ジャガイモで作る「いももち」は、北海道の定番おやつ(tenki.jpサプリ 2020年11月28日) - tenki.jp

【ジャガイモで作る「いももち」は、北海道の定番おやつ】 北海道の広大な畑では、ジャガイモの収穫も終わり、冬じたくが始まっています。日本各..

2020/11/28 14:33:00

【ジャガイモで作る「いももち」は、北海道の定番おやつ】 北海道の広大な畑では、ジャガイモの収穫も終わり、冬じたくが始まっています。日本各..

北海道の広大な畑では、ジャガイモの収穫も終わり、冬じたくが始まっています。日本各地にジャガイモを使った料理はたくさんありますが、北海道で昔から広く食べられているのが、いももちです。ジャガイモの味をダイレクトに味わえるシンプルないももち。今回は、北海道民のソウルフード、いももちをご紹介します。

北海道のいももちは、ジャガイモを使います。いももちでなく、いもだんごと呼ぶ地域もあります。北海道産のおいしいジャガイモを茹でてつぶして、まんじゅうのような形に丸めて、バターなどで焼きます。塩味でも十分においしいですが、醤油と砂糖の甘辛のタレをからめたものが定番の味つけです。発祥は開拓時代。もち米のかわりにジャガイモが使われた明治になって北海道が“開拓”されたころは、道内ではまだ米づくりができなかったので、もちを作るときには、もち米のかわりにジャガイモが使われていました。これが、いももちの始まりだといわれています。

実写版「モンスター・ハンター」 アイルーの姿がお披露目に - ライブドアニュース 育児の救世主“おむつ自販機” 「1枚、2枚で!」お願いが実現 - ライブドアニュース 立民・枝野氏「首相に反省のチャンスあげたのに」

当時、北海道ではジャガイモは豊富に生産されていたので、いももちは開拓者たちの貴重な栄養源となりました。また、手軽に作ることができるため、庶民のあいだにも広がり、戦時中や戦後の食糧難の時代にも食べられていました。暮らしが豊かになった現在でも、いももちは北海道民のソウルフードとして、お年寄りから子どもまで広い世代に食べられています。 続きを読む: tenki.jp »

バイデン次期米大統領、BLMだったら警察の対応は違っていた 議会襲撃で - BBCニュース

ジョー・バイデン次期大統領は7日、議会を襲ったのが白人の暴徒ではなく、「Black Lives Matter(黒人の命も大事だ、BLM)」のでも参加者だったら、事態はまったく違うものになっていたはずだと述べた。