イギリス、アストラゼネカ製ワクチンでまれな脳血栓5例確認 接種は継続

  • 📰 Newsweek_JAPAN
  • ⏱ Reading Time:
  • 31 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 16%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

イギリス、アストラゼネカ製ワクチンでまれな脳血栓5例確認 接種は継続 パンデミック 新型コロナウイルス 感染症対策 ワクチン 副反応

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は18日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた1100万人のうち、まれな血栓症である脳静脈洞血栓症(CSVT)の症例が5例報告されたと明らかにした(2021年 ロイター/Yves Herman)

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は18日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた1100万人のうち、まれな血栓症である脳静脈洞血栓症(CSVT)の症例が5例報告されたと明らかにした。ただ同ワクチンの効果は潜在リスクをはるかに上回るとし、接種は継続されるべきとの見解を示した。 欧州連合(EU)域内では独仏伊を含む約13カ国が血栓症などの懸念からアストラゼネカ製ワクチンの接種を中断。ただ欧州医薬品庁(EMA)と世界保健機関(WHO)も、同ワクチンの効果はリスクを上回るとの見解を示している。MHRAのジューン・レーン長官は、接種直後に血液中の血小板の減少を伴う脳静脈洞血栓症の極めて少数の報告があったとし、「アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた1100万人のうち、脳静脈洞血栓症の発症は極めて少数であることに加え、ワクチン接種との因果関係が証明されていないことを踏まえると、ワクチンの恩恵は潜在的な副反応のリスクを上回る」と述べた。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のスティーブン・エバンズ氏はロイターに対し、新型コロナ感染症そのものが類似の血栓症の発症につながることもあるため、因果関係を証明するのは難しいと指摘。「ワクチン接種が始まる前から、感染患者の間でまさにこうした症状が見られていた」とし、「ワクチンが原因だった可能性があるのか、見極めるのは難しい」と述べた。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

「まれな」←が余計じゃないの?

visions1121 脳血栓の副反応率0.00004545%と言う記事ですね。 ワクチンなのでそれくらいの副反応率は出るでしょうね当然の事です。 ワクチンに副反応率ゼロは有り得ません 接種リスク、感染リスク、効果率で考え摂取するかは自己判断です。

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 131. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

冷戦終結以降の軍縮路線を捨てて「核軍拡」に舵を切るイギリス冷戦終結以降の軍縮路線を捨てて「核軍拡」に舵を切るイギリス #イギリス #核兵器 #軍事 やはり中国の台頭?🤔 ヨーロッパだし、たまたまアジアで局地戦をやっても自分のところは大丈夫と思っているのかな。 中国の主要都市に狙いをつけられる数ですね、お互い手だし出来ません
ソース: Newsweek_JAPAN - 🏆 131. / 51 続きを読む »

ブレグジット後は日本と仲良くなりたいイギリスの事情ブレグジット後は日本と仲良くなりたいイギリスの事情 #イギリス #ブレグジット #日本外交
ソース: Newsweek_JAPAN - 🏆 131. / 51 続きを読む »

コロナワクチン争奪戦の「勝者」 接種率65%を誇る意外は国とは?コロナワクチン争奪戦の「勝者」 接種率65%を誇る意外は国とは?……イギリスは成人の接種率が50%を超えたと発表したが、それを上回るのは2カ国。回数の世界一はアメリカ ワクチン 新型コロナ ワクチン接種 イギリス 接種率 日本もワクチンが増えれば、新幹線や原子力に代わる外交上の武器になる
ソース: Newsweek_JAPAN - 🏆 131. / 51 続きを読む »

コロナ支援策の恩恵はなぜか富裕層にコロナ支援策の恩恵はなぜか富裕層に……イギリスの支援策の数々はことごとく富裕層の懐を潤わせる結果に(コリン・ジョイス) #イギリス #新型コロナ #格差 投票しない奴にカネやっても無駄だって思ってるんでしょう。本当に貧乏だと声が出ない、出ても小さい。無視されてしまう。
ソース: Newsweek_JAPAN - 🏆 131. / 51 続きを読む »