴのデザインコンセプトとして制作されたものではないか」

続きを読む: ベストカー »

基本プレイ無料のSFオープンワールドRPG『Tower of Fantasy(幻塔)』キャラメイクが楽しめる事前ダウンロードがスタート。正式サービスは8月11日開幕

Level Infiniteは8月10日(水)、『Tower of Fantasy(幻塔)』(以下、幻塔)の事前ダウンロードをスタートした。 続きを読む >>

小さなボディに400psエンジンを秘めて NEWアウディRS3スポーツバック/セダン試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年11月27日に日本で発表された新型アウディRS3。アウディA3をベースにしたスポーツバージョンだ。そのRS3にギリシャで先行試乗! EVシフトが進むアウディが送り出すエンジン搭載のスポーツモデルの実力は?

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第78回 - 自動車情報誌「ベストカー」【車名当てクイズ】ホンダの米国部門が生産したスタイリッシュなステーションワゴン。覚えていますか? アコードワゴン🤔❓ アコードですかね?🤔 アコードワゴンだ(^_^)懐かしいな同級生の母親が昔に乗ってたな。またアコードワゴン復活して欲しいな。

飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年、2020年の90,748台(5位)を上回る95,049台を売り上げたアルファード。このアルファード躍進のうらで、兄弟車である「ヴェルファイア」の失速が加速している。ヴェルファイアに未来はあるのか。失速の理由とともに、考察する。 この威圧的なフロントグリル 後ろから迫ってきたら 道を譲りたくなるな・・まるでガーッ❗️と口を開いた猛獣のようだ まあ30前期に関してはヴェルファイアのほうがかっこいいと思うけど後期に関しては圧倒的にアルファードの方がかっこいいからなあ _Creative_Trendというゴキブリが、御社の記事を無断使用し、難癖を付けてますよ。

令和の「魅力的なワゴン」は欧州にあり!! 超熟成文化の実力発揮 ゴルフヴァリアント&メガーヌスポーツツアラー試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」「栄枯盛衰」隆盛と衰退が交互にめまぐるしく訪れるさまを表す言葉だが、クルマでも人気隆盛となるボディタイプがあれば、人気が下降するボディタイプもある。 現在、国産問わず輸入車でもSUVが人気である一方で、国産車ではステーションワゴンが人気…

オデッセイ、シャトル、CR-V、レジェンド、インサイト…さようならホンダの名車たち5台の功罪 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年から2022年にかけてホンダは販売車種の再編を進め、かつて時代を築いた名車たちもひっそりと姿を消すことになった。その理由はさまざまだが、それぞれが自動車史の中で大きな意味を持ったクルマであったことは間違いない。 今回は、惜しま… インサイト、次はSUVに姿を変えて復活? 狭山工場閉鎖が原因なのかも 建て替えできないんだろうな 悪夢の民主党政権 のときに移設の計画したから

絶滅危惧種か希望のハイテク技術か 最新ディーゼルエンジンの長所と実力 - 自動車情報誌「ベストカー」「うるさくて環境に悪い」は昔の話、ディーゼル車は弱点を克服し、ガソリン車に負けない優れた特性がある。電動化に進む世の中で、ディーゼルエンジンの進化は、自動車メディアや評論家を唸らせている。最新ディーゼルエンジンのいいところ4選をご紹介。

