エンゼルスの大谷、ルースの快挙ならず 7回1失点も勝敗つかず

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)は26日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦に先発登板し、7回1失点、10三振の力投ながら10勝…

2021/09/27 4:05:00

エンゼルスの大谷、ルースの快挙ならず 7回1失点も勝敗つかず マリナーズ戦に先発登板し、7回1失点、10三振の力投ながら10勝目を逃し、1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」の歴史的快挙はならなかった。

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)は26日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦に先発登板し、7回1失点、10三振の力投ながら10勝…

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)は26日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦に先発登板し、7回1失点、10三振の力投ながら10勝目を逃し、1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」の歴史的快挙はならなかった。大谷は六回まで無失点。だが打線の援護が1点しかなく、七回に本塁打で同点とされ、勝敗が付かなかった。今回がルースの快挙へ3度目の挑戦だった。試合後、大谷は今季最後とみられる次回登板に「きょうも(112球で)結構投げているので、どうなるかはまだ分からない」と明言を避けた。ジョー・マドン監督も「様子を見て、本人やゼネラルマネジャーと話してから」と語るにとどめた。今回同様に中6日で登板すれば、最終戦の10月3日(日本時間同4日)の敵地でのマリナーズ戦となる。

イベント上限1万人の撤廃決定 - Yahoo!ニュース 明治、カップアイス「明治 エッセル スーパーカップ クッキーバニラ」を発売 - ライブドアニュース 「トキワ荘」秘話 ~石ノ森や赤塚が少女漫画を描いたわけ~ | NHKニュース

2番で出場した打者では3打数1安打だった。投手では今季23試合で9勝2敗、防御率3・18。(共同)マリナーズ戦の6回、中前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同) 続きを読む: 産経ニュース »

U22日本が香港に4発快勝 来年6月U-22アジア杯出場決めた - 日本代表 : 日刊スポーツ

U-22日本代表はU-22香港代表を下し、来年6月にウズベキスタンで開催予定のU-22アジア杯出場を決めた。日本は前半14分、FW藤尾が左サイドのDF畑のクロ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大谷には運がなかった。ただそれだけのことだ。 一方、田中将大今季8度目のHQS(楽天最多) 1. 5/22-7回1失点 vs ロッテ 2. 5/29-8回1失点 vs DeNA 3. 6/30●7回1失点 vs 日ハム 4. 7/13○7回1失点 vs ソフバン 5. 8/20-7回2失点 vs 日ハム 6. 8/27-7回1失点 vs ロッテ 7. 9/10-8回2失点 vs ロッテ 8. 9/26-7回1失点 vs オリ 1勝1敗 打線が酷すぎる 前半はリリーフ陣に崩壊させられて、実質13勝はしてるわ