コロナで味覚障害、シェフはどう乗り越えているか

  • 📰 WSJJapan
  • ⏱ Reading Time:
  • 10 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 7%
  • Publisher: 59%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

コロナで味覚障害、シェフはどう乗り越えているか 新型コロナウイルス

トム・ラムジーさん(55)が久しぶりに味を感じたのは病院の食事を取っているときだった。ニューオーリンズの高級レストラン、アチャファラヤのエグゼクティブシェフで、ソムリエの資格を持つラムジーさんは1月末に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患(りかん)し、一時的に味覚と嗅覚を失っていた。退院後、味覚が再び弱くなったが、ラムジーさんはまだ諦めたくなかった。.

トム・ラムジーさん(55)が久しぶりに味を感じたのは病院の食事を取っているときだった。ニューオーリンズの高級レストラン、アチャファラヤのエグゼクティブシェフで、ソムリエの資格を持つラムジーさんは1月末に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患(りかん)し、一時的に味覚と嗅覚を失っていた。退院後、味覚が再び弱くなったが、ラムジーさんはまだ諦めたくなかった。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

周囲でよく聞く感染の症状がこれです。味覚を感じることができないのは、体の痛みと同様に相当に辛いと思います。

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 66. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。