きょうのことば, 再生可能エネルギー

エネルギー基本計画とは 再生エネの主力電源化めざす

エネルギー基本計画とは 再生エネの主力電源化めざす(きょうのことば)

2020/10/27 2:51:00

エネルギー基本計画 とは 再生エネの 主力電源化 めざす( きょうのことば

エネルギー基本計画 国の中長期的な エネルギー政策 の方向性を示す計画。2002年に成立した エネルギー政策 基本法に基づき、03年に初めて定めた。おおむね3年ごとに見直す。次は21年夏の改定をめざし、経

10年に決めた民主党政権下の計画は再生エネと原発の比率をあわせて30年までに70%にすると掲げた。東日本大震災後には原発ゼロをめざす方針を打ち出したものの、閣議決定されないまま自民党に政権が戻った。梶山氏は向こう10年間は再稼働に注力する考えを明らかにしている。 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

NHK 長崎県のニュース|NHK NEWS WEB

長崎県のニュースをいち早くお伝えします。

再生不可能エネルギーの主力電源化など、冗談はやめてくれ。 風力発電は風が強すぎると、ブレードが折れる。(与那国島の風力発電のブレードが72.1メートルの風で折れた❗)風力発電は低周波が出て夜キモい音を発生させる。 太陽光発電は台風の風でめくり上がり、燃える。さらに光害もある。山を削る。土砂崩れ発生。電気工事士でないと撤去出来ない。 温暖化ガスの実質ゼロって他国から排出権買うってことでしょ? まあ火力減らす方向は賛成だけど実質ゼロの公言はちょっと…… 不安定な再エネには必ずバックアップが必要で、カーボンニュートラルなベースロードは原発でしかあり得ない。強い菅さんはそろそろ決断をするんだろうね。