吉村美栄子, 今田裕幸

サクランボ、コロナ禍も価格堅調 担い手不足に勝てず

サクランボ、コロナ禍も価格堅調 担い手不足に勝てず

2020/07/10 14:47:00

サクランボ コロナ禍 も価格堅調 担い手 不足に勝てず

山形県 全国シェア の7割以上を握る サクランボ の収穫が終盤を迎えた。今季は当初、新型コロナウイルスの影響で贈答需要が激減し、高級牛や生花のように価格が下落すると関係者は懸念していた。しかし、現状では高

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

分娩室に入った直後に爆風、ガラス浴びるも男児出産 ベイルート - BBCニュース

中東レバノンの首都ベイルートで4日に起きた大規模な爆発は、出産直前の妊婦がいる病院にも被害を及ぼした。セント・ジョージ病院の分娩室で出産の準備をしていたエマニュエルさんは、爆風で粉々になったガラスを浴びた。

日本が本当に面白いのは産業を育成しないと福祉も良くならないんだよ。左翼勢の間違いはそこにあるんだが気づかないねぇ。 もっとも重要だった第3の矢が失速 さくらんぼ業界も人材不足で産業折れるか。。。 もったいないね。