【話の肖像画】龍谷大学教授・李相哲(61)(15)日本に帰化、「北」の3代世襲に憤怒

《1998年、龍谷大学に助教授として迎えられたのを機に、日本への帰化を申請した》そもそも中国の朝鮮族の村に生まれたというだけで、中国籍を自分の意思で選んだわけで…

2021/05/10 4:49:00

【話の肖像画】龍谷大学教授・李相哲(61)(15)日本に帰化、「北」の3代世襲に憤怒 私は金正日が政権を去れば北朝鮮は変わると思っていました。毛沢東の死後、中国が変わったように。ところが、3代世襲を決めたことに憤怒を覚えました。

《1998年、龍谷大学に助教授として迎えられたのを機に、日本への帰化を申請した》そもそも中国の朝鮮族の村に生まれたというだけで、中国籍を自分の意思で選んだわけで…

PRそもそも中国の朝鮮族の村に生まれたというだけで、中国籍を自分の意思で選んだわけでもないし、法律的には韓国人でもない。迷いはなく、帰化は願ってもないことでした。外国人はビザ更新のとき、一番緊張します。ビザが出なかったら、それまで日本で築いたすべてを放棄して帰国しなければならない。中国へ戻るつもりは全くありませんでした。帰化申請が通った知らせを受けて、真っ先に旅券を申請しました。次女も生まれていましたので一家4人分です。1週間ほどで旅券が出ました。本当にうれしかった。これで胸に重くのしかかっていた不安が初めてストーンと落ちたような気がしました。

「あらゆる虐待を受けてきた」 カナダの先住民寄宿学校問題、生存者が語る - BBCニュース 「iOS15」が今秋配信 iPhone6s以降更新可能で機能強化に重点 - ライブドアニュース ぴったんこカン“完” 9月で幕、安住アナ“異動”でロケ時間確保できず - ライブドアニュース

《龍谷大でアジアの文化、メディア史を中心に教壇に立つ。教授になって5年がたった2010年、1本のニュースが心をとらえた。金正日(キム・ジョンイル)の後継に三男の金正恩(ジョンウン)が確定したという報道だった》私は金正日が政権を去れば北朝鮮は変わると思っていました。毛沢東の死後、中国が変わったように。ところが、3代世襲を決めたことに憤怒を覚えました。金正日が亡くなっても北朝鮮が「まともな国」になることはないと思いました。当時はまだ北朝鮮を研究していたわけではないのですが、金正恩が権力を受け継いだらどうなるかが知りたかった。そこで書いたのが「金正日と金正恩の正体」(文春新書)です。

《この一冊がきっかけで、テレビ局などから朝鮮半島情勢の解説依頼が相次ぐようになる》実は北朝鮮研究につながる縁は、すでに大学院時代にありました。15歳のときに故郷・中国で初めて一緒に写真を撮った友人から1993年に手紙をもらい、「回顧録を執筆している北朝鮮の元高官がいるので会いに来てほしい」と依頼されました。友人は中国山西省の空軍基地で人民解放軍将校として勤務していました。夏休みに山西省の空港に着くとハイヤーが止まっていました。元高官が用意したものでした。元高官は「朝鮮人民軍報」編集長や文化相を歴任した金剛(キム・ガン)という人物でした。56年8月、金日成(イルソン)が長期の東欧歴訪に出かけていたとき、金剛ら親中の延安派幹部はソ連派と手を組んで金日成の独裁体制打倒を掲げ、政変を起こそうとしましたが失敗しました。 headtopics.com

8月30日開催の党中央委員会全体会議で金日成が外国訪問の結果について報告することになりましたが、途中、尹公欽(ユン・ゴムフム)商業相が立ち上がり、金日成批判を展開しました。実は金日成は密告を受け、すでに延安派の動きを把握していました。尹は「個人崇拝をやめ、重工業優先主義もやめるべきだ」と熱弁を振るうのですが、金日成派に制止されます。徐輝(ソ・フィ)政治局員が尹に続きました。会議は終わらず、危険を感じた尹と徐、同じく延安派だった内務相の李弼奎(リ・ピルギュ)は金剛に連絡、その日の夜、4人は平壌を脱出します。

続きを読む: 産経ニュース »

巨大な冷却塔を4基、一気に爆破解体 英中部 - BBCニュース

英イングランド中部スタッフォードシャー・ルージリーで6日、すでに閉鎖された石炭火力発電所の巨大な冷却塔4基が爆破解体された。

駐日米大使にエマニュエル氏指名へ 元大統領首席補佐官【ワシントン=永沢毅】バイデン米政権は空席となっている駐日米大使にオバマ元大統領の首席補佐官を務めたラーム・エマニュエル氏(61)をあてる方向で最終調整に入った。オバマ氏の元側近で、バイデン大統領とも近い関係にある。近く正式に指名したうえで、上院の承認を経て就任する。複数の日米両政府関係者が明らかにした。エマニュエル氏はシカゴ市出身。クリントン政権で政策顧問、連邦議会下院議員を経験し、オバマ政 2年近くも空席だったとは知らなかった。 安倍がトランプの犬そのものだったので、番犬を置いておく必要がなかったんですね。きっと。

恐れと謝罪と癒着と 市役所と自治会長のいびつな関係:朝日新聞デジタル津市から補助金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた同市相生町の元自治会長、田辺哲司被告(61)の公判が11日、津地裁で始まる。事件の背景に、田辺被告が長年にわたり市職員らを「恫喝(どうかつ)」し… 続きを読みたかったが有料なので断念。 残念。 どこの役所も立派なのは建物だけ こんな記事を書くくらいならやることあるやろ! 旭川市北星中学のいじめ殺人を追求しないくせにマスコミを名乗るな!警察に忖度しているマスコミを誰が信じるのか!恥を知れ!

異名は「ランボー」、米駐日大使に大物起用…日本との目立った接点なし : 国際 : ニュース【ワシントン=田島大志】米国のバイデン政権が駐日大使に充てる方向となったラーム・エマニュエル氏(61)は、オバマ政権の大統領首席補佐官として辣腕(らつわん)をふるったことで知られる。大物の起用は、バイデン大統領が外交の

脱炭素「低成長で達成」 エネルギー庁シナリオの皮肉「粗鋼生産量の見通しを下方修正する」「鉄鋼業界に納得のいく説明をしてほしい」――。温暖化ガス排出量を2030年度に13年度比46%減らす。4月22日に明らかになった新目標を策定する過程で、経済産業省の資源エネルギー庁は製造産業局に粗鋼生産量が大幅に減るシナリオを突きつけていた。エネ庁はその1週間あまり後の30日に公表した資料に、30年度の粗鋼生産量が9000万トンにとどまる見通しを記した。15