スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.3 ドルチェ&ガッバーナ|Pen Online

【新着】スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.3 ドルチェ&ガッバーナ

Fashion

2022/01/26 8:07:00

【新着】スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.3 ドルチェ&ガッバーナ

ファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購...

光と色の洪水で、ポジティブな装いを提案ビジューのついた装飾的なデニムは、今季のステートメントアイテム。Tシャツにはイタリア語で「ORGOGLIOSAMENTE(誇らしい)」 の言葉が。キラキラと煌めく豪華なイルミネーションのなかをモデルが歩いた今季のドルチェ&ガッバーナ。都市のロックダウンで鬱屈した気分を吹き飛ばす、カラフルかつパワフルな強い服を生み出した。デザイナーデュオのひとり、ドメニコ・ドルチェの故郷であるシチリア島を打ち出してきたこれまでのコレクションを一新させるかのような、若くグローバルなテイストが小気味いい。

サテン地に模様を織ったブロケード生地のパンツに、大胆に胸元を開けたカラースプラッシュのシャツを組ませたルック。色と光に満ちた今季コレクションは、コーティング、ラバー、特別なフィニッシュ、ダメージといった加工や刺繍の技法が駆使されている。イメージされた年代は、2000年代。Z世代にとっては子どもの頃に目にした、原体験となるファッションスタイルでもある。パンツはややローライズで、テーラードジャケットは肩先が尖ったウエストシェイプのあるもの。オーバーサイズのトップもまだ主流だが、ボディラインを意識したシルエットに新しさと勢いがある。メンズウエアの流れが変わる先駆けとなりそうな意欲的な挑戦だ。

続きを読む: Pen Magazine »

バイデン大統領来日【速報中】滞在3日目 クアッド首脳会合 | NHK

【NHK】就任後初めて日本を訪問しているアメリカのバイデン大統領。滞在3日目のきょうは日米豪印の4か国の枠組み、クアッドの首脳会合… 続きを読む >>

スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.2 ジョルジオ アルマーニ|Pen Onlineファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購...

スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.1 ディオール|Pen Onlineファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購...

長野の常備薬「百草丸」コヤマ薬局|レトロで新しい長野街歩きガイド vol.5 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE落ち着いたら遊びに行きたい!長野の常備薬「百草丸」コヤマ薬局 レトロな外観の扉をくぐると、健康食品や地元の製薬会社による商品がずらり。

となりの5分メシ vol.1 ちょっとだけ手塩にかける炙り梅おにぎり | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FOODなにか作って食べたいけど、時間もないし、めんどくさい。そんな忙しい毎日を頑張るレディへ、永久保存版の楽ちんレシピをお届けします! 【 となりの5分メシ 】vol.1 ちょっとだけ手塩にかける炙り梅おにぎり

スニーカー愛が止まらない! Vol.9 manae | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FASHIONmanaeさんに聞いた愛用スニーカー3選👟💘 『converse 80s ALL STAR HI』は10代の頃に、福岡の古着屋さんで買いました。最近はハイテクもよく履きますが、昔はローテクを履くことが多かったです。

フレンチ・コネクションの恩恵。「イスラエル、ヨルダン」──連載:マーク・パンサーの父、2CVフルゴネットで世界一周の旅 Vol.656年前の1965年10月15日に、二人のフランス人の若者がコルシカ島からシトロエン2CVフルゴネットで世界一周の旅に出た。予定では、ヨーロッパから中東を巡り、ネパールを目指し、さらに日本を経由してオーストラリアに渡り、そこからアメリカ大陸に向かうつもりだった。しかし、若者のうちの一人が東京で日本人女性と結婚し、男の子も生まれ、家庭を持ったので彼の世界一周の旅は半分で終わった。もう一人は旅を続けたらしいが、詳細はわからない。2CVフルゴネットのその後も不明だ。しかし、若者たちは多くの写真を残し、『La GLANDOUILLE』という本まで自費出版していた。

ファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購入できる服やグッズも併せてお届けする。 光と色の洪水で、ポジティブな装いを提案 ビジューのついた装飾的なデニムは、今季のステートメントアイテム。Tシャツにはイタリア語で「ORGOGLIOSAMENTE(誇らしい)」 の言葉が。 キラキラと煌めく豪華なイルミネーションのなかをモデルが歩いた今季のドルチェ&ガッバーナ。都市のロックダウンで鬱屈した気分を吹き飛ばす、カラフルかつパワフルな強い服を生み出した。デザイナーデュオのひとり、ドメニコ・ドルチェの故郷であるシチリア島を打ち出してきたこれまでのコレクションを一新させるかのような、若くグローバルなテイストが小気味いい。 サテン地に模様を織ったブロケード生地のパンツに、大胆に胸元を開けたカラースプラッシュのシャツを組ませたルック。 色と光に満ちた今季コレクションは、コーティング、ラバー、特別なフィニッシュ、ダメージといった加工や刺繍の技法が駆使されている。イメージされた年代は、2000年代。Z世代にとっては子どもの頃に目にした、原体験となるファッションスタイルでもある。パンツはややローライズで、テーラードジャケットは肩先が尖ったウエストシェイプのあるもの。オーバーサイズのトップもまだ主流だが、ボディラインを意識したシルエットに新しさと勢いがある。メンズウエアの流れが変わる先駆けとなりそうな意欲的な挑戦だ。 夜空と光の強いコントラストがプリントされたセットアップスタイル。サンダルにも今季らしいイルミネーションの表現が見られる。