国政

国政

それでもパーティーは開かない 長妻氏と宗清氏の言い分:朝日新聞デジタル

それでもパーティーは開かない 長妻氏と宗清氏の言い分

2020/11/28 2:12:00

それでもパーティーは開かない 長妻氏と宗清氏の言い分

政治家の資金集めの手段として政治資金パーティーがますます存在感を増してきた。パーティー券を購入する側には、「見返り」を期待する外国企業の関係者もいれば、政治家を支えることが社会貢献と考える地元の支援…

[PR]政治家の資金集めの手段として政治資金パーティーがますます存在感を増してきた。パーティー券を購入する側には、「見返り」を期待する外国企業の関係者もいれば、政治家を支えることが社会貢献と考える地元の支援者もいる。「ここ数年で、10人ほどの国会議員のパーティー券を計500万円分買った」。カジノを含む統合型リゾート(IR)事業で日本進出をめざしていた外国企業の関係者は証言する。政治資金規正法は外国企業の寄付を禁じているが、パーティー券であれば誰でも買える。この点に目を付けた。「多額のパーティー券を何度も買うのと、買わないのとでは業者への政治家の印象に差がつく」

『ミロ』3製品の出荷再開 “ミロの日”から限定イベントで特別メニューも展開 - ライブドアニュース 「うっせぇわ」の歌詞 不快? - Yahoo!ニュース 巨人・田口麗斗とヤクルト広岡大志 電撃トレードが成立 - ライブドアニュース

「よい心証の積み重ね」がポイントに1回で20万円を超えるパーティー券の購入者は名前が公表されるため、「20万円超」には気を使う。企業として60万円分を購入したい場合、自分と同僚2人で20万円ずつ買うことで名前が表に出ないようにしたこともある。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

「最悪レベルの環境災害」 イスラエルの海岸に大量のタール漂着 - BBCニュース

イスラエルの地中海沿岸の大部分に大量のタールが漂着し、数千人のボランティアや兵士らが大規模な清掃作業を行っている。