ゴールドマン、最高益でも9%安 米株高に壁(NY特急便)(写真=AP)

2022/01/19 3:38:00

ゴールドマン、最高益でも9%安 米株高に壁(NY特急便)

ゴールドマン、最高益でも9%安 米株高に壁(NY特急便)

米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。「ゴールドマンの調査を始めて以来、初めての経験だ」。米オ

米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。 【関連記事】 ..【北京=川手伊織】中国の少子化が止まらない。2021年の出生数は1062万人と1949年の建国以来の最少。政府は21年から3人目の出産を認めたが、将来不安や育児環境の未整備で効果が乏しかった。総人口の減少は目前に迫り、中長期にわたり中国の経済成長を抑制しかねない。 国家統計局が17日発表した。出生数の減少は5年連続で、20年(約1200万人)比の減少率は1割を超えた。死亡者数は1014万人で、21年末の総人口は前年末より48万人多い14億1260万人となった。 中国の人口問題に詳しい米ウィスコンシン大学の易富賢研究員によると、1人の女性が生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」は21年に1.北京市でも変異型「オミクロン型」の感染が見つかり、政府は警戒を強めている(同市のPCR検査場)=AP 【北京=川手伊織】中国経済が勢いを失っている。国家統計局が17日発表した2021年10~12月の実質国内総生産(GDP)の伸びは前年同期比4.

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

イランで自由を求め続け……世代を超えた女性たちの闘い - BBCニュース

イランの女性たちの闘いは今になって始まったわけではない。BBCのラナ・ラヒムプール記者が、1979年のイラン革命直後のアーカイブ映像を見ながら、現在のイランの状況に至る女性たちの行動について説明する。 続きを読む >>

Eating the 7 day Passover meal of Ex 12:15 and tithing every 3 years of Deut 26:12 leads to Jesus' paradise of love in Mt 25:34. Not eating supper nor tithing leads to hell without return in Mt 25:41 and Eze 16:49.

トンガ沖で再び大規模噴火か 通信社報道(写真=AP)【シドニー=松本史】AFP通信は17日、15日に大規模噴火を起こした南太平洋のトンガ沖の海底火山で再び噴火が観測され 日本人だから言うけどやっぱ日本への津波が心配。自分が住んでるところは沿岸ではないがニュースで高台に避難してる映像見ると心が痛む。

中国、将来不安で少子化 21年の出生最少1062万人(写真=AP)【北京=川手伊織】中国の少子化が止まらない。2021年の出生数は1062万人と1949年の建国以来の最少。政府は21年から3人目の出産を認めたが、将来不安や育児環境の未整備で効果が乏しかった。総人口の減少は目前に迫り、中長期にわたり中国の経済成長を抑制しかねない。国家統計局が17日発表した。出生数の減少は5年連続で、20年(約1200万人)比の減少率は1割を超えた。死亡者数は1014万人で、2 単に、豊かさが増すにつれて結婚が伸びて、少子化が進行してるだけなんじゃないかな。 さあ大変だ。 いつも国民の胃袋の数を武器に他国を脅してきたのに、どうしよう…。

中国経済「ゼロコロナ」の重荷 1~3月も停滞継続か(写真=AP)【北京=川手伊織】中国経済が勢いを失っている。国家統計局が17日発表した2021年10~12月の実質国内総生産(GDP)の伸びは前年同期比4.0%と7~9月の4.9%から鈍った。新型コロナウイルスの感染を徹底して抑え込む「ゼロコロナ」政策が経済活動の足かせとなっており、22年1~3月も景気の停滞が続きそうだ。「我が国の経済発展とコロナ防疫はいずれも世界をリードしている」。寧吉喆統計局長は17日 勝手にやって 中共体制崩壊してしまえ

[社説]中国は政策不況の根源を直視すべきだ(写真=AP)今年の中国経済の不透明感が一段と強まっている。習近平国家主席をトップとする中国指導部は、まず複合的な「政策不況」ともいえる経済の現状を直視する必要がある。そのうえで有効な対策を立てなければ減速はとめられない。2021年通年の実質成長率は、20年の落ち込みの反動で8.1%だった。だが年後半から失速し、同10~12月は前年同期比4.0%に急減速した。新型コロナウイルスの感染再拡大による行動制限が足 Mr Xi は経済運営は全く理解できないので、破滅に一直線でしょうか? 「虎の像があるけど、中国でも今年は寅年なのかな?」・・・・なーんちゃって、干支が東アジア共通なくらいは知ってますよ。欧米人なんかは中国の風習と思っているみたいで。 日本が言える立場かよ…(苦笑)

米大型倒産、01年以降で最少 コロナ支援がリスク隠す(写真=AP)【ニューヨーク=大島有美子】米国で負債総額の大きな「大型倒産」が減少傾向だ。民間集計では、2021年が418件で前年より35%減り、比較可能な01年以降では最少となった。新型コロナウイルスによる企業への打撃を和らげる公的支援や金融緩和が背景にある。一方、個別の企業が抱える信用リスクは覆い隠され、競争力の低い会社が存続しているようだ。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスが、上場企業で負

米金利の上昇加速、2年債1%超 FRB利上げ拡大観測で(写真=AP)【ニューヨーク=斉藤雄太】18日の米債券市場で国債利回りの上昇(価格は下落)が加速し、政策金利の動きに敏感な2年債利回りは1年11カ月ぶりに1%を上回った。原油高をきっかけにインフレ抑制に向けた米連邦準備理事会(FRB)の利上げが想定以上に進むとの見方が広がった。金融引き締めを警戒し、同日の米株式相場は大幅安になった。18日は原油先物相場の指標になるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエ

米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。 【関連記事】 ..【北京=川手伊織】中国の少子化が止まらない。2021年の出生数は1062万人と1949年の建国以来の最少。政府は21年から3人目の出産を認めたが、将来不安や育児環境の未整備で効果が乏しかった。総人口の減少は目前に迫り、中長期にわたり中国の経済成長を抑制しかねない。 国家統計局が17日発表した。出生数の減少は5年連続で、20年(約1200万人)比の減少率は1割を超えた。死亡者数は1014万人で、21年末の総人口は前年末より48万人多い14億1260万人となった。 中国の人口問題に詳しい米ウィスコンシン大学の易富賢研究員によると、1人の女性が生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」は21年に1.北京市でも変異型「オミクロン型」の感染が見つかり、政府は警戒を強めている(同市のPCR検査場)=AP 【北京=川手伊織】中国経済が勢いを失っている。国家統計局が17日発表した2021年10~12月の実質国内総生産(GDP)の伸びは前年同期比4.