ガザ空爆で死者100人超 イスラエル、戦闘継続(写真=AP)

ガザ空爆で死者100人超 イスラエル、戦闘継続

2021/05/13 23:47:00

ガザ空爆で死者100人超 イスラエル、戦闘継続

【エルサレム=共同】イスラエル軍は13日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を継続し、ガザ保健当局によると、10日に始まった空爆による死者は103人となった。ガザを実効支配するイスラム組織ハマスはロケット弾

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

「一生後悔する」 英からISに参加の女性、BBCに現在の心境を語る - BBCニュース

イギリスからシリアへ渡航しイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加したシャミマ・ベガムさん(22)がBBCの取材に応じ、ISに参加したことを「一生後悔するだろう」と語った。

トヨタ、EV・FCV200万台に 2030年世界販売目標(写真=AP)トヨタ自動車は12日、2021年3月期の純利益が前の期比10%増の2兆2452億円になったと発表した。新型コロナウイルス禍でも自動車の需要が回復し、世界的に販売が増えた。業界全体として半導体不足による生産調整を迫られたが、原価低減などで補い増益を確保した。2022年3月期の純利益見通しについては、前期比2%増の2兆3000億円になりそうだと発表した。過去最高益だった18年3月期(2兆4939億円

対中連携で「辣腕」起用 駐日米大使にエマニュエル氏(写真=AP)バイデン米政権の駐日大使人事は、オバマ元大統領ら歴代の民主党政権と関係の深い元大統領首席補佐官のラーム・エマニュエル氏(61)に固まった。対中国で日本との緊密な連携を重視し、辣腕で知られる大物を起用する。ホワイトハウスが日本を含めた主要国の大使人事を近く発表する。上院の承認を経て就任する。エマニュエル氏はもとはクリントン、オバマ両元大統領と近い。オバマ氏とは地元が同じシカゴで、下院議員から首 シカゴを破壊した男として、気性が激しく評判は最悪!本名、ラーム・イスラエル・エマニュエル、第55代シカゴ市長、オバマ政権で第23代大統領首席補佐官、2021年5月現在、ジョー・バイデン政権における駐日アメリカ合衆国大使への就任が有力視されている、年齢 61歳、イリノイ州出身、身長170 cm

NYダウ続落で始まる 物価上昇、金利に先高観(写真=AP)【NQNニューヨーク=川内資子】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落で始まり、午前9時35分現在は前日比77ドル29セント安の3万4191ドル87セントで推移している。朝方発表の4月の消費者物価指数(CPI)が市場予想以上に上昇し、金利の先高観が高まった。高PER(株価収益率)のハイテク株などに売りが出ている。CPIは前年同月比4・2%上昇し、市場予想(3・6%上昇)より大きかっ インフレ懸念😰 「CPIは前年同月比4・2%上昇し、市場予想(3・6%上昇)より大きかった。」 ↓ ワクチンのお陰で急に景気がよくなり、生産が追い付いてないのだと思う。だとしたら待ってたら回復するんじゃないかな?

トヨタ、午後1時半から21年3月期通期決算を速報(写真=AP)トヨタ自動車は12日午後1時30分から2021年3月期決算の記者会見をオンライン形式で開く。半導体の供給不足の影響が懸念されるが、業績へのインパクトは限定的にとどまりそうだ。21年3月期の連結純利益は会社計画で前の期比7%減の1兆9000億円を見込んでいるが、市場予想は同2兆74億円となっている。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、国内製造業の復調ぶりをうかがわせる決算内容になりそうだ。202

米マクドナルド、直営店の時給10%引き上げ 人手確保(写真=AP)【ニューヨーク=河内真帆】米マクドナルドは13日、米国の直営店で働く従業員の時給を今後数カ月で平均10%引き上げると発表した。米景気が急回復するなか、ファストフード業界は求人難に直面している。マクドナルドは直営店の時給を段階的に引き上げ、2024年までに平均15ドル(約1640円)になるとの見通しを示した。米国の直営店数は全体の店舗数の5%で、時給引き上げの対象は約3万6500人。同社は95% マクドナルドは利用しないと決めてるからどうなっても影響はないけど、 ここで働いてる人たちの生活が向上するといいね。 マクドは、殆ど最低賃金やったもんな 何と言ってもマックは80%が原価だからな。飲食では40%で多いレベルなので、異常な状態。人件費削りまくって実現してる。だからといって特別安いイメージはないが。日本が追随することはない気がする。

子のワクチン「すぐに」3割、米調査 親の懸念が課題に (写真=AP)【ニューヨーク=山内菜穂子】子どもへの新型コロナウイルスワクチンの接種開始を急ぐ米国で、保護者のためらいが浮き彫りになっている。民間調査によると子どもにすぐに接種させると答えた割合は3割にとどまった。集団免疫の達成には子どもの接種が欠かせず、保護者の不安をいかに払拭するかが今後の課題となる。米製薬大手ファイザーと独ビオンテックのワクチンについて、米国で12~15歳への接種が13日にも始まる。フ