スマートフォンゲーム「ひぐらしのなく頃に 命」にて「CLANNAD」とのコラボイベント第2弾を開催!コラボガチャは1日1回無料!!

2022/05/13 14:18:00

スマートフォンゲーム「ひぐらしのなく頃に 命」にて「CLANNAD」とのコラボイベント第2弾を開催!コラボガチャは1...

スマートフォンゲーム「ひぐらしのなく頃に 命」にて「Clannad」とのコラボイベント第2弾を開催!コラボガチャは1日1回無料!! プレスリリース, ニュースリリース

スマートフォンゲーム「ひぐらしのなく頃に 命」にて「CLANNAD」とのコラボイベント第2弾を開催!コラボガチャは1...

株式会社ディ・テクノのプレスリリース(2022年5月13日 19時14分)スマートフォンゲーム[ひぐらしのなく頃に 命]にて[CLANNAD]とのコラボイベント第2弾を開催!コラボガチャは1日1回無料!!

リンクをコピー株式会社ディ・テクノ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:市原 高明)は、スマートフォンゲーム『ひぐらしのなく頃に 命』にて、2022年5月13日(金)より「CLANNAD」とのコラボイベント第2弾を開催しました。クエストをクリアしてイベント限定スタンプを手に入れよう!本日5月13日(金)より、CLANNADコラボイベント第2弾「光坂に陽が昇る」を開催!

続きを読む:
PR TIMESテクノロジー »

ウクライナ東部の前線ルポ 近距離で交戦、取り残された住民も - BBCニュース

ウクライナ東部ドネツク州の前線都市バフムートでは、同国とロシアの兵士らが近距離で交戦し、一部の住民が街に取り残されている。BBCが現地を取材した。 続きを読む >>

憂鬱な5月を吹き飛ばす 「ゆるキャン△」「東リベ」「ヒロアカ」など夏まで豪華イベント盛りだくさん今週のイベントトピックスは、夏までのアニメイベントをご紹介。連休が終わり、憂鬱な気分になりがちの5月だが、今週末の「ゆるキャン△」上映会にはじまり、6月は「東京リベンジャーズ」「ひぐらしのなく頃に」、7月は「僕のヒーローアカデミア」「...

スマートフォンゲーム『テクテクライフ』で『シン・ウルトラマン』公開特別コラボ「テクテク シン・ウルトラマンめぐり」が決定!株式会社CDGのプレスリリース(2022年5月13日 12時10分)スマートフォンゲーム『テクテクライフ』で『シン・ウルトラマン』公開特別コラボ[テクテク シン・ウルトラマンめぐり]が決定!

ミシュラン、持続可能な物流業界を実現するための「タイヤDX化」とは?日本ミシュランタイヤは5月12日、4年ぶりに神奈川県のパシフィコ横浜で開催された「ジャパントラックショー2022」にて、人手不足や高齢化といった物流業界の2024年問題の解決や、持続可能な物流業界を実現するための施策を説明するメディアセミナーを開催した。

「たまるモール by ふるなび」にて『はじめてのご利用でもらえる!たまるモール デビューキャンペーン1,000コインプレゼント』を開始。株式会社アイモバイルのプレスリリース(2022年5月13日 15時00分)[たまるモール by ふるなび]にて『はじめてのご利用でもらえる!たまるモール デビューキャンペーン1,000コインプレゼント』を開始。

Apple Arcade『悪魔城ドラキュラ - Grimoire of Souls』に新たなストーリーを追加! - 週刊アスキーコナミデジタルエンタテインメントは、Apple Arcadeで配信中の『悪魔城ドラキュラ -Grimoire of Souls』にて、新たなストーリーを2022年5月13日に追加した。今回のアップデートで、魔導書を巡る物語が完結するという。

無茶振りに困惑する石川界人、金田朋子「責任は私が持つ!」全身タイツに意欲も【声優と夜あそび】 | アニメ!アニメ!ABEMAの「アニメLIVEチャンネル」にて、平日毎日(月~金)夜9時40分から夜10時にわたり『声優と夜あそび 繋【金田朋子×石川界人】』を放送中。