こちらはプリウスに置き換わる車種の可能性が高い。ただ、プリウスはすでにトヨタを代表するビッグネームとして君臨しているので、プリウスと併売され、やがて新世代のファミリー向けセダンになるということではないだろうか。 そして、海外戦略上必要なのがスバルだ。このbZ SDNは海外、特に北米ではインプレッサに対応するサイズ感で、ソルテラ同様、スバル流の4WDシステムを使ったEVとして投入される可能性もある。 さらにスバルと共同で開発されると思われるのがbZ Large SUVだ。こちらはスバルの方が大きなマーケットを持っている、北米や中国向けのアウトバックの後継車としてみると、ちょうどいいサイズに見える。 システム的にも4WDに対応しているEVということから、グローバルで見るとそうした展開が予想される。もちろんトヨタのbZブランドでも市販されるだろうが、こちらはFFをメインとした車種構成になるかもしれない。 プレゼンテーションを行う豊田章男社長の真後ろという目立つ位置にある上に、赤いボディカラーがひときわ目をひいたbZ Small Crossover。次期パッソクラスではないかと言われている 最後に、「バッテリーEVに関する説明会」で豊田章男社長のプレゼンテーションの真後ろにあった赤いコンパクトカー、bZ Small Crossover。サイズ感から行って次期パッソクラスではないかと言われる。実際スモールクラスはダイハツと共同で開発される。 このあたりについてトヨタ関係者は、以下のように語る。 「このbZ Small Crossoverは、以前、アイゴのデザインコンセプトとして制作されたものではないか」 確かにほかのbZシリーズに比べデザイン的に共通性がない。とはいえこのモデルが今後、小さいSUVのひとつのデザイン指標になる可能性はあるという。 2021年11月に公開されたアイゴクロス。欧州市場向けのクロスオーバーだ。bZ Small Crossoverのデザインは元々アイゴのデザインコンセプトとして制作されたものではないかとの見方もある また、このコンパクトクラスのEV化はすぐにでもできるが、(今回発表された5台の「bZシリーズ」のなかでは)市販は最後のほうになるのではないか、とも語った。 理由は価格。現在ヤリスやパッソ、アクアも含め、100万円台でエコノミーなHV車が買えるなか、補助金があるとはいえ200万台後半から300万円台のコンパクトカーを売るのは相当難しい。 2021年11月、ダイハツは軽自動車クラスのEVを2025年までに100万円台で売ることを明らかにしたが、そのあとに同じシステムを使ってリッターカークラス、bZ Small Crossoverなどが完成することになりそう。 この3台についてトヨタ関係者もどんな計画を練っているのかは不透明としているが、いずれ登場してくる車種なのは間違いないとしている。 .この性能に合わせたシャシーはハッチバックとセダンともに、A3に対して25mm、S3よりも10mmローダウンされたスポーツシャシー、新設計のディスクブレーキ、さらにオプションではセラミックブレーキも用意される。 ギリシャの首都アテネで行われた試乗会に現れたニューRS3はハッチバックとセダンの両方だ。 そのボディは、立体的なハニカムフロントグリル、高性能ブレーキを冷却するために大きく広がったエアインテーク、またチェッカーフラッグがレイアウトされたLEDヘッドライトシステム、33mmワイドなクワトロブリスターフェンダーで構成される。 さらにリアでは2本の楕円形ビッグエグゾーストパイプ、RS専用デザインのディフューザーなどでハイパーハッチぶりを見せつけている。.4代目のCB型アコードが発売されてから約1年半後、アコードワゴン/クーペが登場。日本で生産された4ドアセダンに対して、ワゴンとクーペはホンダ・オブ・アメリカが開発/生産を手掛けた逆輸入車に相当します。 専用ボディは4725mm×1725mm×1440mmの3ナンバーサイズ。セダン/クーペに搭載された2L直4エンジンに対し、ワゴン用のエンジンは2.アルファードの初代モデルが登場したのは2002年5月のこと。2008年5月には2代目へとモデルチェンジをし、このアルファードのモデルチェンジのタイミングで、ネッツトヨタ店向けとして売られていた「アルファードV」の後継モデルとして登場したのが「ヴェルファイア」だ。 法人顧客の多いトヨペット店の専売ブランドだったアルファードは、フロントマスクは比較的落ち着いた雰囲気を持たせることとなった一方、ヴェルファイアは若者や女性をターゲットとしたネッツ店の顧客に合わせて、艶やかで派手なフロントフェイスとし、存在感の強い路線を邁進。 その狙い通り、ヴェルファイアは若者の支持を得て販売台数を伸ばし、2017年ごろまでは、常に1万台~2万台ほど、アルファードよりも多く売れていた。だが、2018年5月のマイナーチェンジ以降、ヴェルファイアは大きく失速していく。 清潔感とチョイ悪の要素が混ざった「清楚な厳つさ」をもったフェイスとなったアルファードに対し、ギラギラ感がさらに増したフェイスとなったヴェルファイアは、「やりすぎ」感があったのだろう。アルファードは、2列目が広く快適であることから、送迎車としても使われることが多いが、若さ溢れるやんちゃなフェイスのヴェルファイアではそうはいかなかった、という理由もあるかもしれない。 2018年のマイナーチェンジでは、3.