もっと社会人野球2021都市対抗:/5 ホンダ熊本、強さの秘密 「頭も洗えない」過酷な筋トレ | 毎日新聞

ホンダ熊本 「頭も洗えない」過酷な筋トレ ホンダ熊本の強さの秘密に迫ります。

吉見裕都, もっと社会人野球2021都市対抗

2021/11/21 3:30:00

ホンダ熊本 「頭も洗えない」過酷な筋トレ ホンダ熊本の強さの秘密に迫ります。

11月28日開幕の第92回都市対抗野球大会。出場全32チームの魅力を担当記者が伝えます。32回連載の5回目は大津町・ホンダ熊本。チームが強くなったワケを探りました。<次回は21日午後4時公開予定>

右横手から投じたカットボールが狙い通りの軌道を描き、連続三振を奪った。「痛みなく投げられるのは幸せ」。ホンダ熊本の福田大輔投手(29)は、久しぶりに手応えのあるボールに思わず胸の中で叫んだ。都市対抗野球九州2次予選準決勝の浦添市・沖縄電力戦で三回から登板し、4回無失点で勝利に貢献。肩痛に苦しんだ福田の復活劇に、激戦区の九州で第1代表を獲得したホンダ熊本の強さの秘密が隠されていた。「今年は投手10人が、肩肘が痛いと言わず全員投げられていますね」。いつも快活な渡辺正健監督(52)は、選手層の厚い今年の投手陣について話すとさらに口調が軽くなる。福田は白鷗大から狭山市・ホンダに入社したが、肩痛もあって4年間くすぶった。2019年にホンダ熊本に移籍しても肩の状態は上向かなかった。引退を意識するシーズンが続いたが、今年は一転、欠かせない戦力になった。

福田が痛みから解放された裏には何があるのか。渡辺監督はニヤリと笑い、こう解説した。「想像を絶するウエートトレーニングですよ。都市対抗予選は最大7連戦。それを戦い抜くには体作りを徹底しないといけません」08~13年まで監督を務めた渡辺監督は19年11月に復帰すると、すぐさま1日3時間のウエートトレーニングを課した。冬場、選手たちは熊本県大津町のグラウンド脇にあるトレーニングルームにこもった。ベンチプレスやレッグプレス、スクワットのほか、ルームの外にはうんていがあり、懸垂もメニューにあった。20年冬はトレーニング時間を短くしたものの、年間を通して週に2回程度、継続している。結果は数字に表れた。ウエートトレーニングはほぼ未経験だった福田は、ベンチプレスを150キロ上げるようになった。渡辺監督は「トレーニングを倍以上に増やしました。上げられる重さはチーム平均で1・3~1・4倍になりました」とうなずく。

続きを読む: 毎日新聞 »

大谷翔平先制弾、相手先発ハビエルに7回まで大谷以外8選手で14三振喫しエンゼルス4連敗 - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(27)は「3番DH」で出場し、初回に18号先制ソロを放つなど、3打数1安打1打点。6月20日以来、10試合連続出塁をマークした。1回の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

小学4年生から「小さな保護者」だった 母の闘病と死、のしかかった負担【#令和サバイブ】(毎日新聞) - Yahoo!ニュース入院した母に代わり、幼いきょうだいの世話や家事を担い始めたのは小4の時でした。「我慢すれば何とかなる」。ヤングケアラーだった女性から見えたのは、責任感を背負い込んだ「小さな保護者」の姿。 令和サバイブ ヤングケアラー 毎日新聞 Yahooニュース ヤングケアラーまでは行かなくとも、家事は絶対に子供の頃からやらせるべき。 慣れておくのは大事で、大人になってから必ず役に立つ。 大人になってから、一からやるのはかなりのハードル。 ヤングケアラーとは児童労働問題だと言われてハッとした。 家族というだけで、無給で労働させられてるんだよね…

逆転サヨナラでオリックス先勝 パ・リーグ日本シリーズ13連勝 | 毎日新聞プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2021」が20日、京セラドーム大阪で開幕し、25年ぶりにパ・リーグ優勝を果たしたオリックスが、6年ぶりにセ・リーグを制したヤクルトに4―3で逆転サヨナラ勝ちした。パの球団は2018年の第3戦から13連勝となった。セの球団はパの本拠地では13年の第6戦

映画「ミュジコフィリア」の松本穂香 青春の協奏曲「幅広い年代に」 | 毎日新聞現代音楽をテーマに芸大生たちの青春を描いた映画「ミュジコフィリア」。京都・賀茂川の中州で、ヒロイン役の松本穂香(ほのか)さんが歌声とギターの音色を響かせる場面が爽やか。若者向けの作品かと思いきや、「普段のモヤモヤを重ね、それを昇華できる映画。ぜひ社会人の方にも見ていただきたいです」と松本さん。道を

25歳オリックス宗がシリーズ初安打 技術磨き成長 日本シリーズ | 毎日新聞25歳オリックス宗の「意識の変化」 日本シリーズ2021で、オリックスの宗選手がシリーズ初安打となる二塁打を三回に放ちました。7年目の今季はけがで春季キャンプに参加できず出遅れた宗選手。打線に欠かせない存在に成長するまでには、「意識の変化」がありました。

「選手はガチガチだった。諦めず勝利に」オリックス・中嶋監督 | 毎日新聞○オリックス4―3ヤクルト●(20日・京セラ) オリックス・中嶋監督 すごいとしか言えない。(選手は)平常心というよりガチガチだった。その中で、よく粘った。全ての選手が諦めなかったことが勝ちにつながった。 立憲民主党 立憲民主党代表選 候補の 西村智奈美 はこんな奴

オランダで暴動、警察射撃 コロナ規制抗議、負傷者も | 毎日新聞オランダからの報道によると、南部ロッテルダムで19日夜、新型コロナウイルスを巡る政府の新たな規制に抗議するデモ隊が暴徒化し、複数の負傷者が出た。一部がパトカーに放火したり、石を投げたりしたため警察が射撃、少なくとも2人が負傷した。 早く収束させないと…。 そのためには官民共に!