トム・クルーズ、『M:I』最新作はシリーズ初の前後編、“史上最も危険”を更新する映像解禁

2022/05/26 2:02:00

トム・クルーズ、『M:I』最新作はシリーズ初の前後編、“史上最も危険”を更新する映像解禁 #トム・クルーズ #映画 #予告編

トム・クルーズ, 映画

トム・クルーズ 、『M:I』最新作はシリーズ初の前後編、“史上最も危険”を更新する映像解禁 トム・クルーズ 映画 予告編

トム・クルーズ 演じるスパイ組織IMFに所属する主人公イーサン・ハントと彼が率いるチームの活躍を描く、『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その7作目となる『Mission:Impossible-DEADRECKONING-PARTONE』(全米公開は2023年7月14日公開予定)が、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニングPARTONE』の邦題で日本公開することが決定した(配給:東和ピクチャーズ)。 今月27日公開の『トップガンマーヴェリック』のPRのため約4年ぶりの来日を果たした トム・クルーズ 。彼の代表作の一つ、『ミッション:インポッシブル』シリーズ第7弾は、タイトルにPARTONEとある通り、シリーズ初の前後編。

JASRAC許諾番号:9009642142Y31015 / 9009642140Y38026 | JRC許諾番号:X000003B14L | e-License許諾番号:ID26546

続きを読む: ORICON NEWS(オリコンニュース) »

ダンスやお笑い 湖畔の夏楽しむ けんぶち桜岡湖水まつり:北海道新聞 どうしん電子版

【剣淵】剣淵の夏の一大イベント「第25回けんぶち桜岡湖水まつり」が桜岡湖畔で3年ぶりに開かれ、親子連れがダンスやお笑いライブなどのステージを楽しんだ。... 続きを読む >>

トム・クルーズ“ディスタンス超え”の日本愛貫いた! ファンと約1時間語り合った - シネマ : 日刊スポーツ米俳優 トム・クルーズ (59)が24日、横浜港大さん橋で行われた主演映画「トップガン マーヴェリック」(ジョセフ・コシンスキー監督、27日公開)ジャパンプレミア… - 日刊スポーツ新聞社の ニュース サイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

トム・クルーズ、「トップガン マーヴェリック」ジャパンプレミアでファンサービス 泣き出す人も来日中の米俳優、 トム・クルーズ (59)が24日、主演映画「トップガン マーヴェリック」(27日公開、ジョセフ・コシンスキー監督)のレッドカーペットイベントを神奈川・横浜の大さん橋ターミナルで行った。

トム・クルーズと40年の付き合い戸田奈津子さん「相変わらず、すてきでございます」 - シネマ : 日刊スポーツ米俳優 トム・クルーズ (59)が24日、横浜港大さん橋で行われた主演映画「トップガン マーヴェリック」(ジョセフ・コシンスキー監督、27日公開)ジャパンプレミア… - 日刊スポーツ新聞社の ニュース サイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

トム・クルーズの“神対応”にファンが涙「『ミッション・インポッシブル』で必ず戻ってきます」 | WEBザテレビジョン トム・クルーズ の“神対応”にファンが涙「『ミッション・インポッシブル』で必ず戻ってきます」 トム・クルーズ ジェリー・ブラッカイマー トップガン トップガンマーヴェリック TopGun TopGunMovie_jp TopGunMovie TomCruise BRUCKHEIMERJB

マイルズ・テラー、『トップガン マーヴェリック』でのトム・クルーズとの絆を語る トム・クルーズ との絆を語る──『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラーのインタビューを✓ トップガン胸熱 トップガン トム・クルーズ トム来日

「トップガン」トム・クルーズの熱い思いが伝わる“完璧な続編”あのマーヴェリックが帰ってきた - ハリウッド直送便 - 芸能コラム : 日刊スポーツ1986年に公開された トム・クルーズ の出世作「トップガン」の36年ぶりとなる続編「トップガン マーヴェリック」が、いよいよ27日に日米同時公開されます。当初は… - 日刊スポーツ新聞社の ニュース サイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 JASRAC許諾番号:9009642142Y31015 / 9009642140Y38026 | JRC許諾番号:X000003B14L | e-License許諾番号:ID26546 このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。 .トム・クルーズ“ディスタンス超え”の日本愛貫いた! ファンと約1時間語り合った [2022年5月24日19時32分] 米俳優トム・クルーズ(59)が24日、横浜港大さん橋で行われた主演映画「トップガン マーヴェリック」(ジョセフ・コシンスキー監督、27日公開)ジャパンプレミアで”ディスタンス超え”の日本愛を貫いた。 18年7月の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」以来、3年10カ月ぶり24回目の来日を果たしたクルーズは会場に到着早々、集まった日本メディアのフォトコールに、手を上げるなどして笑顔で応じた。その後、そのまま午後5時半にレッドカーペットの両サイドに待つ、400人の日本のファンの元に笑顔で駆け寄った。 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、主催者側は、<1>サイン<2>握手<3>写真撮影はOKだが、接近しての自撮りの2ショットの自粛を参加者に求めていた。 それでも、クルーズはファンの元に歩み寄り、1人1人に身ぶり手ぶりを交えて語りかけた。NGのはずだったハイタッチや、ファンの自撮りにも快く応じた。英語でクルーズに語りかけて、感激のあまり涙する女性ファンも相次いだ。 クルーズは午後6時30過ぎまで、おおそ1時間強にわたって、全長93メートルのレッドカーペットの両サイドのファンと余すところなく交流した。.約4年ぶり24回目の来日となったトムは、横浜の夕日と潮風を浴びながら登場。93メートルのレッドカーペットをゆったりとした速度で進み、400人のファンとフレンドリーに交流。自撮りツーショットのリクエストにも快く応じ、指でハートを作る「キュン」ポーズを披露するなど、丁寧なファンサービスに泣き出す人も見られた。 1986年に公開され、トムを一躍世界的スターに押し上げた「トップガン」の36年ぶりの続編。トムは「特別な夜になりました。みなさんのために作った作品なのでとても特別な思い。楽しんで素敵な夏を過ごしてほしい」とメッセージ。クライマックスでは横浜の夜空に特大の花火が打ち上げられ「サンキュー、アリガトウ!」と日本のファンヘ感謝の思いを伝えていた。.米俳優トム・クルーズ(59)が24日、横浜港大さん橋で行われた主演映画「トップガン マーヴェリック」(ジョセフ・コシンスキー監督、27日公開)ジャパンプレミアで、来年、再来年と2年連続で再来日することを約束した。 18年7月の「ミッション:インポッシブル フォールアウト」以来、3年10カ月ぶり24回目の来日で、約400人のファンと1時間強、語り合った。 クルーズから「日本の母」と慕われる、映画字幕翻訳家で通訳の戸田奈津子さん(85)もジャパンプレミアに駆けつけた。久々のクルーズとの再会に「いやぁ~もう、相変わらず、すてきでございます。全然、変わらない。私、40年、付き合ってきましたからね」と目を細めた。“日本の母”と呼ばれることについては「そんなこと失礼よ、彼に。彼のお母さんにも失礼です」と笑みを浮かべた。 芸能最新ニュース.