スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.2 ジョルジオ アルマーニ|Pen Online

【新着】スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.2 ジョルジオ アルマーニ

Fashion

2022/01/25 9:07:00

【新着】スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.2 ジョルジオ アルマーニ

ファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購...

軽い素材でメゾンのクラシックをモダンにショーを発表した会場はデザイナーのジョルジオ・アルマーニが最初にアトリエを構えたボルゴヌオーヴォ21番地。これに象徴されるように、原点回帰の姿勢を打ち出した今季。リラックスしたテーラリングの先駆者であり1975年から活動するファッションデザインの“帝王”の目線はいま、揺るぎないブランドの確立にあるようだ。世界中がロックダウンして生活スタイルが変化、人々のファッションマインドが流行を追うことから自身の内面世界の探求へとシフトしているが、アルマーニの動きはこの時代感覚とリンクしている。

“ザ・アルマーニ”と呼べるサンドベージュの色で全身を揃えたリゾートスタイル。マットとシャイニーの絶妙なコントラストもスタイリッシュ。スタイルを再確認する一方で、アルマーニはニューノーマルで服装のカジュアル化が加速した世相もデザインに投影させた。夜のドレスアップではタキシードの代わりにシャツ+パンツのスポーティな着こなしを披露。いまを生きる人々に何が必要なのかが示されている。日常のカジュアルな服でも、着たときに品位が損なわれないように丈やシルエットなどが入念に調整されている。一見するとノンシャランで無造作に見える落とし込みの妙が、ベテランデザイナーの底力だ。

続きを読む: Pen Magazine »

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の吹替版「本編映像」が公開。ソニックがダンスバトルを仕掛けられるものに。ドリカムの中村正人氏が映画吹き替え初挑戦

パラマウント・ピクチャーズは、映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の吹替版「本編映像」を公開した。 続きを読む >>

スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.1 ディオール|Pen Onlineファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購...

ヘルシー美人のバッグ&ポーチの中身 vol.6 ライター 松岡真子さん | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | LIFESTYLEナチュラル&オーガニックコスメでのメイクはもちろん、インナービューティとウェルネスにも気を配るヘルシー美人のポーチとバッグの中身をのぞき見!

Best Friend Forever,大人になっても大切なぬいぐるみ vol.04 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | LIFESTYLE「通るたびに目が合ってしまい、気がついたら8匹もうちに連れ帰ってきてしまいました。よく見るとそれぞれ顔が違うところがお気に入りのポイント。」大人になっても大切なぬいぐるみ vol.04

フレンチ・コネクションの恩恵。「イスラエル、ヨルダン」──連載:マーク・パンサーの父、2CVフルゴネットで世界一周の旅 Vol.656年前の1965年10月15日に、二人のフランス人の若者がコルシカ島からシトロエン2CVフルゴネットで世界一周の旅に出た。予定では、ヨーロッパから中東を巡り、ネパールを目指し、さらに日本を経由してオーストラリアに渡り、そこからアメリカ大陸に向かうつもりだった。しかし、若者のうちの一人が東京で日本人女性と結婚し、男の子も生まれ、家庭を持ったので彼の世界一周の旅は半分で終わった。もう一人は旅を続けたらしいが、詳細はわからない。2CVフルゴネットのその後も不明だ。しかし、若者たちは多くの写真を残し、『La GLANDOUILLE』という本まで自費出版していた。

となりの5分メシ vol.1 ちょっとだけ手塩にかける炙り梅おにぎり | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FOODなにか作って食べたいけど、時間もないし、めんどくさい。そんな忙しい毎日を頑張るレディへ、永久保存版の楽ちんレシピをお届けします! 【 となりの5分メシ 】vol.1 ちょっとだけ手塩にかける炙り梅おにぎり

スニーカー愛が止まらない! Vol.9 manae | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FASHIONmanaeさんに聞いた愛用スニーカー3選👟💘 『converse 80s ALL STAR HI』は10代の頃に、福岡の古着屋さんで買いました。最近はハイテクもよく履きますが、昔はローテクを履くことが多かったです。

ファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購入できる服やグッズも併せてお届けする。 軽い素材でメゾンのクラシックをモダンに ショーを発表した会場はデザイナーのジョルジオ・アルマーニが最初にアトリエを構えたボルゴヌオーヴォ21番地。これに象徴されるように、原点回帰の姿勢を打ち出した今季。リラックスしたテーラリングの先駆者であり1975年から活動するファッションデザインの“帝王”の目線はいま、揺るぎないブランドの確立にあるようだ。世界中がロックダウンして生活スタイルが変化、人々のファッションマインドが流行を追うことから自身の内面世界の探求へとシフトしているが、アルマーニの動きはこの時代感覚とリンクしている。 “ザ・アルマーニ”と呼べるサンドベージュの色で全身を揃えたリゾートスタイル。マットとシャイニーの絶妙なコントラストもスタイリッシュ。 スタイルを再確認する一方で、アルマーニはニューノーマルで服装のカジュアル化が加速した世相もデザインに投影させた。夜のドレスアップではタキシードの代わりにシャツ+パンツのスポーティな着こなしを披露。いまを生きる人々に何が必要なのかが示されている。日常のカジュアルな服でも、着たときに品位が損なわれないように丈やシルエットなどが入念に調整されている。一見するとノンシャランで無造作に見える落とし込みの妙が、ベテランデザイナーの底力だ。 今季コレクションのアクセントとなるレッドのカットソーを着たルック。ボトムとシューズを黒でまとめ、強い色を際立たせたコーディネート。 コレクション全体の色彩はネイビーやサンドベージュといったアルマーニらしいニュートラルな基本色が中心で、レッドやグリーンらの強い色がアクセント。全身をナチュラルにまとめるのも、今季注目されるカラフルな色でフレッシュな気分になるのも着る人の自由。トレンド不在の時代になったからこそ、アルマーニの人に寄り添うデザインがものを言う。 Giorgio Armani Men's SS 22 Fashion Show - Video ---fadeinPager---