ウクライナ情勢 米露、協議継続で一致|日テレNEWS24

2022/01/10 23:50:00

ウクライナ情勢 米露、協議継続で一致 #日テレNEWS

日 テ レnews

ウクライナ情勢 米露、協議継続で一致 日テレNEWS

アメリカとロシアによる「戦略的安定対話」が10日、スイスで開かれました。アメリカ側は、ウクライナ情勢の緊張緩和策として、双方のミサイル配備や軍事演習の制限を提案し、両国は協議の継続で一致しました。

続きを読む: 日テレNEWS »

中絶を求める女性たちの現実 米テキサス州の危機妊娠センターを取材 - BBCニュース

アメリカで中絶を希望する女性たちの中には、中絶反対派の施設だと知らずに、「危機妊娠センター」に頼る人もいる。 続きを読む >>

ウクライナ情勢巡り米露が高官協議、米はミサイル配備・軍事演習の制限を提案 : 国際 : ニュース【ワシントン=横堀裕也】米国とロシアは10日、安全保障に関する高官協議「戦略的安定対話」をスイス・ジュネーブで開き、緊張が続くウクライナ情勢を巡って協議した。 協議後に電話で記者会見したウェンディー・シャーマン米国務副

ウクライナ情勢 米高官 ロシアとの協議 “議論の余地ある” | NHKニュース【NHK】緊張が続くウクライナ情勢をめぐり、アメリカのバイデン政権の高官は、今月10日に行うロシアとの協議で、ウクライナへのミサイ… 面倒だからロシアもNATOに入っちゃいなよ 経済制裁を上乗せする余地がある

ウクライナ情勢 米ロ高官が協議 緊張緩和への糸口見いだせるか | NHKニュース【NHK】ロシア軍がウクライナとの国境に大規模な部隊を展開させ軍事的な緊張が続く中、アメリカとロシアの政府高官による協議がスイスで… 日本は永遠に封鎖つもりだろう❓詐欺国「当面封鎖🤮第三年?」ずっとオンライン授業の留学生たちの2年間の学費返せ!受験料返せ!授業を参加しない退学の学生たちの学費返せ! 日本に行ったことはないそしてオンライン卒業?気持ち悪い詐欺国日本🤮 封鎖と排外の詐欺日本がG7を脱退してくれ また半永久的に戦うわけですか? 双方の人命は多く失われ、平和など更に遠くなる事が双方の望みなのですか? 人類史を見ると、人が誕生して以来ずっと戦争をしている事に改めて気付く。 戦争🪖したいなら安全な場所を限定してやって欲しい。 無理だがね。 国連信者は、このニュースをよ~く見ておくように。 国連なんて何もやってくれないから。

ウクライナ情勢 米露が協議開始 - Yahoo!ニュース【ウクライナ情勢 米露が協議開始】 ロシアによる侵攻の可能性が指摘されるウクライナ情勢をめぐり、米国とロシアは10日、スイス・ジュネーブで相互安全保障に関する第1回協議を開始した。米国はNATOの東方不拡大の確約には応じない構えで、協議は難航が予想されている。 キューバのときはアメリカが絶対受け入れなかったのにウクライナのときには譲歩させようとしてるの草

藤井四冠と渡辺三冠の“頂上決戦”始まる|日テレNEWS24将棋の王将戦七番勝負が始まり、藤井聡太四冠が史上初の10代での五冠達成を目指し、王将の渡辺明三冠と戦っています。

久保建英 ネット揺らすも“幻のゴール”|日テレNEWS24サッカー・スペインリーグのマジョルカに所属している久保建英選手は8日、レバンテ戦で新年初出場を果たしました。後半44分にはゴールネットを揺らしましたが、オフサイドの判定で幻のゴールに。2-0で破れ、チームはリーグ戦3連敗となりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。 当サイトにおけるクッキーの扱いについては .【ワシントン=横堀裕也】米国とロシアは10日、安全保障に関する高官協議「戦略的安定対話」をスイス・ジュネーブで開き、緊張が続くウクライナ情勢を巡って協議した。 協議後に電話で記者会見したウェンディー・シャーマン米国務副長官によると、米国は緊張緩和策の一環として、双方がミサイル配備や軍事演習を制限することを提案し、露側と意見を交わした。米露は協議の継続で一致し、今後の協議の方向性を決めるため、今週末にも再び接触するという。.緊張が続くウクライナ情勢をめぐり、アメリカのバイデン政権の高官は、今月10日に行うロシアとの協議で、ウクライナへのミサイル配備や軍事演習の規模などについて議論する余地があると強調する一方、ロシアが協議を利用して、みずからの立場の正当性を主張することに強い警戒感を示しました。 続きを読む これを前にバイデン政権の高官は8日、記者団に対し、ロシアがNATO=北大西洋条約機構にこれ以上、東に拡大しないよう要求していることについて「合意はありえない」とくぎを刺すとともに、アメリカ軍の部隊や兵器をロシアにとって脅威となる地域に展開しないようロシアが求めていることについても「交渉するつもりはない」と述べました。 その一方で、ウクライナへのミサイル配備や、周辺地域での軍事演習の規模などをめぐっては、双方に利益がある形であれば議論する余地があると強調し、協議の焦点になるとの認識を示しました。 ただ、この高官は「協議のさなかにも、ロシアメディアがうその情報を伝え始めることが十分に考えられる」と述べ、ロシアが協議を利用して、軍の部隊を展開させるなどしているみずからの立場の正当性を主張することに強い警戒感を示しました。.アメリカ側はこうしたロシア側の要求について「合意はありえない」とくぎを刺しているほか、もしロシアがウクライナへ軍事侵攻した場合、ヨーロッパの国々と結束して厳しい制裁で対応すると繰り返し警告しています。 一方でアメリカ側は.