スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.1 ディオール|Pen Online

【新着】スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.1 ディオール

Fashion, ディオールdıor

2022/01/24 8:07:00

【新着】スタイルを生む、ハイブランドの提案 2022年春夏 Vol.1 ディオール

ファッションシーンを創造する世界のトップブランドが、2022年春夏シーズンに提案する最新スタイルとは? 各ブランドが発表したショーやルックから、日本展開されるアイテムを紹介しよう。いますぐオンライン購...

ディオールの春は、メゾンの原点回帰左右ともにアウトドア系のスポーティなスタイル。右のモヘアカーディンは、「CD」(クリスチャン ディオールの頭文字)ロゴをアーガイル風の柄に取り入れたデザイン。左右のルックのボトムはともにカシミア混の肉厚なスウエットパンツ。注目度もデザインの奥深さにおいても、メンズモードのトップを走るディオール。かつてのディオール オムの名称から2018年にディオールのみになりウィメンズとも統一されたが、その変化は同メゾンが歩む現在の方向性を示している。世界のファッションの流れが激変し、人々がパーソナルな服装を望むようになった“パンデミック以降”の今季、ディオールが着目したのはメゾンのアーカイブの見直し。男性を定義づける独自のボキャブラリーや表現を現代流に解釈した。

パンツはゆったり、ジャケットにはベルト。テーラリングとスポーツウェアのハイブリッドデザインのスーツ。ワイドパンツのゆったりとしたシルエットで、今シーズンのキーワードである「リラックス テーラリング」が提案されている。ディオールは春と夏で店頭展開するコレクションを分けている。ここに紹介するのは春のライン。アーカイブの探求は創設者のクリスチャン・ディオールが1947年に発表した最初のショーにまで遡り、レオパードのモチーフがメンズウエアに採用された。オートクチュール部門をもつメゾンならではのテーラリングは、ジャケットの上からベルトを巻きシルエットに動きをつけることでより優雅に。多くのアイテムに登場するハートを模した「CD」ロゴは、かつてデザイナーだったマルク・ボアンが60年に考案したもの。現在のメンズを率いるキム・ジョーンズがモダンにアレンジして歴史をいまにつないでいる。

続きを読む: Pen Magazine »

3年ぶりの「船乗り込み」 歌舞伎俳優らが顔見せ 大阪 道頓堀 | NHK

【NHK】来月3日から大阪で始まる歌舞伎の夏の公演「七月大歌舞伎」を前に、歌舞伎俳優たちが船に乗って顔見せをする大阪の夏の風物詩「… 続きを読む >>

『フガフガ闘病記』『私はあなたの瞳の林檎』街の本屋のこの一冊 Vol.8 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE47歳の若さで逝去した〝ナオミちゃん〟を溺愛していた夫による、スナップ多めの闘病記だ。何しろナオミちゃんの着こなしが可愛く、その過剰な洋服愛も、前向きな性格やキュートな言動も、すべてが素敵ですぐファンになってしまう。〈街の本屋のこの一冊〉

フェミニズム文学の今までとこれから|読みたい!韓国の物語 vol.2 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE【今日はコレ読もうかな。】現在も加速し続けるフェミニズムの波は、この作品が起因のひとつ。では韓国の文壇でキム・ジヨン以前の女性たちの声はどう扱われていたのか、次に作家たちはどんな形で作品に映し出すのか。邦訳を多く手がける翻訳家の小山内園子さんに聞いた。

海外のデザイナーのインテリア vol.8|〈Nanushka〉デザイナー・Sandra Sandor | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | LIFESTYLE今日は インテリアの日 !海外のデザイナーのインテリアをチェックしよう😎 〈Nanushka〉デザイナー・Sandra Sandorさんのお家を拝見。

となりの5分メシ vol.58 山盛りフルーツのポリッジ | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FOOD朝食にぴったり!〈山盛りフルーツのポリッジ〉のレシピをご紹介😋 栄養満点&食物繊維たっぷりのオートミールの美味しい食べ方、気になっていた方も多いのでは? となりの5分メシ

平田 かのん──「唯一無二の存在、ほかに代わりがいないモデルを目指したい」【THE ONES TO WATCH vol.12】2019年にパリコレでデビューし、以降着々とキャリアを積んでいるモデルの平田かのん。『VOGUE JAPAN』が注目する人々を特集する本企画では、彼女と同じく選出されたMame Kurogouchiのデザイナー、黒河内真衣子とともに彼女の2022年春夏コレクションを纏って登場。未来を見据える彼女が目指すモデル像を聞いた。

〈CARSERVICE〉デザイナー・橋本 奎「西海岸カルチャーがぎっちり」|男のクローゼット探訪 vol.10 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FASHION〈CARSERVICE〉デザイナー・橋本 奎さんのクローゼット探訪 「シューズはコーディネートの要。玄関に置いたままだと、その日の格好が定まらない。服と同じく、靴も目につく場所に置くのが僕なりのルールです」