素材をダウンロード リンクをコピー 株式会社ディ・テクノ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:市原 高明)は、スマートフォンゲーム『ひぐらしのなく頃に 命』にて、2022年5月13日(金)より「CLANNAD」とのコラボイベント第2弾を開催しました。 クエストをクリアしてイベント限定スタンプを手に入れよう! 本日5月13日(金)より、CLANNADコラボイベント第2弾「光坂に陽が昇る」を開催! イベントクエストをクリアすることで、限定スタンプや各種アイテムを獲得できるほか、イベント限定ストーリーもお楽しみいただけます。 .(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会 イメージを拡大 今週のイベントトピックスは、夏までのアニメイベントをご紹介。連休が終わり、憂鬱な気分になりがちの5月だが、今週末の「ゆるキャン△」上映会にはじまり、6月は「東京リベンジャーズ」「ひぐらしのなく頃に」、7月は「僕のヒーローアカデミア」「王様ランキング」と、夏本番までテンション上がりっぱなしの豪華イベントが盛りだくさん! 参加される方は、各イベントの公式サイトからウイルス感染防止対策の確認をお忘れなく。 今週末の5月15日は、「映画 ゆるキャン△」が7月1日に公開されることをうけて、テレビシリーズのセレクト上映会「.素材をダウンロード リンクをコピー 幅広いマーケティングソリューションを提供する株式会社CDG(本社:大阪市北区、代表取締役社長:小西 秀央)と、インターネットゲームサービスを行うテクテクライフ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田村 寛人)は、この度、スマートフォン向け位置情報ゲーム『テクテクライフ』において、『シン・ウルトラマン』の公開記念、特別コラボレーションが決定し、2022年5月13日(金)~2022年7月31日(日)にデジタルスタンプラリー「テクテク シン・ウルトラマンめぐり」を展開することになりました。 1966年の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”が、ウルトラマン55周年記念作品『シン・ウルトラマン』として2022年5月13日(金)に公開されます。 「テクテク シン・ウルトラマンめぐり」では、この『シン・ウルトラマン』の上映映画館や映画とコラボしている飲食店や施設など全国約14,000ヶ所をスポット化します。実際にスポットを訪れたプレイヤーが画面をタップすると、そのスポットのコラボ情報、特典情報などをゲットすることができます。 また、スタンプラリーとして10ヶ所のスポットにチェックインするごとに、『シン・ウルトラマン』のグッズやオリジナルスマホ壁紙が当たる抽選に参加できたり、ゲーム内コラボアイテムがもれなくもらえたりするなど、ファンには見逃せない企画が予定されています。 ※同じスポットでも午前0時になると再度チェックインできるようになります。 ※画像はイメージです ●景品例(※画像はイメージです)                                                                                                                  『テクテクライフ』は、“街を歩きながら地図を塗る楽しさを満喫する”をコンセプトに、2020年10月1日にサービスインし、多くのプレイヤーに楽しんでいただいています。特に、「スポット」をめぐるスタンプラリー機能をいかした“デジタルスタンプラリー”は、プレイヤーと作品・地域・企業などとをつなぐ効果的な施策として、これまでも様々なコラボレーション企画を行ってきました。 今回の「テクテク シン・ウルトラマンめぐり」は、『ウルトラマン』シリーズのファンに楽しんでいただくだけでなく、既存のテクテクプレイヤーにも作品を知っていただく機会として、全国で展開します。 株式会社CDGは、今後も『テクテクライフ』の機能をいかし、作品・地域・企業のファンづくりにつながるコラボレーションの企画・運営を行っていきます。また様々な企画を通じて、『テクテクライフ』のプレイヤーの方々にも楽しい体験を提供していきます。 ● テクテクライフについて.2022年5月13日 11:13 2022年5月12日 実施 メディアセミナーで登壇した、日本ミシュランタイヤ株式会社 B2B事業部 常務執行役員 田中禎浩氏(左)、日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 須藤元氏(中)、株式会社村田製作所 技術・事業開発本部 事業インキュベーションセンター RFID事業推進部 ビジネスディベロップメント課 シニアマネージャー 福原将彦氏(右) 「すべてを持続可能に」というビジョンを掲げているミシュラン 「ジャパントラックショー2022」 にて、人手不足や高齢化といった物流業界の2024年問題の解決や、持続可能な物流業界を実現するための施策を説明するメディアセミナーを開催した。 