クラフト日本酒新興、輸出参入 製造免許の制約バネに

「小規模からできるモデルをつくりたい」。日本酒を輸出用に限って少量から製造できる免許を活用する「クラフト日本酒」起業家。制約をバネに新市場を開拓する姿を追いました。

2021/12/03 15:40:00

「小規模からできるモデルをつくりたい」。日本酒を輸出用に限って少量から製造できる免許を活用する「クラフト日本酒」起業家。制約をバネに新市場を開拓する姿を追いました。

参入が難しい日本酒の製造で、制限が一部緩和された免許を活用するスタートアップが出てきている。需要が伸びている輸出用に限って少量から製造できる免許で、2021年秋から実際の生産や輸出も始まった。国内では販売できず事業展開に制約がかかるが、輸出限定の「クラフト日本酒」起業家はそれをバネにして新たな市場を開拓し、より効率的な経営を目指す。そこには業界の常識にとらわれない起業家の様々な経験が生きている。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

速報:Surface Laptop Studio日本版発表。3月1日発売で20万9880円から - Engadget 日本版

続きを読む >>