あえて今こそベン・アフレック版『デアデビル』の話をしよう | THE RIVER

2022/01/27 1:46:00

ドラマじゃなくて2003年映画版の方

デアデビル, ベン・アフレック

あえて今こそ ベン・アフレック 版『 デアデビル 』の話をしよう Netflixのドラマ版も最高だ。でも今日は、2003年の映画版をたっぷり語らせてくれ! デアデビル ベン・アフレック マーベル

ドラマじゃなくて2003年映画版の方

そこで今回は、あえて2003年版のへの偏愛を、たっぷりと語らせていただきたい。「そういえば、昔観たなぁ」という人はきっと観返したくなるはずだ。まだ観ていないという人は、今すぐ視聴したくなる……はずである。『デアデビル』当時の酷評はこんなだった『デアデビル』に再び救済の光を当てる前に、まずは当時のレビュワーが本作をどう酷評していたかを見てみよう。Rotten Tomatoes上で公開当時のレビューを遡って見てみると……。

続きを読む: THE RIVER »

English:英語 - Multilingual EMERGENCY Updates - NHK WORLD - English

NHK WORLD-JAPAN provides essential up-to-date information here in multiple languages during emergency situations, e.g., a natural disaster or the spread of coronavirus. NHKワールドJAPANが,災害や新型コロナウイルスの最新情報を多言語でお届けするサイトです。 続きを読む >>

ベン・アフレック版のデアデビルも大好き 評判ほど悪くないっていうかむしろB級感あって好きww コミック感とかww この映画を見てデアデビルが嫌いになりブルズアイが好きになった。 可もなく不可もなくって感じでした。ベンアフレック頭デカすぎ。 Dr.ストレンジ2に出てくるらしいですね この映画を見てデアデビルを好きになった! 良い面も悪い面も 時にコミカルに そして公開当時の時代背景を絡ませながら解説していて ライターのデアデビル愛を感じた😀 マーベル実写版で、一番何回も観た、大好きな作品です😍👍️

『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン、「彼に間違ったことをしたら死ぬ」─ エッジがきいたスーパーヒーロー映画宣言 | THE RIVER『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン、「彼に間違ったことをしたら死ぬ」 エッジがきいた スーパーヒーロー 映画宣言⚡ ドウェインジョンソン ブラックアダム DC

【ネタバレ】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』パロマが言ったあのセリフ、アナ・デ・アルマスの口癖から生まれていた | THE RIVER【ネタバレ】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』パロマが言ったあのセリフ、アナ・デ・アルマスの口癖から生まれていた🍸 公開後に話題となったあのセリフ。 アナ・デ・アルマス自ら裏話を明かす。 ノータイムトゥダイ アナデアルマス

『バットガール』、DC実写映画初のトランスジェンダー・キャラクター描く | THE RIVER『バットガール』、DC実写映画初のトランスジェンダー・キャラクター描く バットガール

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』リザードの予告編での奇妙な動き、VFX担当者がコメント ─「いろいろな噂が流れたのは知っている」 | THE RIVER【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』リザードの予告編での奇妙な動き、VFX担当者がコメント! 「いろいろな噂が流れたのは知っている」 ※重大なネタバレがございます。必ず本編ご鑑賞後に。 スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム

【ネタバレ】『エターナルズ』最後に登場したアレ、『ブレイド』で「もっと大きな活躍をする」とVFXスタッフが意味深発言 | THE RIVER【ネタバレ】『エターナルズ』最後に登場したアレ、新作『ブレイド』で「もっと大きな活躍をする」とVFXスタッフが意味深発言…… ということは?👀 マーベル エターナルズ ブレイド ブレイドがMCU入り?

Netflix映画『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』特別映像が公開、12月に配信決定 ─ ユアン・マクレガー&ティルダ・スウィントンら豪華声優陣が勢揃い | THE RIVERNetflix映画『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』特別映像が公開、2022年12月に配信決定! ユアン・マクレガー ティルダ・スウィントン ケイト・ブランシェット ロン・パールマン ら豪華声優陣が勢揃い。 ギレルモ・デル・トロ ピノッキオ Netflix

いやいや違う、違うんだ。きっと当時の批評家や観客は、『デアデビル』の真価をわかっていなかったんだ。この映画は、公開からおよそ20年(もう20年!)経った今こそ、鋭い魅力を放つ作品なのである。 そこで今回は、あえて2003年版の への偏愛を、たっぷりと語らせていただきたい。「そういえば、昔観たなぁ」という人はきっと観返したくなるはずだ。まだ観ていないという人は、今すぐ視聴したくなる……はずである。 『デアデビル』当時の酷評はこんなだった 『デアデビル』に再び救済の光を当てる前に、まずは当時のレビュワーが本作をどう酷評していたかを見てみよう。Rotten Tomatoes上で公開当時のレビューを遡って見てみると……。 「好きになれない、気取った映画。ここ数年で最もガッカリさせられたブロックバスター映画」 .話していた 。「感じたんだ。俺はブラックアダムだと」。 キャストにはドウェインのほか、ピアース・ブロスナンがドクター・フェイト/ケント・ネルソン役、ノア・センティネオがアトムスマッシャー役、オルディス・ホッジがホークマン役、キンテッサ・スウィンデルがサイクロン/マクシーン・ヒュンケル役として名を連ねている。監督を務めたのは、『ジャングル・クルーズ』(2021)のジャウム・コレット=セラだ。 『ブラック・アダム(原題:Black Adam)』は、2022年7月29日に米国公開予定。 あわせて読みたい.007 /ノー・タイム・トゥ・ダイ』のネタバレが含まれています。 NO TIME TO DIE © 2021 Danjaq & MGM.原作の新作映画『Batgirl(原題)』で、トランスジェンダー俳優がトランスジェンダーのキャラクターを演じることが明らかとなった。 米 によれば、『Batgirl』でトランスジェンダーのアリシア・ヨー役に起用されたのは、「ボクらを見る目」(2019)、「FBI:Most Wanted~指名手配特捜班~」シーズン1などに出演している新鋭アジア系俳優のアイヴォリー・アキノ。アリシアは、DCコミックスの実写版映画に登場する初の主要トランスジェンダー・キャラクターとなり、アキノ自身もトランスジェンダーだ。 この投稿をInstagramで見る Ivory Aquino(@msivoryaquino)がシェアした投稿 原作コミックでアリシアは、『Batgirl』の主人公であるバーバラ・ゴードンの親友&ルームメイトで、シンガポール系の彼女はバーデンダーとして働きながらシェフを夢見ているキャラクター。映画の詳細はベールに包まれているが、原作と同じ設定を引き継ぐなら、バーバラとアリシアが生活を共にすることになりそうだ。 バーバラ役で主演するのは、『イン・ザ・ハイツ』(2020)のニーナ役で注目されたレスリー・グレース。『ジャスティス・リーグ』(2017)のJ・K・シモンズがゴッサムシティ警察のジェームズ・ゴードン役で続投し、ティム・バートン版『バットマン』シリーズに主演したマイケル・キートンがバットマン/ブルース・ウェイン役を 。ファイヤーフライ/ガーフィールド・リンズ役のブレンダン・フレイザー、ジェイコブ・スキーピオの出演も決定済みだ。『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020)の監督コンビ、アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーがメガホンを取り、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(2020)のクリスティーナ・ホドソンが脚本を担当する。 『Batgirl(原題)』は、2022年に米国公開予定。.