【経済インサイド】日産再び「Z」を復活の象徴に 日系メーカーで相次ぐスポーツカー投入

世界的に電気自動車(EV)シフトが進むなか、日系自動車メーカーが高性能エンジンを搭載したスポーツカーを相次いで投入する。日産自動車は、半世紀以上の歴史を持つ「Z…

2021/10/23 3:00:00

日産「Z」を復活の象徴に 相次ぐスポーツカー投入 「Zは今も昔も最高のスポーツカーだ」。日産のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は8月、米ニューヨークで開いた新型Zのオンライン発表会で誇らしげに語ったー。

世界的に電気自動車(EV)シフトが進むなか、日系自動車メーカーが高性能エンジンを搭載したスポーツカーを相次いで投入する。日産自動車は、半世紀以上の歴史を持つ「Z…

日産自動車の新型「Z」(日本名・フェアレディZ)の米国仕様車世界的に電気自動車(EV)シフトが進むなか、日系自動車メーカーが高性能エンジンを搭載したスポーツカーを相次いで投入する。日産自動車は、半世紀以上の歴史を持つ「Z」(日本名・フェアレディZ)の新型車を市場規模の大きい米国で2022年春に発売。トヨタ自動車はSUBARU(スバル)と共同開発した新型「GR86(ハチロク)」を今年秋頃に投入する。運転の楽しさや走行性能といった車本来の魅力を追求し、ブランドイメージの向上につなげたい考えだ。「Zは今も昔も最高のスポーツカーだ」。日産のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は8月、米ニューヨークで開いた新型Zのオンライン発表会で誇らしげに語った。

PS5の転売対策にゲオ「梱包材に×印記入」 買い取り業者は「中古品と査定」 - ライブドアニュース 大人が使っていたら「イタイ」?流行語ランキング1位は「ぴえん」 - ライブドアニュース 「青缶に混ぜるだけで…」ネット広告で誤情報 ニベア花王が注意喚起 - ライブドアニュース

08年以来14年ぶりに全面改良し、7代目となる新型Zは、1969年に発売された初代に近いデザインを採用。ボンネットが長い「ロングノーズ」を踏襲している。 続きを読む: 産経ニュース »

寒さ苦手なカピバラに温かい「ゆず湯」をプレゼント 石川 能美 | NHKニュース

【NHK】本格的な冬の訪れを前に石川県能美市の動物園では、寒さが苦手なカピバラにあたたかい「ゆず湯」がプレゼントされました。

高くて手が出ない

【経済インサイド】IT見本市シーテックが映すウィズコロナの世界【経済インサイド】IT見本市シーテックが映すウィズコロナの世界 〝コロナVS科学技術〟の構図はまだ当面続く見通しで、各社の展示からは、コロナと共存する「ウィズコロナ」の新たな日常が垣間見える。 その前に中共に全ての情報を開示するように迫れ。 中共がウイルスをどう完成させたのかを筆頭に様々な情報を知る事が出来れば対応策が変わってくる部分もあるだろう。災害扱いし勝手にビジネスチャンスにしている企業らは無責任極まりない。中共ウイルスは災害ではない純然たる世界への戦争行為。 チャイナに盗まれんように。 コロナ、消える気がする。