コンサルティング, ビデオチャット

ウェブ会議のタイムラグ解消 映像・音声伝達なめらか

ウェブ会議のタイムラグ解消 映像・音声伝達なめらか

21.10.2019

ウェブ会議の タイムラグ 解消 映像・音声伝達なめらか

Web会議 アプリZOOM が、中国規制当局の要請により中国国内で使用禁止となった。それを受けて中国のユーザーは次のオンライン ビデオチャット ソフトを探し始めている。その中で、超低遅延音声映像インタラクシ

それから、同時に複数のネットワーク(WiFiと4Gなど)を利用してデータを伝送できるMulti-Pathテクノロジー。この技術により単独ネットワークによる伝送の不安定性を低減させて音声ビデオ通信体験を高めている。

要氏は、直面の位置づけはソーシャルプラットフォームではなく、ツールアプリだとしている。そのため、使用するシーンに応じて機能と価格が変更する、時間単位による課金というビジネスモデルを採用しているという。例えば2人の会議には超低遅延とマルチ視角機能サービスは不要なので、料金はオンラインのバンド演奏よりも安価となる。バンド演奏はより高度の低遅延技術とより多くのカメラアングルが必要だからだ。「現在の定価はおよそ 2-5 元(約30~75円)/時だ。しかし私たちはユーザーの反応を見て調整を続けていく。全体的な使用状況から見て、年間の利用料金はZOOMのおよそ3分の1となる」と要氏は語る。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版

あえて60分で切れて、次繋がるまで15分くらいラグのあるものを作って欲しいわ。本当は会議は30分で良いと思うけど、不便さを覚えられても困るので60分から頑張ってみよ!それぞれ準備しっかりすれば出来るよ。前々日には議題流してるのに手ぶらで来て思いつきで発言する奴がいると大体長引く。

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

22 10月 2019, 火曜日 ニュース

前のニュース

「ホルムズ触れず」の理由は 自衛隊の中東派遣検討(写真=AP)

次のニュース

核兵器運用システムに組み込まれていたフロッピーディスクがついに廃止へ