インドネシアに恋して 漠然と憧れた海外、切り開いた道

インドネシアに恋して 漠然と憧れた海外、切り開いた道

2021/10/16 23:15:00

インドネシアに恋して 漠然と憧れた海外、切り開いた道

2014年3月末、東京・竹芝埠頭近くの公園で、加藤啓明さん(38)は潮風に吹かれながらつぶやいた。「あしたからインドネシアだ」幼少時は米国で暮らした。その経験からか、どこか海外で生活したいという漠然とした憧れがあった。語学力を身につけようと東京外語大を志望し、「倍率が低かった」インドネシア語に目をつけた。入学から3年、辞書をボロボロになるまで引き、人並み以上に机に向かったが、特段目立つ成績でも

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »