Japan, Ctax, Kelton, Government Finances, Ministry Of Finance (Japanese), Japan, Taxation, Central Banks / Central Bank Events, Monetary / Fiscal Policy / Policy Makers, News Written In Japanese, Bank Of Japan

Japan, Ctax

インフレ抑制不要なら、増税は経済的意味成さない=MMT提唱のケルトン教授

インフレ抑制不要なら、増税は経済的意味成さない=MMT提唱のケルトン教授

16.7.2019

インフレ抑制不要なら、増税は経済的意味成さない=MMT提唱のケルトン教授

財政拡大論である「現代貨幣理論(MMT)」で知られる米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授は16日都内で講演し、消費税率引き上げは、インフレ圧力を減...

[東京 16日 ロイター] - 財政拡大論である「現代貨幣理論(MMT)」で知られる米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授は16日都内で講演し、消費税率引き上げは、インフレ圧力を減らすのが目的ならば適切だが、インフレ圧力を減らす必要がない場合は経済的意味を成さないと話した。

続きを読む: ロイター.co.jp
最新ニュース
最新ニュース

MMTでなくても、増税ってインフレを抑える政策ですよね。(矢印で指すならデフレ方向) 出過ぎて暴れてる資金の動きを止める役割ですから。 従来のリフレ派でも同じですよ。 資金の動きの活発化を目指すなら増税は大悪手ですね。 人類に金融制度の一大転換点が訪れているのに、それに気が付かない、あるいは認めない守旧派経済学者、政治家や政府関係者は、いずれ時代の無慈悲さに淘汰される。 いくらバッシングしようが、マスゴミ使ってネガキャンしようが、事実は事実なんだから、変えようがない。さっさと守旧派は白旗揚げろ🏳 そりゃまあ そーでしょうね

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

16 7月 2019, 火曜日 ニュース

前のニュース

苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

次のニュース

豪大手行、住宅ローン審査基準の緩和を開始
苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報 豪大手行、住宅ローン審査基準の緩和を開始