ティモシー・シャラメ主演で人喰い描く『ボーンズ アンド オール』禁断の予告編が公開 ─ 人を食べる衝動が抑えられない純愛ホラー | THE RIVER

2022/12/08 11:01:00

「愛は、血の味がした。」

ティモシー・シャラメ主演で人喰い描く『ボーンズ アンド オール』禁断の予告編が公開🥩 ─愛は、血の味がした─ 人を食べる衝動が抑えられない若者たちを描く、賛否両論の衝撃純愛ホラー。 ボーンズアンドオール

「愛は、血の味がした。」

。社会の片隅で生きるマレンとリーが抱える秘密。それは生きるため本能的に人を喰べてしまうこと。その「謎」を解くための二人の逃避行、そして予想だにしないピュアな愛のゆくえが、世界中で賛否を生んでいる問題作だ。 予告編は、テイラー・ラッセルが演じる主人公マレンが突然同級生の指に喰らいつく衝撃的なシーンで始まる。人を喰べる衝動を抑えられない彼女は、「警察が来る前に逃げろ」と父親に突き放され、たった一人で生きる術を探すことになる。 そんなマレンの前に、ティモシー・シャラメが演じる青年リーが現れる。「匂いでわかった。こんなの初めて」… “人喰い”は自分だけだと思っていたマレンは、いつも優しく微笑むリーに運命的な出会いを感じて心を許していく。 場面が一転、「君を探していた」と登場するのは、名優マーク・ライランスが扮する謎の男サリー。マレンと同じ宿命を背負った彼は「私にはルールがある。絶対に同類は喰べない」と“人喰い”のルールを教えるのだが……。 「誰も傷つけたくない」と願うマレンと「喰わなきゃ生きていけない」と叫ぶリー。「選択肢は少ない。喰べるか、自殺か、自分を監禁するか」禁断の宿命を背負ったふたりの居場所を探す旅路、その先に待つ世界とは。 グァダニーノ監督と共に脚本開発から参加し初の映画製作に挑んだティモシー・シャラメのクールな熱演、本作の演技でヴェネツィア国際映画祭最優秀新人賞に輝き、映画賞のノミネートが続く新星テイラー・ラッセルの存在感のある演技が心を揺さぶる禁断の純愛ホラー。アカデミー賞の前哨戦に数えられるインディペンデント・スピリット賞やゴッサム賞でも複数の部門にノミネートされ、今後賞レースでの受賞にも期待が高まっている。 © 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc.文・江上真希 ▲フラッグシップモデル「Px8」を特別なミッドナイトブルーのカラーで仕上げた「Px8 007 Edition」。 英国を代表するブランド同士のパートナーシップ バウワース アンド ウィルキンズは、世界的な人気を誇るスパイ映画「007」シリーズとのパートナーシップを締結した。今回、そのパートナーシップと、映画「007」シリーズ第1作『ドクター・ノオ』(1962年)の公開60周年を記念して、「Px8 007 Edition」を作り上げた。フラッグシップモデル「Px8」の革新的なテクノロジーに加え、主人公ジェームズ・ボンドが初めてスクリーンに登場した際に身にまとっていたディナージャケットを想起させる、ミッドナイトブルーの仕上げを施した。世界で5000台の限定生産で、国内入荷数は150台を見込んでいる。12月7日から、東京・伊勢丹新宿店でポップアップ展示(展示のみ。購入は三越伊勢丹オンラインストアにて)を実施し、VULCANIZE LONDONではオンラインで予約購入ができ、12月16日から1か月間に渡りVULCANIZE LONDON青山、銀座、名古屋の3店舗でポップアップストアを開催予定だ。 「Px8 007 Edition」の詳細はこちら ▲「Px8」モデルには、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで使用されているスピーカーを設計したエンジニアの技術が注ぎ込まれている 世界的に知られる映画作品には、観る者の記憶に残る音楽があり、「007」シリーズはそうした映画の代表例と言える。モンティ・ノーマンによるメインテーマから、各作品の象徴的なタイトル曲まで、数十年にわたりジェームズ・ボンド映画を支えてきたサウンドトラックに勝るものはなかなか見つからない。バウワース アンド ウィルキンズとボンド映画との関係性も、そうした音楽を通じて育まれたものだ。その背景には、バウワース アンド ウィルキンズと40年以上にわたるパートナーシップを結んでいる、アビー・ロード・スタジオの存在が大きく関わっている。フラッグシップモデルである800シリーズのスピーカーは、アビー・ロード・スタジオで行われた『スカイフォール』(2012年)や『スペクター』(2015年)など、数多くのサウンドトラックの録音に使用されてきた。最近では、ロンドンを拠点とする名門ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラが、映画「007」シリーズの60周年を記念して、ボンド映画のテーマ曲、全25曲をまったく新しいアレンジで収録したアルバム『Bond 25』を制作した。録音はアビー・ロード・スタジオの第1スタジオで行われ、バウワース アンド ウィルキンズのスピーカーが使用された。 今回のパートナーシップは、英国を代表する2つのブランドの関係性が新章を迎えたことを告げる。 最高品質のワイヤレス・ヘッドフォンを特別なカラーで ▲世界で5000台の限定生産で、国内入荷数予定は150台の貴重なモデル。 「Px8 007 Edition」は、ミッドナイトブルー仕上げの特別カラーに、リアルレザー&アルミダイキャスト・アームを使用した高級感あふれるビジュアルもさることながら、その卓越したパフォーマンスと機能性がフラッグシップモデルである証だ。「Px8」には、先に挙げたアビー・ロード・スタジオで使用されるスピーカーを設計したエンジニアの才能が注ぎ込まれている。40mmカーボンコーン・ドライブユニットを、最適な角度で精密に取り付けることによって、音の透明感を劇的に向上させた。また、独自のノイズキャンセリング技術により、音楽性を損なうことなく、高い音響性能を実現。自動再生・一時停止を行う装着検出センサーやマルチポイント機能も内蔵されている。.「こういった問題への意見は、私たちのことをよく表していると思います。理念や個性よりもIP(知的財産権)が優先されるこの時代、この状況に、私たちは知らず知らずのうちに加担しているのだと思います。 しかし、それは諸刃の剣。IPというのは、それを表現する人間の才能の良し悪しによるもの。 」 本質的に見れば、タランティーノ批判へのロバートからの反論は以上のところまでで完結する。ここからロバートは、細分化された現代社会における批判や対立の不毛さを、自身の言葉で表現している。 「クリエイティブ的に、自分自身(内輪)と争うのは時間の無駄でしょう。今の時代は、全てがより断片的になっていて、だからこういう二分化が生じる。一方的に石を投げて……。私も過去に、自分の誠実さを否定するようなことを言われたことがあります。そういう時、私はこう反応します。“乗り越えよう、みんな共同体じゃないか。いろいろな余地があっていいじゃないか”と。」 ここでロバートは、『トップガン マーヴェリック』と『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』という2022年最大のブロックバスター映画の名を挙げ、この2作について「ありがたい存在」と話している。「『Armageddon Time(原題)』のような映画のためには、こう言った大作が必要なのです」。 ロバートが例に挙げた『Armageddon Time(原題)』とはブラジルとアメリカ製作の2022年の映画。監督・脚本は『リトル・オデッサ』(1994)などのジェームズ・グレイ。アン・ハサウェイやアンソニー・ホプキンスら出演のドラマ作品だ。 業界や市場が大規模作品で活気づけられることは、同作のような小中規模の作品のためにもなるとするロバート。「エンターテインメントのトリクルダウン理論を話しているわけではありません」と続けているが、トリクルダウンとはまさに富裕層が潤うことで、低所得者まで利益が再分配されるという理論のことだ。.ティム・バートン が監督・製作総指揮を務め、主人公ウェンズデーを「YOU ー君がすべてー」シーズン2や『スクリーム』(2022)のジェナ・オルテガが演じている。 その他キャストは、母・モーティシア役としてキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、父・ゴメズ役としてルイス・ガスマンが出演。ウェンズデーが通うネヴァーモア・アカデミーの校長役を「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のグウェンドリン・クリスティが演じ、友人役には「Your Honor/追い詰められた判事」(2020-)のハンター・ドゥーハンや「The Gifted ザ・ギフテッド」(2017-2019)のパーシー・ハインズ・ホワイトといった若手俳優が名を連ねている。 現時点で新シーズン制作の発表はされていないが、ショーランナーはシーズン2で「もっとアダムス・ファミリーをフィーチャーしたい」との方向性を.

