イラン革命防衛隊の大佐、暗殺される テヘランの自宅前 - BBCニュース

2022/05/23 5:57:00

BBCニュース - イラン革命防衛隊の大佐、暗殺される テヘランの自宅前

BBCニュース - イラン革命防衛隊の大佐、暗殺される テヘランの自宅前

イランで大きな力をもつ革命防衛隊(IRGC)の大佐が22日、首都テヘランで暗殺された。同国でこうした暗殺が起きるのはまれ。

イラン外務省のサイード・ハティブザデ報道官は、大佐がイランの「宿敵」に暗殺されたと主張。「世界の傲慢な者たちと連携しているテロ工作員」の仕業だとし、アメリカやその同盟国を示唆した。また、「テロと戦っていると主張する」他の国々が、「残念ながら沈黙し、テロを支持している」と述べた。イラン当局は過去に、今回のような有力者の暗殺をめぐって、背後にイスラエルがいると非難したことがある。暗殺のニュースが流れたとき、イランの国営メディアは、革命防衛隊がイスラエルのスパイのネットワークを暴き出し、逮捕したと報じていた。イスラエルは公式コメントを出していない。

続きを読む:
BBC News Japan »

多彩な技、小学生が熱戦 「けん玉クラブ」1周年で催し 北竜:北海道新聞 どうしん電子版

【北竜】地域の小学生による「北竜けん玉クラブ」が活動開始1周年を記念したイベントを町公民館で開き、子どもたちが技を競い合った。 真竜小の児童約20人が毎週火曜の夕方に同館に集まり、けん玉で遊んだ... 続きを読む >>

暗殺の状況がチンピラのやり方に見えるが。 革命防衛隊の内部抗争か? ソレイマニと同じく内通者がいなければ出来ないだろう ホメイニが喜んでいるはず イスラエルのモサドスパイ組織の犯行か⁉️ 大阪枚方不ニ産業の社長服部康博が電磁波技術を使って人に様々な病気を引き起こさせます、八幡市ユナイティドフーズ会社の社員たちもこの事を知っています

米シークレット・サービス2人、韓国で「けんか」しアメリカに送還 バイデン大統領の警護担当 - BBCニュースアメリカのはジョー・バイデン大統領の訪韓に先駆けて韓国に到着していたシークレット・サービスの職員2人が、韓国で「けんか」を起こし、アメリカに送還された。 理由は恐らく…お察し致します。 関わってはいけない 初めて聞いた 日本ならSPがケンカしたことになる あり得んわ!

ジョンソン英首相の父親、フランス国籍を取得 - BBCニュースイギリスのボリス・ジョンソン首相の父親、スタンリー・ジョンソン氏が20日、フランス国籍になると発表した。スタンリー氏は1979年から1984年に欧州議会議員を務めており、2016年の国民投票でEU残留に投票した。 親子揃って煽るの上手いね 首相より品のある顔してはる😙🧔 似てるなー笑

ロシア軍、ウクライナ・マリウポリの製鉄所で勝利宣言 - BBCニュースウクライナは、製鉄所に最後まで残っていた兵士に、脱出許可が出たと説明した。 勝利とかいっているのは世界中でプーチンロシアンZだけだ。お前らはもう死んでいる。あと1秒後に死ぬ😝 見てろプーチンロシア軍ジワジワ攻めるからな❗️アゾフスタリみたいにプーチンロシア軍を同じ目に❗️🇺🇦🇺🇦🇺🇦🇺🇦 ロシア勝利は西側に

Z世代がはまる暗号資産 何が若者を吸い寄せるのか - BBCニュース「Z世代」と呼ばれる若者には、暗号資産の投資にはまる人が多い。大きくもうけることもある一方、投資家保護のルールがないこの市場で、全財産を失うほどの大損失を出す人もいる。 Z世代だから狂気だな! 暗号資産かー、現金と積み立てnisaが最高って結論出てるのに。高校生からしたら信じられんな 👋Z世代 x 暗号資産🤔

「戦争さえ私から夫を奪えません」 ウクライナ大統領夫人、大統領とテレビ出演 - BBCニュースウクライナのファーストレディ、オレナ・ゼレンスカ大統領夫人が21日、夫のウォロディミル氏と共にウクライナの記者たちによるインタビューに応じた。 映像の字幕は「戦争でさえ」、ツイート文では「戦争さえ」。日本語の表現からすれば「戦争でさえ」の方がよい表現。すっごい忙しいのでしょうけれど。 The Ukrainian people lost a lot in this war of aggression ... Reach out to good citizens. m (_ _) m What the world needs is mercy ... ZelenskyyUa 家族を亡くされたウクライナ国民の前でもう一度お願いします。☺️ ウクライナ国民の死は性善説に基づく資本主義社会の道具

外交のみが戦争終結の道=ウクライナ大統領 - BBCニュースウクライナのゼレンスキー大統領は21日、ロシアとの戦争で、勝利は戦場で獲得するものの、最終的な終戦は外交を通じてしか実現できないと述べた。 戦争を終わらせるには、戦争前の状態にロシア軍をウクライナ領内から退去 今、70万ウクライナ軍に膨れ上がる NATO諸国から最新武器弾薬補給訓練し6月陸海空で反転攻勢 精密誘導長距離榴弾砲、無人機自爆攻撃、無人自爆ボート攻撃、精密誘導対艦ミサイル、市街戦特殊部隊投入 煽って、死んで、こういう身もふたもないことを言って、ウンザリして、振り返ってみれば、先の大戦のこの国も似たようなもので、これは人である以上続く地獄なんだね。 中国もロシアも、他国に脅しをすること自体が異常。 ビジネスパートナーとしても失格。 世界中の人々が、中国・ロシアからの輸入を止め、軍事力増強に歯止めをかけることが大事。

ホダイ大佐は、革命防衛隊の影の対外部門で、海外における作戦にあたる精鋭部隊「コッズ部隊」の幹部だった。アメリカはこの部隊について、テロ組織を支援しており、中東全域の攻撃に関わっているとして非難している。 イラン外務省のサイード・ハティブザデ報道官は、大佐がイランの「宿敵」に暗殺されたと主張。「世界の傲慢な者たちと連携しているテロ工作員」の仕業だとし、アメリカやその同盟国を示唆した。また、「テロと戦っていると主張する」他の国々が、「残念ながら沈黙し、テロを支持している」と述べた。 イラン当局は過去に、今回のような有力者の暗殺をめぐって、背後にイスラエルがいると非難したことがある。 暗殺のニュースが流れたとき、イランの国営メディアは、革命防衛隊がイスラエルのスパイのネットワークを暴き出し、逮捕したと報じていた。イスラエルは公式コメントを出していない。 イランにおける暗殺事件 .米シークレット・サービス2人、韓国で「けんか」しアメリカに送還 バイデン大統領の警護担当 30分前 Anadolu Agency via Getty Images アメリカの要人警護を担当するシークレット・サービスの職員2人が、韓国で「けんか」を起こし、アメリカに送還された。 米メディアによると、この2人はジョー・バイデン大統領の訪韓に先駆けて韓国に到着しており、19日夜に飲み歩きをしていた。そのうち1人が、地元のタクシー運転手と身体接触を伴うけんかに発展したという。 拘束や逮捕された人はいなかったものの、ソウル警察はこの件を捜査した。 シークレット・サービスのアンソニー・グリエルミ報道官は、「当局は職員2人が職務外で関わった、規則違反の可能性のある出来事を承知している」と説明。2人は休職扱いとなったほか、バイデン大統領の訪韓日程には支障がないと述べた。 バイデン氏は、中国や北朝鮮の軍事プレゼンスの拡大で懸念が募っているアジア地域を、4日間にわたって訪問している。.スタンリー氏はAP通信の取材に対し、「どのようなレベルでの決定かは全く分からないが、本当にうれしい。(イギリスと)フランスやEUとの関係が必ずしも良好とはいえないこの時期に、非常に想像力に富んだ行動だったと思う」と語った。 また、今度はフランスの選挙区から欧州議会議員に立候補できるとジョークを飛ばした。 一方、息子のジョンソン首相に報告したところ、「magnifique(マニフィーク=素晴らしい)」とフランス語一言の返事をもらったという フランスの法律では通常、フランス国民の子供が国籍をしたくても、その家族がフランス国民としての権利を行使せずに国外に50年以上住んでいた場合は、申請を却下している。 しかし司法省は今回、フランスと「文化的、職業的、経済的、家族的」なつながりを持つ人のための条項により、スタンリー氏のフランス国籍の権利を復活させることができたと説明した。 一方で、スタンリー氏のフランス国籍は同氏にのみ適用され、同氏の子孫には及ばないとしている。.民間人以外で製鉄所内に立てこもっていた数百人は、海兵隊や国境警備隊、警察、地域防衛部隊、ウクライナ国家警備隊(アゾフ連隊を含む)の兵士たちだった。食料の備蓄が底をつき、水もなくなる中、日の光の届かない地下トンネルなどで数週間、暮らし続けた。 指揮官たちによると、負傷兵は全員がロシア軍のバスや救急車で搬送されたという。 ロシア軍は2月下旬の開戦当初から、マリウポリを徹底的に攻撃し続けた。ロシアにとっては、マリウポリを押さえれば、ウクライナ南岸全体の掌握が容易になる。そうすれば、親ロシアの分離独立派が実効支配するウクライナ東部のドネツクおよびルハンスクと、ロシアが2014年に併合したクリミアが陸続きになる。加えて、ウクライナの西の隣国モルドヴァでロシア系住民が分離を宣言しているトランスニストリア地域にも、接近しやすくなる。 ウクライナ兵の行方は ロシア国防省が公表した動画では、行列する非武装の男たちが製鉄所の外でロシア兵に近づき、それぞれ名前を告げる様子が映っている。映像では、ロシア兵がウクライナ兵1人1人とその持ち物を慎重に検査している。 ウクライナ当局は、投降した兵士たちの釈放を、捕虜交換によって確保したい意向だが、ロシア側はこれに応じるか確答していない。.