ついに登場の「iPhone 13」シリーズと先代「iPhone 12」シリーズ合計8モデルの外見&性能を徹底比較、iPhone 13はiPhone 12から買い換えるべきデバイスなのか?

ついに登場の「iPhone 13」シリーズと先代「iPhone 12」シリーズ合計8モデルの外見&性能を徹底比較、iPhone 13はiPhone 12から買い換えるべきデバイスなのか?

2021/09/24 17:15:00

ついに登場の「iPhone 13」シリーズと先代「iPhone 12」シリーズ合計8モデルの外見&性能を徹底比較、iPhone 13はiPhone 12から買い換えるべきデバイスなのか?

2021年9月24日に登場したAppleの「iPhone 13」シリーズは、ベンチマークテストで非常に高いスコアをたたき出しました。しかし、「iPhone 13」シリーズの目玉SoCである「A15 Bionic」にはCPUの進歩がやや鈍化しているとの指摘があるのも事実です。また、前世代の「iPhone 12」シリーズを持つユーザーの中には、性能に並んで使い勝手に大きな影響を与える本体のサイズやカメラ性能にどのくらい変化があるのかが気になる人も多いはず。そこで、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」を「iPhone 12」シリーズの各モデルと比較して、両世代の違いを洗い出してみました。

◆サイズと外観iPhone 12(左)とiPhone 13(右)はいずれも幅71.5mm×高さ146.7mmで、厚さ以外のサイズは全く同じ。これは幅64.2mm×高さ131.5mmのiPhone 12 miniとiPhone 13 mini、幅71.5mm×高さ146.7mmのiPhone 12 ProとiPhone 13 Pro、幅78.1mm×高さ160.8mmのiPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxでも同様です。一方、背面のデュアルカメラはiPhone 12が縦に並んでいるのに対して、iPhone 13では斜めに並んでおり、また各カメラもiPhone 13は前世代よりかなり大きくなっています。

一番人気で「飛んだ」馬がモチーフ「ハズレ馬券トランプ」が登場 - ライブドアニュース 「太陽がまぶしくて気づかなかった」 路線バスにひかれて男性死亡 運転手を現行犯逮捕 東京・瑞穂町 - ライブドアニュース 「アニメイト池袋本店」が23年春リニューアル 世界最大規模のアニメ店へ - ライブドアニュース

カメラの大型化の影響を受けてか、iPhone 12は厚さが7.4mmだったのに対してiPhone 13は7.65mmと本体が若干厚くなっており、カメラバンプの出っ張り部分の高さも増しています。カメラの大きさの変化は、iPhone 12 miniとiPhone 13 miniにも見られました。厚さもiPhone 12 miniの7.4mmからiPhone 13 miniの7.65mmからサイズアップ。トリプルカメラを採用したiPhone 12 ProとiPhone 13 Proでも、カメラの大きさがかなり違います。

厚さが0.25mm厚くなっているは他のモデルと同様。各シリーズ最大モデルのiPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxにもカメラの大型化は見られましたが、差はごくわずかでした。本体の厚みも0.25mm増していますが、カメラバンプの出っ張り具合はそれほど変化していません。また、iPhone 12とiPhone 13とではサイドボタンの高さにも変化が見られました。見比べてみると、iPhone 13はiPhone 12より低い位置にボタンがあります。微妙な差ですが、使用感には大きな影響が出ます。iPhone 12では自然に持った際に親指の先端を使って電源ボタンを入れる必要がありました。 headtopics.com

一方、iPhone 13では親指の腹でボタンを押すことができるので、スムーズに電源の操作ができます。サイドボタンの位置の変更は、iPhone 12 ProとiPhone 13 Proにも見られました。iPhone 12 miniとiPhone 13 mini、iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxは変化なし。iPhone 12 mini/13 miniは片手にすっぽり収まるモデルなので、ボタンの位置が変わらなくても操作に支障はありません。サイドボタン以外のインターフェースの差はそれほどありません。iPhone 12 miniとiPhone 13 miniの左側面にあるサウンドオン/オフスイッチ、音量調節ボタン、SIMカードスロットはほぼまったく同じ配置。

iPhone 12に比べて、iPhone 13はサウンドオン/オフスイッチと音量調節ボタンのボタンが若干下に移動しているため、サイドボタンの時と同様に片手で持った時にボタン操作がしやすくなっています。サウンド関係のボタン配置の変化はiPhone 12 ProとiPhone 13 Proでも同様。比較すると、SIMカードスロットの位置が大きく変わっていることに気づきますが、普通の用途ではあまり意識することはなさそうです。iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxの比較では、SIMカードスロットの位置が若干違う以外には差がありませんでした。

