さまぁ~ずの新番組がスタート! ニッポン放送『さまぁ~ずのさまラジ』 (2022年3月18日) - エキサイトニュース

2022/03/18 10:00:00

ニッポン放送でお笑いコンビ・さまぁ~ずがパーソナリティを担当する新番組がスタートすることが決定した。『さまぁ~ずのさまラジ』4月2日(土)スタートさまぁ~ずの三村は『さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子...

三村マサカズ, Twitter

【4月2日から】さまぁ~ずの新番組がスタート! ニッポン放送『さまぁ~ずのさまラジ』 コンビとしてニッポン放送の番組を担当するのは初めて。内容は現在調整中だが、2人のゆる~いトークが楽しめる週末の人気番組になりそうだ

ニッポン放送でお笑いコンビ・さまぁ~ずがパーソナリティを担当する新番組がスタートすることが決定した。『さまぁ~ずのさまラジ』4月2日(土)スタートさまぁ~ずの三村は『さまぁ~ず 三村マサカズ と小島瑠璃子...

続きを読む: エキサイトニュース »

道内各地で大雨 函館市1万世帯に避難指示 道南は9日も警戒:北海道新聞 どうしん電子版

道内は8日、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、大気の状態が不安定となり、日本海側を中心に、各地で大雨に見舞われた。道南には8日夜、雨雲が次々にかかり、いたるところで道路が冠水。道によ... 続きを読む >>

佐々木希、6年ぶり木曜劇場で秘書役 石野真子は土屋太鳳と“親子”に 『やんごとなき一族』新キャスト (2022年3月18日) - エキサイトニュース【4月14日スタート】佐々木希、6年ぶり木曜劇場で秘書役 石野真子は土屋太鳳と“親子”に 『やんごとなき一族』新キャスト 土屋太鳳が主演する、4月14日スタートのフジテレビ系“木曜劇場”『やんごとなき一族』に、佐々木希と石野真子が出演することが決定した

犬飼貴丈「しろめし修行僧」でイケメン僧侶役、来月8日スタート連ドラ (2022年3月18日) - エキサイトニュース【4月8日スタート】犬飼貴丈『しろめし修行僧』でイケメン僧侶役 犬飼貴丈が、テレビ東京系連続ドラマ『しろめし修行僧』に出演し、僧侶役を演じることが分かった。犬飼が演じるのは、たくあんの幼なじみ・佐藤ぶりあん

俳優の宝田明さん死去 87歳 10日の舞台あいさつではウクライナ情勢憂慮し「社会性を持った映画も作らないと」 (2022年3月18日) - エキサイトニュース映画「ゴジラ」(1954年)の第1作に主演し、数多くのミュージカルでも活躍した俳優の宝田明(たからだ・あきら、本名・寶田明)さんが14日に死去したことが18日、分かった。87歳。旧満州(現中国東北部)...

Kis-My-Ft2二階堂高嗣“ファン目線”こだわるツアー演出「ジャニーさんだったら、っていうのは考える」 (2022年3月18日) - エキサイトニュース【RIDE ON TIME】Kis-My-Ft2二階堂高嗣“ファン目線”こだわるツアー演出「ジャニーさんだったら、っていうのは考える」 『Kis-My-Ft2 ~10年間の進化~』の『Episode3 武器』では、ひとりひとりが自分の武器を磨くことで、グループとしてさらなる高みを目指す姿を追う

坂本昌行、19年ぶり主演ドラマが撮了「ワクワクとドキドキのなか参加させていただきました」 (2022年3月18日) - エキサイトニュース【26日放送】坂本昌行、19年ぶり主演ドラマが撮了「ワクワクとドキドキのなか参加させていただきました」 坂本昌行が主演を務める、BS-TBSドラマ『ペットドクター花咲万太郎の事件カルテ』。撮影最終日、リモート取材に応じた坂本が作品への思いを語った

『妻、小学生になる。』好演の蒔田彩珠が、父親役・堤真一から学んだこと (2022年3月18日) - エキサイトニュースいよいよ本日、最終章を迎える『妻、小学生になる。』(TBS)で主演・堤真一の娘役を好演中の蒔田彩珠は、19歳にして数々の女優賞に輝くなど、もっとも期待される若手女優のひとり。◆堤真一から学んだこと自身...

