シンガポール政府観光局主催アクセラレータープログラムに『Kotozna』が日本企業として初めて選出

2022/01/17 4:08:00

シンガポール政府観光局主催アクセラレータープログラムに『Kotozna』が日本企業として初めて選出

シンガポール政府観光局主催アクセラレータープログラムに『Kotozna』が日本企業として初めて選出 プレスリリース, ニュースリリース

シンガポール政府観光局主催アクセラレータープログラムに『Kotozna』が日本企業として初めて選出

Kotozna株式会社のプレスリリース(2022年1月17日 09時00分)シンガポール政府観光局主催アクセラレータープログラムに『Kotozna』が日本企業として初めて選出

Kotozna株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 後藤玄利、)は、今春、シンガポール政府観光局(Singapore Tourism Board、以下STBという)が主催する、アクセラレータープログラム「Singapore Tourism Accelerator 2021(STA)」に、日本の企業として初めて選出されました。STAは、旅行・観光産業の活性化を目的とし、有望な技術を持つスタートアップ企業 およびプロジェクトを対象にサービス開発支援を実施しています。今年4回目を迎えるSTAに、日本のスタートアップが選ばれたのはKotoznaが初めてとなります。これにより、シンガポールを代表する観光施設に向けた製品開発・試験導入が可能になり、その第一弾としてシンガポールの代表的施設にて多言語同時翻訳ツール『Kotozna Live Chat』の実証実験を2021年12月8日より開始しました。

代表の後藤玄利は「テクノロジーの力で、言語の壁を超えた迅速なコミュニケーションが可能になることで、旅行業界のコロナからの復活の一助となりたいと思います。非接触でお客様のストレスも軽減し、同時にデジタルの活用によって施設側の効率良い運営にも貢献します。」と語っています。今回実証実験を行う「Kotozna Live Chat」は、多言語同時翻訳チャットツール「Kotozna Chat」(109言語対応/2021年12月末時点)をベースに開発され、当該施設のウェブサイトからチャットウィジェットを開き、自身の言語で様々な問い合わせが可能です。それぞれの問合せは、その内容や使用言語によって、的確なオペレーターに自動で繋がり、オペレーターは同時に複数の対応処理も可能です。チャットは自動翻訳され、互いにスムーズなコミュニケーションが出来ます。

続きを読む:
PR TIMESテクノロジー »

ティモシー・シャラメ主演で人喰い描く『ボーンズ アンド オール』禁断の予告編が公開 ─ 人を食べる衝動が抑えられない純愛ホラー | THE RIVER

「愛は、血の味がした。」 続きを読む >>