ヨーロッパ, 文化・芸能, アート・文芸

ヨーロッパ, 文化・芸能

スペインの美術館が進めるジェンダー平等 女性作家に光:朝日新聞デジタル

スペインの美術館が進めるジェンダー平等 女性作家に光

2021/06/19 8:04:00

スペインの美術館が進めるジェンダー平等 女性作家に光

伝統的に、美術館は男性的な視点で管理された文化表現の場だった。スペインでは、美術館や非営利団体が、女性アーティストの作品をより多くの人に見てもらい、ジェンダー平等について文化界の影響力を再考するため…

同センターはこの取り組みの中で、不安定かつ圧倒的に女性が多い職業である家庭内労働者やイチゴ摘みの労働者らなどを受け入れようとしている。過小評価され、声をあげられなかった女性アーティストたちからの視点やテーマを追究する、フェミニスト向けの常設展示品ツアーも開いた。タピアさんは女性作家がいつも「その他大勢」であり、女性の作品は添え物的なものだという印象を与えないよう、作品の説明の仕方やセンター内のレイアウトを変える必要があると訴える。実際、同センターでは常設展を再編成しているところだ。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

【東京五輪】 なるべく見えないよう……都心から排除されるホームレスの人々 - BBCニュース

東京オリンピックの最中、都心で暮らすホームレスの人々は、世間の目に触れないよう圧力をかけられている。

美術館って男性的か?www どの辺が? なんだかんだと理由をつけても、ジェンダー論というトレンドに乗せることで、アートという投機的商品の市場の新しい切り口と流動性と作り出し、カネとの交換によって実際には価値のない商品も含めて価値体系を構築しようとするのなら、それは旧植民地主義の経済システムとなんら変わらないと思います。 分からん考え方だな。 美術の世界にジェンダー平等が必要とは思えないけど。 最近、世界は狂ってる。

障害者のアクリル画、ビールのラベルに 岡山の醸造所:朝日新聞デジタル障害者が描いたアクリル画をラベルにあしらったビールを、吉備土手下麦酒醸造所(岡山市北区)がつくった。巣ごもり需要を見越し、個性的なデザインを贈答用などに使ってもらうほか、障害者支援にもつなげる。 障…

妊娠伝えたらLINEは途絶えた 公園で出産した母の涙:朝日新聞デジタル20歳の誕生日を迎えて約2カ月後、妊娠がわかった。誰にも打ち明けないまま、おなかは大きくなる。それでも、女は「便秘です」と妊娠を否定し続けた。その理由は――。 5月17日、名古屋地裁岡崎支部であった… 事案の決定・執行に関与しない大衆に向け、結論を丸投げし、社会の分断と肯定意識の破壊を目論む。 「対策出来る者」に届かない文字に意味は無い。 NHKと同じセオリーで「日本語を理解出来る者だけを攻撃」する。 一般に向け配信するなら、責任のある提案1画面に纏めるのがスジだ。 やり直せ。

「大阪国際空港」って一体どこに「国際性」があんねん:朝日新聞デジタル■「まだまだ勝手に関西遺産」 大阪の空の玄関といえば、伊丹空港。その正式名称は「大阪国際空港」という。しかし機内アナウンスは「みなさま、伊丹空港に着陸しました」。テレビでも伊丹空港と呼ばれ、朝日新聞の…

【速報中】五輪中の感染拡大「必要なら緊急事態宣言」:朝日新聞デジタル政府は17日、東京や大阪など10都道府県に出されている新型コロナ対応の緊急事態宣言について、沖縄県を除いた9都道府県で解除する手続きに入る。同日午後にはコロナ対策を担う西村康稔経済再生相が衆参両院の… やるなよ、オリンピックを そりゃそうでしょう。五輪中じゃなくても緊急事態宣言を出すべきです。 これで最後って言わなくなったのね。再拡大は容認って事でしょうね・・・ RT 【速報中】五輪中の感染拡大「必要なら緊急事態宣言」 新型肺炎 新型コロナウイルス

クラフトビール缶人気 200種飲んだバイヤーの推しは:朝日新聞デジタルビールが恋しい季節。ただ、コロナ禍では、外でぐいぐい、というわけにもいかない。せめて家でおいしいビールを、というニーズを満たして人気なのが、ちょっと割高な缶入りのクラフトビール。ただ、クラフトビール… 200種飲んで推しが語れるのはスゴイと思うよ。

向井千秋さん、宇宙視点で語る性差別 地上の常識を刺激:朝日新聞デジタル日本初の女性宇宙飛行士の向井千秋さん(69)は、いま東京理科大学特任副学長として女性活躍推進の仕事をしています。宇宙の視点から「多様性」を考えている向井さん。話を聞きながら、常識がぐらぐらと揺らいで… 一回病院行った方が良いw