えっ、交通事故より転倒事故が多いってマジ!? トラックドライバーを襲う冬期転倒災害の恐怖 - 自動車情報誌「ベストカー」

実は交通事故より多い、ドライバーの「冬期における転倒災害」を考える

2022/01/28 4:00:00

実は交通事故より多い、ドライバーの「冬期における転倒災害」を考える

今年の冬はことさら寒いが、冬期は積雪や路面の凍結などにより転倒災害が多く発生する季節だ。全産業の労働災害の中でも最も件数が多いのが「転倒」で、もちろんトラック運送(陸上貨物運送事業)でも多く発生している。 厚生労働省や労働災害防止団体は…

厚生労働省や労働災害防止団体は「STOP! 転倒災害プロジェクト」を推進しており、平成27年(2015年)から継続して取り組んでいるのだが、転倒災害は増加傾向にあり、更なる取り組みが必要となっているのが実情だ。トラック運送における労働災害防止団体(労働災害防止団体法に基づき設置された特別民間法人)である陸上貨物運送事業労働災害防止協会(略称:陸災防)は冬期の転倒事故事例を公表し、対策を呼びかけている。

続きを読む: ベストカー »

あやなん'YouTuber宴会騒動'の真相告白・炎上を乗り越えて…東海オンエアとの関係性は【モデルプレスカウントダウン#26】

【モデルプレスカウントダウン人気投票実施中📝】モデルプレスSNS合計300万フォロワー+皆さまの投票あなたの推しを投票してください!https://linktr.ee/mdprcd【完全版はABEMAで発表!】完全版を毎週月曜よる9時30分より配信https://abema.tv/video/episode/2... 続きを読む >>

小さなボディに400psエンジンを秘めて NEWアウディRS3スポーツバック/セダン試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年11月27日に日本で発表された新型アウディRS3。アウディA3をベースにしたスポーツバージョンだ。そのRS3にギリシャで先行試乗! EVシフトが進むアウディが送り出すエンジン搭載のスポーツモデルの実力は?

日本車が一番輝いていた時代の旗印「フラッグシップスポーツ」とは何だったのか - 自動車情報誌「ベストカー」バブル期、日本メーカーは持てる技術の粋を駆使し、世界に誇る「フラッグシップスポーツ」を続々と世に送り出した。日本が誇った「フラッグシップスポーツ」たちを今一度振り返る。 R32型 GT-R GTO NSX ユーノスコスモ RX-7 乗って楽しい時代だったなぁ〜

トヨタEV大攻勢!! 登場確実「bZシリーズ」で気になる大きいSUVと小さいSUVの行方 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年12月のトヨタの「バッテリーEVに関する説明会」で公開されたバッテリーEVは16車種。トヨタはそれらを大きく3つのブロックに分けていた。その3ブロックのうち、トヨタの新しいEVブランドとも言えるbZシリーズを掘り下げて見てみよう。

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第80回 - 自動車情報誌「ベストカー」【車名当てクイズ】初代エルグランドより、ちょっと前に活躍したミニバン。人気グレード「ハイウェイスター」を日産車で初採用したクルマです。 ラルゴ🤔❓ ラルゴ懐かしい😂 日産ラルゴ

4月から二輪車高速料金の半額実現へ! 三原じゅん子・新PT座長が料金制度に攻めの姿勢 「顔はヤバいよボディをやんな!」 - 自動車情報誌「ベストカー」バイクの高速料金制度にメスが入る!? 自民党二輪車問題プロジェクトチームの新座長に三原じゅん子議員が就任。「“高速道路の二輪料金が軽自動車と同じ”というのは、誰に聞いても“理解できない”と言われる。これが普通の感覚です」とコメント!

見覚えのあるクルマなのに何かが違う! 超マニアックOEM車のディープ過ぎる世界 - 自動車情報誌「ベストカー」自動車業界でよく耳にする「OEM」という言葉。これは協力関係にある他メーカーの車種を自社ブランドで販売する際に使われるもので、例えばダイハツの軽自動車をトヨタが自社ブランドで販売したり、マツダがトヨタの商用車を自社ブランドで販売したりする… ラーマン