Copyright © ニッポン放送 NEWS ONLINE Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co.講談社『Kiss』で連載中の、こやまゆかり氏による同名コミックが原作。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻ろうされながらも、夫とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”となっている。 佐々木が演じるのは、深山家当主である深山圭一(みやま・けいいち/ 石橋凌 )が経営する深山グループで、健太の秘書として働くことになる立花泉(たちばな・いずみ)。健太の学生時代からの友人であり、憧れの存在でもあった女性。容姿端麗で、上流階級としての教養も兼ね備えており、深山家の人々からの信頼も厚い。父親は大物政治家で、圭一とも親交がある。かつて恋人と共にフランスへと渡った泉だが、とある理由で帰国。圭一の策略で、秘書として健太のそばで働くことになり健太とは数年ぶりに再会。そしてその再会が佐都にとって大きな試練となっていく。 一方、石野が演じるのは、土屋演じる主人公・佐都の母親である篠原良恵(しのはら・よしえ)。多くの地元客に愛されている大衆食堂「まんぷく屋」を夫婦で営んでいたが、数年前に夫が他界。その後、家族としての思い出がたくさん詰まっている自慢の“もつ煮”を守り抜こうと、苦しい経営状況の中、いつも笑顔で佐都と一緒にお店を切り盛りしてきた。「まんぷく屋」の常連でもある健太のことをとてもかわいがっており、2人の結婚を心の底から祝福している。大切な娘が名家・深山家に嫁ぐことになり、心配しながらも佐都の背中を押してあげる心強い存在。.「しろめし修行僧」(4月8日スタート、金曜・深夜0時12分)に出演し、僧侶役を演じることが17日、分かった。 主演の「ハナコ」の岡部大(32)演じる寺の息子・米田たくあんが、白飯に合う最高のおかずを探して全国を托鉢(たくはつ)修行するグルメドラマ。犬飼が演じるのは、たくあんの幼なじみ・佐藤ぶりあん。超有名寺院の御曹司で、たくあんと同じく修行中の身。身も心もイケメンで、たくあんのピンチを救う存在だ。 犬飼は「毎回マドンナも登場し、“令和の寅さん”というイメージを持ちました。祖父がすごく寅さんが好きで、昔から僕も一緒に見ていたので、懐かしさを感じています」とコメント。「おいしいごはんを食べる撮影がすごく楽しみです。僕が食べている姿を通して、見ている方たちにおいしそうだなって思っていただけるように頑張ります」と意気込む。ちなみに自身がイチ推しのご飯のお供は「家系ラーメン」という。 犬飼は、主演する.映画「ゴジラ」(1954年)の第1作に主演し、数多くのミュージカルでも活躍した俳優の宝田明(たからだ・あきら、本名・寶田明)さんが14日に死去したことが18日、分かった。87歳。旧満州(現中国東北部)出身。 1954年に映画「かくて自由の鐘は鳴る」でデビュー以後、東宝を代表するスターとして長きにわたり活躍。今月10日に都内で行われたW主演映画「世の中にたえて桜のなかりせば」(4月1日公開、三宅伸行監督)の完成披露舞台あいさつが最後の公の場となった。主演とエグゼクティブプロデューサーを務めた宝田さんは、腰痛悪化のため車椅子で同イベントに登壇したものの、ジョークを交えながら、元気な様子で公開を迎える喜びを語っていた。 作品のPRだけでなく、ウクライナ情勢を憂慮し「我々はもう少し社会性を持った映画も作らなきゃいけないなという気もいたします」と話す場面も。本作で自身と“70歳差”W主演を務めた乃木坂46・ 岩本蓮加 に優しいまなざしを向けながら「来年もう一本一緒に仕事をしてみたいとそんな気がいたしております。ご期待いただければと思います」と次回作への意欲を明かしたばかりだった。 宝田さんは、1934年4月29日、旧満州(現中国東北部)生まれ。54年に「ゴジラ」で映画初主演。その後、「青い山脈」「放浪記」など、130本超の映画作品に出演。64年「アニーよ銃をとれ」で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、「サウンド・オブ・ミュージック」「風と共に去りぬ」など数多くの作品の主演をこなし、ミュージカル俳優としても活躍した。 編集部おすすめ.

, Ltd. All Rights Reserved. .