All rights reserved.『ボーンズ アンド オール』は、2023年2月17日公開。.

続きを読む:
THE RIVER »
Loading news...
Failed to load news.

ジェームズ・ボンド映画シリーズ60周年記念モデル、世界限定5000台 ──Bowers & Wilkins「ワイヤレス・ヘッドフォン Px8 007 Edition」 | GQ JAPAN英国の老舗オーディオメーカー、バウワース アンド ウィルキンズは、ジェームズ・ボンド映画に着想したワイヤレス・ヘッドフォン「Px8 007 Edition」を2022年12月16日より発売する。

アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.、タランティーノの「マーベル俳優はスターじゃない」批判に意見 ─ 「何かのせいにするのではなく、自分が変わろうよ」 | THE RIVERアイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.、タランティーノの「マーベル俳優はスターじゃない」批判に意見 「アイツはわかっていないとか、何かのせいで自分は…とか、何かが他の何かより優れているとか、そんなことを決めつけるよりも、自分を改革しようよ」 マーベル

「ウェンズデー」Netflix歴代3位の英語シリーズに ―「ストレンジャー・シングス4」「ダーマー」に次ぐ快進撃 | THE RIVER「ウェンズデー」Netflix歴代3位の英語シリーズに!☂️ 「ストレンジャー・シングス4」「ダーマー」に次ぐ快進撃。 ウェンズデー Netflix

日テレ系ドラマ「名探偵ステイホームズ」が米リメイクへ ─ 実写版『ONE PIECE』製作会社が権利獲得 | THE RIVER北村匠海主演の日テレ系ドラマ「名探偵ステイホームズ」が米リメイクへ! 実写版『ONE PIECE』製作会社が権利獲得

【ネタバレ】『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』アノ人、ついにあの件について語る ─ 「隠すのは大変だった」 | THE RIVER【ネタバレ】『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』アノ人、ついにあの件について語る 「隠すのは大変だった」 びっくりだったよね ブラックパンサー マーベル

「ウェンズデー」キャストがなかよし写真&エピソードを披露、楽しそう | THE RIVER「ウェンズデー」キャストがなかよし写真&エピソードを披露、楽しそう☺️👐 ウェンズデー