りえさん手帖

りえさん手帖

りえさん手帖:情操見つける | 毎日新聞

りえさん手帖:情操見つける

2021/08/02 2:30:00

りえさん手帖 :情操見つける

毎日新聞 2021年8月2日 東京朝刊

続きを読む: 毎日新聞 »

ペッパピッグをお勧め、原稿がさごそ……ジョンソン英首相の演説に注目 - BBCニュース

ボリス・ジョンソン英首相は22日、英産業連盟(CBI)の年次総会で演説したが、その内容が「しっちゃかめっちゃか」だったと注目を浴びている。

五輪陸上男子100m 元代表が語る日本勢に立ちはだかる「壁」 | 毎日新聞オリンピックの陸上男子100メートルの歴史の中で、日本勢が決勝に進んだのは過去1度しかない。1932年ロサンゼルス五輪で「暁の超特急」と呼ばれた吉岡隆徳(たかよし)(故人)が6位に入賞した時だけだ。なぜファイナリスト(決勝進出者)にたどりつけないのか。今回の東京オリンピックの日本勢はどうなのか。過 どうでもいいがな😔😔

カザフスタン話題の旗手 三段跳びに登場 | 毎日新聞東京オリンピックの開会式で白いドレスを身にまとい、「まるでお姫様」と話題を呼んだアスリートが、勝負の舞台に立った。入場行進でカザフスタンの旗手を務めた陸上女子三段跳びのオリガ・ルイパコワ(36)。4大会連続のメダルを懸けて臨んだ30日の予選を突破することはできなかったが、熱のこもったジャンプを見せ 野党の機関紙と化し マイノリティを政治利用する 毎日新聞よ! 女性アスリートを見ためて語るのは女性蔑視ではないのか? 熱のこもったじゃんぷは、ロハス選手でしょ。毎日新聞がなにを言ってるの? ほんと、オリンピックの意義がわかっていない、マスコミ毎日はでてくるな。

「祭典」の正体を問う:近代五輪はその役割を終えた/上 オリンピックは帝国主義時代の競い合いだった 特別寄稿・保阪正康 | 毎日新聞現代史研究の第一人者、渾身の特別寄稿! 五輪は近代の日本社会のなかでどのような役割を果たしてきたのか。政治を超えてスポーツ競技のもとで一体感と平等を実現できたのか、それとも国威発揚と国民統合の場でしかなかったのか? コロナ禍に強行され、類を見ない腐敗が続出する東京五輪を見据えつつ、現代史研究の第一 毎日新聞らしい人選 さすが、人を選んで代弁させる 御社のやり口ですぞ〜♪ 毎日新聞 偏った考え オリンピックはスポーツの祭典は 過去の話ですね。 この辺を見えていないのか 見たくないのか 20世紀のオリンピックの幻想を そのまま見ていたい人が多すぎ。 毎日新聞さんw こういうのって、始まった後で仮に良いこと言ってるとしても 「はよ言えやww」 としかならないじゃないですか?w これ一般企業だと、使えないヤツ扱い確定ですよ? ほんとに経営難も納得ですなww 反日マスゴミ撲滅キャンペーン

「映画 太陽の子」の柳楽優弥、有村架純 非日常を生きる強さ | 毎日新聞俳優の柳楽優弥さんと有村架純さん、故三浦春馬さんが出演する「映画 太陽の子」(黒崎博監督)は、日本の原爆開発を背景に、戦時下を生きる若者の青春を描く。戦争という非日常を日常として受け止めていく3人の等身大の姿からは「懸命に生き抜く若者たちの力強さ」(柳楽さん)が伝わる。有村さんは「先行きが不透明な

ウガンダ旗手務めた16歳が自己ベストの泳ぎ 失踪選手を気遣う | 毎日新聞東京オリンピックの事前合宿中、大阪府泉佐野市の滞在先から選手がいなくなり、騒動になったウガンダ選手団。25人がエントリーした今大会の開会式で旗手を務めたのは、16歳のキラボ・ナムテビだ。30日の競泳女子50メートル自由形予選で自己ベストを更新した。

東京五輪・野球:日本vsメキシコ 1次リーグA組 | 毎日新聞※速報のため公式記録と異なる場合があります。 初戦でサヨナラ勝ちの侍ジャパン 大きな意味を持つメキシコ戦へ 初戦のドミニカ戦で逆転サヨナラ勝ちという劇的なスタートを切った侍ジャパン。31日のメキシコ戦は「金メダルへの最短ルート」と「連戦地獄」の分岐点となる大きな試合だ。 連勝で1位通過した場合は、 相変わらず、どこも本気じゃないのに目の色変えて、金メダル!世界一!ってやるのかね 選手の真剣な顔が滑稽そのものだわ 立ち上がりを気をつけていけ‼️無駄な四球もにゃ‼️