アフリカ渡航歴ない人から「オミクロン株」検出…「考えられていたより前から欧州に存在」 : 国際 : ニュース

アフリカ渡航歴ない人から「オミクロン株」検出…「考えられていたより前から欧州に存在」 #国際

ブリュッセル, ロンドン

2021/12/02 1:45:00

アフリカ 渡航歴ない人から「 オミクロン株 」検出…「考えられていたより前から欧州に存在」 国際

ブリュッセル 畠山朋子 ロンドン 池田慶太 オランダ 保健当局は11月30日、新型 コロナ ウイルスの変異株「 オミクロン株 」が、 アフリカ 南部への渡航歴のない人から検出されたと発表した。検体は南 アフリカ オミクロン株 の検出が

オランダ当局の発表によると、11月19日と23日に検査を受けた2人の人物からオミクロン株が検出された。オランダでは、26日に南アから到着した航空便の乗客13人がオミクロン株に感染していたことが判明したが、それより前から感染者がいたことになる。欧州メディアは「これまで考えられていたより前からオミクロン株が欧州に存在していた」(英紙インデペンデント)と伝えている。英北部スコットランドでも30日、海外渡航歴のない人々の間で市中感染が起きた可能性があることが明らかになった。スコットランド自治政府の発表によると、11月23日前後に新型コロナの検査を受けた9人からオミクロン株が見つかった。9人とも渡航歴はなく、20日に同じ私的イベントに参加していたという。

独DPA通信によると、ドイツでは30日、東部ライプチヒの病院が、海外に渡航していない男性(39)がオミクロン株に感染した疑いが強いと発表した。欧州疾病対策センター(ECDC)によると、30日現在、欧州連合(EU)域内では11か国で計44人のオミクロン株感染が確認されている。EUの執行機関・欧州委員会は1日、加盟国に追加接種の加速を呼びかけた。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

女性が外を歩く時の安全、このアプリで守れる? 英チームが開発 - BBCニュース

イギリスでこのほど、外を歩く女性の安全を守るための新たなアプリが登場した。安心感が増したと言う利用者がいる一方、根本的な問題は解決されず、むしろ悪用の恐れがあるとの指摘も出ている。 続きを読む >>

やはりそうなるやな。 つまりアフリカ発症ではないと? だろうな 別に南アフリカ発症じゃないし 当然の結果でしょ。「考えているより前から、、、」って言っている人はおかしいよ。

携帯の位置情報取得に波紋 オミクロン株対策でイスラエル治安機関:朝日新聞デジタル新型 コロナ ウイルスの変異株「 オミクロン株 」の感染が確認されているイスラエルで、政府が治安機関に市民の携帯電話の位置情報を取得して感染者を監視することを認めたことが波紋を呼んでいる。政府は オミクロン株 … 時限的かつ例外的措置として、感染拡大防止の目的のみ利用ですよね? 感染状況好転の際は、すぐに位置情報の扱いを既存の状態へ戻す それなら危機的状況の回避として、踏み込んだ対策の1つではないかと思います

オミクロン・ショックで株価は乱高下、原油も急落 景気への打撃懸念:朝日新聞デジタル新型 コロナ ウイルスの新たな変異株「 オミクロン株 」が、回復の道を歩み始めた世界経済を揺るがしている。主要市場の株価は乱高下し、景気の先行指標でもある原油の先物価格も大幅に下がっている。背景には、新型コ…

「8か月待たず」3回目接種を前倒し、経口薬は年内承認目指す…首相所信表明の原案 : 政治 : ニュース岸田首相が6日召集の臨時国会で行う所信表明演説の原案が判明した。新型 コロナ ウイルスの新たな変異株「 オミクロン株 」の感染拡大を踏まえ、ワクチンの3回目接種を「8か月を待たずに、できる限り前倒しする」と打ち出す方針だ。コロ また、途中でワクチン足らなくなって一旦中止にならないように。 ワクチン接種が遅れてる国のために三回目接種はやめとけ だいたい、変異株対応してないワクチン接種しても無駄や。

「8か月待たず」3回目接種時期を前倒し…首相所信表明の原案 : 政治 : ニュース岸田首相が6日召集の臨時国会で行う所信表明演説の原案が判明した。新型 コロナ ウイルスの新たな変異株「 オミクロン株 」の感染拡大を踏まえ、ワクチンの3回目接種を「8か月を待たずに、できる限り前倒しする」と打ち出す方針だ。コロ 【朗報】 厚生労働省、新型コロナワクチンに効果がある科学的根拠が無いと言う公的文書を発行してしまう。 出た出た。。。 もうなんやねん。 安全性とかここまでコロコロ変わらんやろ。。。 ワクチンの入手は出来ているのか❓ 菅元総理の入手したワクチン…

オミクロン株、国内2例目の感染者 同乗者114人が濃厚接触者に | 毎日新聞厚生労働省は1日、新型 コロナ ウイルスの新たな変異株「 オミクロン株 」の国内2例目の感染者が確認されたと発表した。ペルーに滞在歴のある20代の男性で、国内で初めて感染が確認されたナミビアから入国した外交官の濃厚接触者ではない。今のところ、市中での感染は確認されていないという。