野球

野球

オリックス優勝 宮城「由伸さんからいろんな賞を奪い取りたい」 | 毎日新聞

オリックス優勝 宮城「由伸さんからいろんな賞を奪い取りたい」

2021/10/27 18:50:00

オリックス優勝 宮城「由伸さんからいろんな賞を奪い取りたい」

25年ぶり13回目のパ・リーグ制覇を果たしたオリックスの選手の主なコメントは次の通り。 吉田正 選手会長として責任を感じていた。毎年勝負の年と思ってやってきたが、優勝で終えられて非常にうれしい。今のメンバーは悔しい思いをしてきた。今年こそやってやるんだという思いは、キャンプから強かった。(杉本は

杉本 今までまともに戦力になれなかった。監督、コーチやチームメートに支えてもらって4番に成長できてうれしい。原動力は勝ちたいという思い。みんなのその姿勢をみて自分も頑張ろうと思った。(監督は)一言で言えば恩師。(吉田)正尚は同期入団。一緒に活躍したいという思いがあった。山本 いろんな人にサポートしてもらい、1年間戦い抜いて勝ち取った優勝。勝ちたいという気持ちはすごく大きかったシーズン。終わってみれば貯金もつくれてよかった。去年まで調子の波が課題だった。その課題を克服できたのはすごくうれしい。宮城 こんなに早く、2年目で優勝できるとは思わなかった。前半と比べ、後半はチームに迷惑をかけた。そこでも使ってもらった。これからCSや日本シリーズにむけてしっかり調整していきたい。これからは(山本)由伸さんからいろんな賞を奪い取れるように頑張りたい。

来季J1昇格の京都がJ2群馬FW大前元紀を獲得へ、今冬の補強第1号! - ライブドアニュース ペットの犬や猫にマイクロチップ装着義務化へ 概要が明らかに | NHKニュース 「道路影響予測」4日(土)は冬型の気圧配置 北海道から北陸で雪や雨 車の運転注意(気象予報士 吉田 友海)

T―岡田 素直にすごくうれしい。(成長した点は)個人的には分からない。監督がずっと言ってきた「最後まで諦めない野球」で、チーム一丸となって戦えたのが(優勝の)一番(の要因)だと思う。 続きを読む: 毎日新聞 »

ランドセルでなく風呂敷背負って 伝統の登校を体験 岩手 | NHKニュース

【NHK】子どもたちが昔ながらの生活習慣を体験しようと、ランドセルではなく風呂敷を背負って登校する取り組みが、岩手県紫波町の小学校…

#ORIXバファローズ優勝おめでとう team内切磋琢磨が、teamを強くしますので、宮城くんの言葉は嬉しい🥰 中島監督、選手、coachや球団staff の皆様、25年振りの美酒ですが、CS、JSと撃破して、又々美酒🍾に酔いましょう🥂

チャンスを与え、辛抱強く待つ…ナカジマジック光る オリックス優勝 | 毎日新聞今季のオリックスは生え抜き選手たちの能力を見抜き、適材適所で生かす中嶋監督の手腕が光った。「仰木マジック」とたたえられた前回優勝時の仰木彬監督にあやかり、その魔法のような手腕は「ナカジマジック」とファンから呼ばれた。

オリックス優勝 中嶋聡監督、ファンへ「本当にお待たせしました」 | 毎日新聞プロ野球パ・リーグは27日、オリックス・バファローズが1996年以来25年ぶりで、前身の阪急時代を含めて13回目のリーグ制覇を果たした。中嶋聡監督の主なコメントは次の通り。

田口コーチ「中嶋監督が仰木監督に見えてこないでも…」 オリックス優勝 | 毎日新聞オリックスが25年ぶりのリーグ優勝を決めた。選手たちの主なコメントは次の通り。 平野佳 待っている身だったので、ドキドキしながら(優勝を)待っていた。(米大リーグから)帰ってきて優勝できて良かった。監督、コーチが選手ファーストでやってくれて、シーズン通してみんなが成長していった。少しでもチームに

「なぜ別姓婚ができないのか」離婚を選択した夫婦 制度導入に壁【#あなたの衆院選】(毎日新聞) - Yahoo!ニュースある女性は海外で仕事を続けるため、法律婚から事実婚に移る「ペーパー離婚」を選択。夫婦関係は変わりませんが、書類の「離婚」の2文字を見ると胸が痛むといいます。依然として開けぬ夫婦別姓導入への道とは。 あなたの衆院選 毎日新聞 Yahooニュース 今するべきことではない。

「霊長類研究所」改編を京大が発表 名称消え、研究分野を縮小 | 毎日新聞京都大は26日、研究資金の不正支出が問題化した霊長類研究所(愛知県犬山市)を、2022年4月に「ヒト行動進化研究センター(仮称)」に改編する計画を発表した。学内の中核的組織である「付置研究所」の位置付けから外し、1967年の発足から国内外の霊長類研究をリードしてきた研究所の名称が姿を消す。 東大出身者達が潰したかったのだろ。

「未解決」容疑者逮捕 広島刺殺でも 科学捜査向上や時効撤廃で次々 | 毎日新聞広島県福山市で2001年、主婦が自宅で刺殺された事件。「コールドケース」と呼ばれる長期未解決の事件で近年、容疑者が急転直下、逮捕されるケースが相次いでいる。DNA型鑑定などの科学捜査技術が向上したことや、殺人事件などの時効が撤廃されたことが影響しているとみられる。