エーミング技術のエキスパートを養成、明治産業がトレーニングサービスを今春から開始 | レスポンス(Response.jp)

エーミング技術のエキスパートを養成、明治産業がトレーニングサービスを今春から開始

自動車, 鉄道

2022/01/14 4:16:00

エーミング技術のエキスパートを養成、明治産業がトレーニングサービスを今春から開始

明治産業は、全国の 自動車 メカニックを対象としたエーミング作業のトレーニング「Seiken ADAS プロショップ」を2022年から開始する。

同社は昨年12月に「ADASエーミング・トレーニング」がテュフラインランドジャパンから「エーミング技術エキスパート認定トレーニング」として日本で最初に合格したと発表した。これにより、トレーニング修了者は「エーミング技術エキスパート」として認定される。◆エーミング作業の課題先進安全技術を搭載した自動車の普及に伴い、各種センサーの機能を校正するためのエーミング作業が必要となっている。これに伴い、2020年4月から特定整備制度がスタートしたが、スペースや機材の問題で正しいエーミング作業を行うことのできる整備工場が少ないことが課題となっている。

そこで、エーミング機材を揃えるのが難しい整備工場の駆け込み寺として、エリアごとにエーミング作業のできる”プロショップ”が必要となる、という考えのもと、トレーニングサービス「ADASエーミング・トレーニング」の提供を開始する。◆「ADASエーミング・トレーニング」とは今回、テュフ ラインランド ジャパンから認定されたトレーニングは、レーンキープアシストシステムや自動ブレーキ等の運転支援技術に使用されるセンサの校正作業を正確で早く、簡単に行える技術者を養成するトレーニングメニューとなっている。一回の参加人数は10~20名を想定していて、トレーニングは基本的にSeiken e-Garageトレーニングセンター(神奈川県大和市)で実施する。

続きを読む: レスポンス »

乙武洋匡氏「特別な存在」ダウンタウン松本人志に出馬のあいさつ 21日初の街頭演説予定 - 社会 : 日刊スポーツ

夏の参院選東京選挙区(改選数6)に出馬を表明した作家の乙武洋匡氏(46)が20日午前、義足トレーニングを行っている東京・江東区の施設内で記者会見を行った。「既… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

【ダイハツ ハイゼットトラック・ジャンボ 改良新型】カッコよく使いやすく買いやすく[写真16点] 3枚目の写真・画像 | レスポンス(Response.jp)ダイハツ工業は、軽トラックの『ハイゼットトラック』をマイナーチェンジし、12月20日に発売した。標準タイプのハイゼットトラックよりキャビンの前後長を拡大した「ハイゼットトラック・ジャンボ」も進化した。 《写真撮影 雪岡直樹》 ダイハツ・ハイゼットトラック・ジャンボ 改良新型 3枚目の写真・画像

フィアット パンダ に新型コロナやエイズ医療支援の「RED」…欧州発表 | レスポンス(Response.jp)◆ロックバンド「U2」のボノらが立ち上げた「RED」と協力 ◆赤いボディカラーに海洋プラスチックをリサイクルした内装素材 ◆パワートレインはマイルドハイブリッド

「目的」を重視した移動ルートを提供するMaaS基盤 4社が構築へ | レスポンス(Response.jp)ジョルダンは1月11日、トヨタマップマスター、ミックウェア、日本オラクルとともに、さまざまな移動手段・サービスを組み合わせた新たなマルチモーダル・データ基盤の構築で協業すると発表した。

【ダイハツ ハイゼットトラック・ジャンボ 改良新型】カッコよく使いやすく買いやすく[写真16点] 10枚目の写真・画像 | レスポンス(Response.jp)ダイハツ工業は、軽トラックの『ハイゼットトラック』をマイナーチェンジし、12月20日に発売した。標準タイプのハイゼットトラックよりキャビンの前後長を拡大した「ハイゼットトラック・ジャンボ」も進化した。 《写真撮影 雪岡直樹》 ダイハツ・ハイゼットトラック・ジャンボ 改良新型 10枚目の写真・画像

「VICS」がさらに進化、実証実験エリア拡大で期待される効果とは? | レスポンス(Response.jp)◆「VICS WIDE」により、FM多重放送でも情報提供が可能に ◆実証実験により提供する情報量が最大で3倍以上に増加 ◆プローブ情報の全国展開を目指し舵を切った ◆道路の選択の幅が拡大し、交通が分散することで“交通渋滞ゼロ”に近づく

調整にスマホアプリが役に立つ…イコライザー[サウンドチューニング] | レスポンス(Response.jp)車室内には、音響的な不利要因がいくつかある。「サウンドチューニング機能」を駆使すると、それらへの対処が可能となる。当連載では、その具体的な活用法を1つ1つ解説している。現在は、「イコライザー」の操作方法を紹介している。

は、全国の自動車メカニックを対象としたエーミング作業のトレーニング「Seiken ADAS プロショップ」を今春から開始する。 同社は昨年12月に「ADASエーミング・トレーニング」がテュフラインランドジャパンから「エーミング技術エキスパート認定トレーニング」として日本で最初に合格したと発表した。これにより、トレーニング修了者は「エーミング技術エキスパート」として認定される。 ◆エーミング作業の課題 先進安全技術を搭載した自動車の普及に伴い、各種センサーの機能を校正するためのエーミング作業が必要となっている。これに伴い、2020年4月から特定整備制度がスタートしたが、スペースや機材の問題で正しいエーミング作業を行うことのできる整備工場が少ないことが課題となっている。 そこで、エーミング機材を揃えるのが難しい整備工場の駆け込み寺として、エリアごとにエーミング作業のできる”プロショップ”が必要となる、という考えのもと、トレーニングサービス「ADASエーミング・トレーニング」の提供を開始する。 ◆「ADASエーミング・トレーニング」とは 今回、テュフ ラインランド ジャパンから認定されたトレーニングは、レーンキープアシストシステムや自動ブレーキ等の運転支援技術に使用されるセンサの校正作業を正確で早く、簡単に行える技術者を養成するトレーニングメニューとなっている。一回の参加人数は10~20名を想定していて、トレーニングは基本的にSeiken e-Garageトレーニングセンター(神奈川県大和市)で実施する。 カーメーカーごとに異なるADASシステムの名称や作動についての理解を深めつつ、「Seikenエーミングモニター」や「Mahle Digital ADAS」などの機材を使用した診断方法および故障トラブルシューティングの実践トレーニングを受講できる。 ◆eラーニングを取り入れることでより効率的に学べる 研修効率を考え、基礎知識についてはゲーム感覚で学ぶことができるElectude(エレクチュード)社の自動車専用e-ラーニングシステムを活用。トレーナーは受講生の進歩や苦手な分野などを確認することができるため、それぞれに合わせた指導が可能となる。 将来的には、遠方の整備工場向けにADASエーミングプロショップの出張トレーニングなども検討しているという。また、大型車向けのスキャンツールが揃い次第、大型車向けのプロショップも準備する方針を示した。 同社は今後、ADASエーミングプロショップをはじめとしたトレーニングサービスを展開することで、全国の整備工場をサポートしていく。