◆ディスプレイiPhone 13シリーズのディスプレイサイズや解像度は前世代と同じです。しかし、ノッチ(ディスプレイの切り抜き部分)がかなり縮小したおかげで、ディスプレイ上部の表示領域に余裕が生まれました。この違いは、ディスプレイサイズが小さなiPhone 12 miniとiPhone 13 miniでは特に顕著な差となります。そのほかのディスプレイの違いは以下の通り。iPhone 12 miniに比べてiPhone 13 miniは最大輝度がアップしています。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

ペッパピッグをお勧め、原稿がさごそ……ジョンソン英首相の演説に注目 - BBCニュース

ボリス・ジョンソン英首相は22日、英産業連盟(CBI)の年次総会で演説したが、その内容が「しっちゃかめっちゃか」だったと注目を浴びている。

「iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max」まとめてフォトレビュー、新色の魅力を徹底的に撮りまくってみたAppleが2021年9月24日に、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」をリリースしました。新色である「スターライト」「ピンク」「シエラブルー」もそろっているバラエティに富んだ全4モデルの最新iPhoneシリーズが届いたので、さっそく写真を撮りまくってみました。

「iPhone 13」シリーズ4機種のベンチマーク徹底レビュー、小型モデルが強さを見せる意外な結果が明らかに2021年9月24日にAppleから登場した「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」は、いずれも150億近くのトランジスタを備えた「A15 Bionicチップ」をSoCとして搭載しており、現行のiPhoneとしては最高峰のスペックを誇っています。そこで、鉄板ベンチマークソフトを使って、最新iPhone4モデルの処理能力を徹底的に比較してみたところ、同じ「A15 Bionicチップ」でも違いが現れるなど意外な結果が出ました。

購入の参考に! iPhone 13とiPhone 13 Proの両者の違いをチェック!迷うよねー、うん。発売されたiPhone 13&iPhone 13 Pro。もう買ったよーという人も多いでしょうが、どちらにしたらいいのか迷ってし...

iPhone 13シリーズを買ったら、やってはいけないたった一つのことやっちゃダメ、絶対。iPhone 13シリーズ、もうみなさん手元に届きました? 届いた方もまだ届いてない方も、iPhone 13シリーズを買った方... こんなに傷がついてしまうものなんですね… 買ってすぐこうなってしまったら悲しすぎる💦 そうすると、レンズカバーは付けておいた方が良いってことですか?? いや、そもそもiPhone 13シリーズを買ってはいけない

iPhone13発売、直営店に開店前から行列 国内での人気根強く:朝日新聞デジタル米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の最新機種13シリーズの販売が24日朝、始まった。東京・丸の内の直営店では、新型コロナの感染対策で予約制をとり、店内に入る人数を制限して対応… 完全にガラパゴス状態。 そんな事ないと思うよ。それって出たら毎年買わないと死んじゃう病気の方々達でしょ? 行列を報道したいがために密集して待機するカメラマンたち。

「石好き増やしたい」 70個集め、鉱物トランプ 13歳が製作 | 毎日新聞「石好きの仲間を増やしたい」と名古屋市千種区の中学1年、長坂歩さん(13)が鉱物トランプを製作、販売している。子ども向けのビジネススクールで企画を練り、クラウドファンディングで資金約85万円を集めて約300セットを作った。コロナ下で家にいる時間が増え、「グダグダしているよりも」とチャレンジしたとい 博士ちゃん? 石英、チョウセキ、クロウンモ。 鉱物博士ちゃんかな?