カプコン2022年3月期第3四半期の連結業績を公開―『バイオハザード ヴィレッジ』などが好調で多部門で大幅増 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

新作タイトルの好調や、過去作品の販売拡張が大きく貢献。

特集, Ps4

2022/01/26 16:35:00

カプコン2022年3月期第3四半期の連結業績を公開―『バイオハザード ヴィレッジ』などが好調で多部門で大幅増

新作タイトルの好調や、過去作品の販売拡張が大きく貢献。

発表によると、売上高は881億63百万円(前年同期比35.9%増)、営業利益は350億96百万円(前年同期比43.9%増)、経常利益は361億48百万円(前年同期比50.1%増)といずれも増益。親会社株主に帰属する四半期純利益は267億8百万円(前年同期比52.4%増)と、こちらも大幅に増加しています。各事業セグメントでは、デジタルコンテンツ事業で売上高が704億53百万円(前年同期比43.9%増)、営業利益が358億94百万円(前年同期比44.8%増)と大幅増。新作タイトル『バイオハザード ヴィレッジ』『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の販売が好調に推移したことにくわえ、『バイオハザード7 レジデント イービル』など過去タイトルの販売拡大が大きく影響しているとしています。また、家庭用ゲームソフトの販売本数は2,580万本で、前年同期の1,980万本から30.3%増加しています。

アミューズメント施設事業は、昨年9月の緊急事態宣言の解除や新業態、最新キャラクターグッズ導入などにより売上高が89億92百万円(前年同期比28.1%増)、営業利益が4億19百万円(前年同期比383.4%増)。アミューズメント機器事業では、厳しい状況下で「モンスターハンター: ワールド 黄金狩猟」などの新機種などを投下、過去機種のリピート販売などに努め、売上高49億37百万円(前年同期比26.4%減)、営業利益19億32百万円(前年同期比20.5%減)となっています。また、その他事業部門では売上高が37億81百万円(前年同期比74.2%増)、営業利益が15億49百万円(前年同期比79.8%増)と好調。海外で2021年11月から公開が開始された映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」(日本公開日2022年1月28日)、公式リーグ戦「ストリートファイターリーグ」の日本および海外での開催、主力IPを活用した映像化やキャラクターグッズ展開なども大きく影響しています。

続きを読む: ⚡Game*Spark⚡ »

ゾンビを畑で生産し武器や料理に変えて世紀末を生き残る『DEADCRAFT』発売開始。ゾンビと人間のハーフの主人公となり、労働力の死体を鞭打ち自給自足生活

マーベラスは5月20日(金)、開発を手がけるゾンビサバイバルアクションゲーム『DEADCRAFT』について、PC(Steam)版の配信を開始した。 続きを読む >>

【インタビュー】『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』クリス役、『CODE:Veronica』映画化に興味津々 ─『ヴィレッジ』は「少しあとに」 | THE RIVER【インタビュー】『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』クリス役、『CODE:Veronica』映画化に興味津々🎮 『ヴィレッジ』は「もう少し歳を重ねてから」🔥 ロビー・アメル バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ 5以降のクリス演じるならもっと筋肉つけないとね

PS4/PS5向け「旧正月セール」がPSストアにて開催中。『バイオハザード ヴィレッジ』半額、『アサシン クリード ヴァルハラ』6割引などの大規模セール - AUTOMATONPlayStation Storeにて、本日1月26日より「旧正月セール」が開催中だ。 PS4 /PS5向けの最新作を含む数々の人気タイトルがお買い得な大型セールとなっている。開催期間は2月9日まで。

ダンジョン探索+トップダウンSTG+格闘ACT『Dreamscaper』のXbox版が現地2月3日リリース―Xbox Game Passにも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイトダンジョン探索+トップダウンSTG+格闘ACT『Dreamscaper』のXbox版が現地2月3日リリース―Xbox Game Passにも対応

最適の戦略を組み立てる自動戦闘RPG『Mystery of Fortune 2 Refine』Steam向け配信開始―2月1日まで40%オフのセールも実施中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト最適の戦略を組み立てる自動戦闘RPG『Mystery of Fortune 2 Refine』Steam向け配信開始―2月1日まで40%オフのセールも実施中

採れたて!本日のSteam注目ゲー5選【2022年1月26日】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイトSteamで数多くのレビューが集まっている注目タイトルをお届けします!

「PS5」の販売情報まとめ【1月26日】―「イオン」の抽選受付が終了目前、当選すれば最短で2月4日に購入可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト「イオン」の抽選受付は本日の19時59分までなので、希望者はお早めに。なお、「ノジマオンライン」の方は、1月30日 23時59分まで受け付けています。

しました。 発表によると、売上高は881億63百万円(前年同期比35.9%増)、営業利益は350億96百万円(前年同期比43.9%増)、経常利益は361億48百万円(前年同期比50.1%増)といずれも増益。親会社株主に帰属する四半期純利益は267億8百万円(前年同期比52.4%増)と、こちらも大幅に増加しています。 各事業セグメントでは、デジタルコンテンツ事業で売上高が704億53百万円(前年同期比43.9%増)、営業利益が358億94百万円(前年同期比44.8%増)と大幅増。新作タイトル『バイオハザード ヴィレッジ』『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の販売が好調に推移したことにくわえ、『バイオハザード7 レジデント イービル』など過去タイトルの販売拡大が大きく影響しているとしています。また、家庭用ゲームソフトの販売本数は2,580万本で、前年同期の1,980万本から30.3%増加しています。 アミューズメント施設事業は、昨年9月の緊急事態宣言の解除や新業態、最新キャラクターグッズ導入などにより売上高が89億92百万円(前年同期比28.1%増)、営業利益が4億19百万円(前年同期比383.4%増)。アミューズメント機器事業では、厳しい状況下で「モンスターハンター: ワールド 黄金狩猟」などの新機種などを投下、過去機種のリピート販売などに努め、売上高49億37百万円(前年同期比26.4%減)、営業利益19億32百万円(前年同期比20.5%減)となっています。 また、その他事業部門では売上高が37億81百万円(前年同期比74.2%増)、営業利益が15億49百万円(前年同期比79.8%増)と好調。海外で2021年11月から公開が開始された映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」(日本公開日2022年1月28日)、公式リーグ戦「ストリートファイターリーグ」の日本および海外での開催、主力IPを活用した映像化やキャラクターグッズ展開なども大きく影響しています。 《Mr.Katoh》