東京五輪, オリンピック, 新型コロナウイルス, Synd, Wsj-Pro-Wsj Japanese, Lınk:En|Https://Www.Wsj.Com/Articles/Olympians-Weird-Training-Pandemic-Tokyo-11626838213?Page=1

東京五輪, オリンピック

コロナ下の五輪選手、奇想天外なトレーニングも

路地裏で試合をしたフェンシング選手。子ども用プールに入った水泳代表。前例のないコロナ下のオリンピックで、アスリートの練習も前代未聞のものになった。

2021/07/26 1:15:00

コロナ下の五輪選手、奇想天外なトレーニングも かつてない環境で行われる 東京五輪 、どの選手も異常な経験を乗り越えてきた 東京五輪 オリンピック 新型コロナウイルス

路地裏で試合をしたフェンシング選手。子ども用プールに入った水泳代表。前例のないコロナ下の オリンピック で、アスリートの練習も前代未聞のものになった。

2021 年 7 月 22 日 10:33 JST 更新新型コロナウイルス感染症の流行下で、ジェイコブ・ホイルのオリンピックはささいな窃盗から始まった。コロナがまだ目新しく、ロックダウン(都市封鎖)が始まったばかりの頃、米国のフェンシング選手であるホイルは、ただトレーニングを続けるだけでも基本的な道具が必要だと気づいた。結局、最善の選択肢は自分の所属クラブから道具を盗むことだという結論に至った。そこから先は、ますますおかしなことになって行った。コロナ対策の経済封鎖が行われたことで、五輪選手は至る所で精巧なトレーニングやコンディショニング、練習方法を考え直し、再設計をせざるを得なくなった。多くの場所でジムが何カ月も閉鎖され、厳しいソーシャルディスタンシング(対人距離の確保)が実施された。世界最高のアスリートたちは、いかにして体調を維持し、人生最大の瞬間に備えるかを臨機応変に考え出す必要があった。

対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず 大谷翔平 45号ホームラン 10試合ぶり トップの2人に1本差 | NHKニュース 大谷翔平 10試合ぶり45号HR - Yahoo!ニュース 続きを読む: ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 »

踏切で“待っていた”だけなのに…死亡事故はなぜ起きたのか | NHKニュース

【NHK】他人にとって この上なく迷惑な“歩きスマホ”の行為。操作する本人も気付かないうちに命の危険にさらされるおそれがあります。