【話の肖像画】「世界の盗塁王」元プロ野球選手・福本豊(73)(27)

  • 📰 Sankei_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 27 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 14%
  • Publisher: 53%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

【話の肖像画】「世界の盗塁王」元プロ野球選手・福本豊(73)(27) あの子たちは健常者と同じように野球をしたい。最初は体育館の中でプレーしていたんですが、外でやろうと誘いました。つえをついてやる子、手のない子も義足の子も楽しそうにプレーしてくれた。

《昭和63年のシーズンを最後に現役を引退。その後、阪急から球団名が変わったオリックスで打撃コーチと2軍監督を務め、平成10年にはコーチとして阪神に招聘(しょうへい)された》

阪神では吉田義男さんに声を掛けてもらい、最初の年は打撃コーチを、翌年はノムさん(野村克也さん)の下で守備走塁コーチを務めました。吉田さんの誘いの前に巨人が「守備走塁コーチ」として打診してくれていましたが、吉田さんからは「打撃コーチ」を要請していただいた。それがうれしかった。西本幸雄さんに入団当時に教えてもらった「西本型」の打撃を若い選手たちへ伝えたいと思いました。僕もこうして小柄でもやれたんやから、ごっつい選手がそろっている阪神はもっと打てるとね。 あのころはひーやん(桧山進次郎)や新庄(剛志)らがいて、中日からアロンゾ・パウエルや矢野(輝弘、後に燿大(あきひろ))も入団してきた。新庄は何でもできた。足は速い、肩は強い、自信も持っている。そういうものをみな持っていて、こうやでああやでと説明したらパッとできる。ちゃらんぽらんに見えていたかもしれないけど、考えてパッとやる。「フクさん、僕すぐできるでしょ」と言うから、僕は「できるから、それをやり続けえ」と言ってました。吉田監督のときは阪神は打てなくて、ボールばかり振る。止まったらええねん。打ちにいってやめられる技術ができたらまた変わると言い続けました。どんどん選手が変わっていく姿を見るのは楽しかった。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

まだ野球選手としては無名だった頃から名選手になっても変わらず続けてきたのは凄いと思う。

今まで合計737万 2020年4月〜 東京の酒提供飲食店1店への協力金 協力金バブル 50万 時短協力金4月 50万 時短協力金5月 20万 時短協力金8月 15万 時短協力金9月 40万 時短協力金11月 84万 時短協力金12月 186万 時短協力金1月 168万 時短協力金2月 124万 時短協力金3月

野球を知らん人が聞いたら、泥棒の親玉みたいやな。

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 68. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。