日本ミシュランタイヤ 代表取締役社長の須藤元氏は、以前から推進している「タイヤと共に」「タイヤ関連で」「タイヤを超越して」という3本の異なる事業形態があるなかで、2030年には売上高の20%~30%をタイヤ関連およびタイヤを超越した事業から生み出す計画であると説明。また、今回のセミナーのテーマである「物流業界の課題解決(フリート向けソリューション)は、タイヤ関連事業であり、さらに展開を加速していく」とあいさつ。 日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 須藤元氏 続けて須藤氏は、タイヤマネジメントを可視化するデジタルソリューション「ミシュラン タイヤケア(MICHELIN Tire Care)」や、大型トラック向けレスキュー「MRN(ミシュランレスキューネットワーク)GO」、タイヤの個別管理を可能にする「タイヤ内蔵用RFID(Radio Frequency Identifier)モジュール」、数秒でタイヤの残溝点検ができる次世代ツール「ミシュラン クイックスキャン(MICHELIN Quick Scan)」など、ミシュランがすでに取り組んでいるソリューションを紹介。 特に村田製作所と共同開発したタイヤ内蔵用RFIDについては、「物流業界、自動車業界のイノベーションの皮切りになるキーデバイスであることは間違いなく、ミシュランとしては2024年にあらゆるタイヤにRFIDを搭載する」と計画を明かすとともに、「ミシュランのソリューションや製品が物流業界の進化に貢献し、物流の新時代を切り拓く一助になると信じています」と語った。 物流業界にせまる「2024年問題」の解決を目指す 日本ミシュランタイヤ B2B事業部 常務執行役員 田中禎浩氏は、タイヤを通じていかに持続可能な物流業界に貢献できるかについての説明を行なった。 田中氏によると、EC(ネット通販)市場の成長や、当日・翌日配送や時間指定といったラストワンマイルの高いサービス要求、多品種小ロット輸送などにより物流業界ではすでに、人材不足やドライバーの高齢化などが危惧されているが、さらに2024年に施工される働き方改革関連法により、時間外労働の上限規制(罰則付き)などさらなる状況悪化が懸念されている(=2024年問題)。その結果、物流サービスの提供が困難になる可能性も否定できないという。 2010年ころまでは物流よりも製造・販売が優位で、頼めば運んでもらえる状況だったが、少しずつ物流のほうが優位になり、人手不足を解消しなければやがて「頼んでも運んでもらえない状況」もあり得ると田中氏。2030年には物流の供給能力が36%不足、2040年には54%不足するという予測もあるという。 物流業界の課題 物流業界の現状と今後の予測 そこでミシュランは、「人」「地球」「利益」を高い水準でバランスさせることが重要ととらえ、タイヤのDX化により、タイヤ点検など人の労働力を減らすと同時に安全性を高め、リデュース(削減)・リユース(再使用)・リサイクル(再利用)・リニュー(再生)の4Rを推進することで地球環境へ配慮し、タイヤ1本を長く使用して企業利益を確保するといった価値の提供を目指すとしている。 ジャパントラックショー2022に展示されていたトラック・バス用のワイドシングルタイヤ。ミシュランでは、タイヤのロングライフ化による「リデュース」、磨り減ったトレッドゴムに溝を再生してリユースする技術「リグルーブ」、トレッドゴムを再生する「リトレッド」といった取り組みも推進している タイヤDX化の事例としては、まず2021年12月にサービス提供を開始しているタイヤマネジメントを可視化するデジタルソリューション「ミシュラン タイヤケア」が挙げられる。これは通信機能を持った測定機器でタイヤ点検をし、Bluetooth経由でデータを記録。タイヤ交換や空気圧の調整など、車両ごとに自動作成される点検レポートからメンテナンス時期を予測することで、タイヤマネジメントを可視化するサービス。 これまで手動で行なわれていたタイヤ点検とレポート作成をDX化することで、運輸事業者はメンテナンス時期の予測ができ、タイヤ点検作業を約50%も削減。さらに、タイヤ起因によるトラブルの未然防止、タイヤ使用本数の最適化が可能となる。また、ドライバーだけでなく整備士の人手不足も課題である運輸事業者にとって、ミシュラン タイヤケアを利用することで、生産性の拡大、安全性と収益性の向上が図れるという。 ミシュラン タイヤケアの概要.