スズキの世界販売、12.9%増の276万3846台で3年ぶりのプラス 2021年 | レスポンス(Response.jp)

2022/01/29 0:31:00

スズキの世界販売、12.9%増の276万3846台で3年ぶりのプラス 2021年 #スズキ

スズキ, 自動車

スズキ の世界販売、12.9%増の276万3846台で3年ぶりのプラス 2021年 スズキ

スズキ は1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は前年比12.9%増の276万3846台で3年ぶりのプラスとなった。

東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足等により、国内生産が減少。供給不足となったため、国内販売は同3.6%減の60万8381台で3年連続のマイナスとなった。登録車は同7.5%減の9万9213台、軽自動車も同2.8%減の50万9168台。いずれも3年連続で前年実績を下回った。海外販売台数は同18.6%増の215万5465台で3年ぶりのプラスとなった。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足等による生産への影響があったものの、前年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で低水準だったため、インド、アフリカ、中南米、中東、大洋州等が増加し、前年実績を上回った。

世界生産台数は同11.1%増の286万5652台で3年ぶりのプラスとなった。国内生産は同5.8%減の87万4927台で3年連続のマイナス。海外生産は同20.6%増の199万0725台で3年ぶりのプラスとなった。

続きを読む: レスポンス »

トランプ氏の「敵」リズ・チェイニー氏、有権者はどう見ていたのか - BBCニュース

米中間選挙に向けた予備選で、共和党員として珍しくトランプ前大統領を批判してきたリズ・チェイニー下院議員が敗れた。ワイオミング州の有権者は彼女をどう見ているのか聞いた。 続きを読む >>

トヨタ、海外販売台数で過去最高を記録 2021年 | レスポンス(Response.jp)トヨタ 自動車 は1月28日、2021年暦年(1~12月)の販売・生産・輸出実績を発表。昨年に比べコロナ禍の影響が緩和したため、海外販売台数は前年比13.2%増の813万9021台と、過去最高を記録した。

ダイハツの総販売台数、3年ぶりのプラス---4.5%増の72万5179台 2021年 | レスポンス(Response.jp)ダイハツ工業は1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数は前年比4.5%増の72万5179台で3年ぶりのプラスとなった。

英国電動車生産が3割増、EVは72%増 2021年 | レスポンス(Response.jp)英国 自動車 工業会(SMMT)は1月27日、2021年の英国における電動車の生産台数が、前年比29.6%増の22万4011台だった、と発表した。EVは72%増、ハイブリッド車は16.4%増だった。

日産の世界販売が4年ぶりのプラス、0.9%増の406万5014台 2021年 | レスポンス(Response.jp)日産 自動車 は1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績を発表。グローバル販売台数は前年比0.9%増の406万5014台で4年ぶりのプラスとなった。

マツダの総販売台数、3.6%増の128万7548台 2021年 | レスポンス(Response.jp)マツダは1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は前年比3.6%増の128万7548台となった。

ホンダの世界生産は3年連続マイナス、6.0%減の413万6018台 2021年 | レスポンス(Response.jp)ホンダは1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は、前年比6.0%減の413万6018台で3年連続のマイナスとなった。 Cool

は1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は前年比12.一方、国内販売(含軽)は同1.国内販売は同3.英国自動車工業会(SMMT)は1月27日、2021年の英国における電動車(EVやPHV、ハイブリッド車)の生産台数が、前年比29.

9%増の276万3846台で3年ぶりのプラスとなった。 東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足等により、国内生産が減少。供給不足となったため、国内販売は同3.6%減の60万8381台で3年連続のマイナスとなった。登録車は同7.4ポイントプラスの51.5%減の9万9213台、軽自動車も同2.6%増の132万1741台で2年ぶりのプラスとなった。国内生産は同3.8%減の50万9168台。いずれも3年連続で前年実績を下回った。 海外販売台数は同18.6%増の961万5157台で2年ぶりのプラスとなった。 グローバル生産台数は同8.6%増の215万5465台で3年ぶりのプラスとなった。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足等による生産への影響があったものの、前年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で低水準だったため、インド、アフリカ、中南米、中東、大洋州等が増加し、前年実績を上回った。 世界生産台数は同11.1%を占めている。 なお、英国に生産拠点を置く主要自動車メーカーは、トヨタ、ホンダ、日産、ジャガー・ランドローバー、BMWグループのMINIとロールスロイス、フォルクスワーゲングループのベントレーなど。 英国では、バッテリーの大規模工場「ギガファクトリー」建設への投資などにより、電動化を支援している。英国自動車産業が、グローバルな競争力を維持するためには、2030年までに少なくとも60GWhのギガファクトリーバッテリー容量を必要とすると見込まれるため、このような投資の実現は不可欠、としている。 《森脇稔》.

1%増の286万5652台で3年ぶりのプラスとなった。国内生産は同5.4%増の570万6023台で4年ぶりのプラス、国内生産は同1.8%減の87万4927台で3年連続のマイナス。海外生産は同20.6%増の199万0725台で3年ぶりのプラスとなった。 輸出は中南米や大洋州向けなどが増加し、同8.5%増の175万7340台で2年ぶりのプラスとなった。.4%増の21万1862台で2年連続のプラスとなった。 .