新着, 東日本大震災, 藤渕志保, 高橋祐貴, 工藤昭久

新着, 東日本大震災

いまだ見えぬ廃炉、膨らむ負担 それでも国は再稼働目指すのか | 毎日新聞

廃炉、賠償、除染など膨らむ一方の福島第1原発事故の処理費用。国は責任の所在を曖昧にしたまま原発再稼働に力を入れ始めています。

2021/03/03 14:31:00

廃炉、賠償、除染など膨らむ一方の福島第1原発事故の処理費用。国は責任の所在を曖昧にしたまま原発再稼働に力を入れ始めています。

水素爆発によって建屋の上部が吹き飛ばされ、鉄骨がむき出しになった1号機、灰色のカバーで覆われた4号機――。東京電力福島第1原発事故の発生から10年。現場には今でも生々しい爪痕が残る。2月16日午後、視察ツアーに参加した記者が海抜35メートルの高台から原子炉を見下ろしていると、10分ほどで左胸ポケッ

続きを読む: 毎日新聞 »

防災に携わる思い「より多くのひとの命を助けたい」三戸消防署 川村亮太朗さん

東日本大震災から10年、これからの防災を担っていく世代の思いを紹介します。3回目は、三戸消防署(取材当時)の若手消防士、川村亮太朗さんです。

再稼働しなきゃ、やっていけなくなるよ。 代替案あるんかね。電力の安定供給を重要視しないマスコミって知識人じゃないよな。不安を煽って商売する三流週刊誌と変わらん。 お前らが大好きなエゴ・・・じゃなくてエコ、EVや水素自動車のせいやぞ。低炭素で石炭火力が自粛に追い込まれ、再生可能エネルギー(笑)で9そ高い電気料。おまけに低炭素のLNG不足(中国が買い占め中)で発電所が使えない事実を知ってるのか?三文記事ばっかり書いてるんじゃねーよ。 #毎日新聞