【甲子園】仙台育英史上初5投手で完封リレー「投手王国」ぶり発揮、全員が145キロ超え - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ

2022/08/11 14:44:00

【甲子園】仙台育英史上初5投手で完封リレー「投手王国」ぶり発揮、全員が145キロ超え #仙台育英

仙台育英, 高校野球夏の甲子園

【甲子園】 仙台育英 史上初5投手で完封リレー「投手王国」ぶり発揮、全員が145キロ超え 仙台育英

仙台育英 (宮城)が史上初の5投手による完封リレーを決めた。夏3年ぶりの1勝で16強入り。登板した全員が最速145キロ超えで、2安打、14奪三振という圧倒的な内… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

[2022年8月11日20時25分]<全国高校野球選手権:仙台育英10-0鳥取商>◇11日◇2回戦仙台育英(宮城)が史上初の5投手による完封リレーを決めた。夏3年ぶりの1勝で16強入り。登板した全員が最速145キロ超えで、2安打、14奪三振という圧倒的な内容だった。先発した高橋煌稀(こうき)投手(2年)が、5回1安打5奪三振で試合を作ると、2番手のエース左腕・古川翼投手(3年)は、2回無安打3奪三振。後を受けた仁田、斎藤蓉、湯田もぴしゃりと締めた。◇ ◇ ◇全員がエース-。仙台育英が「投手王国」ぶりを発揮した。初陣の先発を託された最速145キロの高橋は、初回から140キロ台の直球で強気に押した。勝負球、カウント球もほとんどが真っすぐ。自身最終イニングとなった5回は、142キロで空振り三振、141キロで三ゴロ、143キロで二ゴロと9球でテンポ良く仕留めた。「後ろに古川さんが控えているので、毎回毎回、全力で行こう」と無失点でつないだ。

捕手の尾形とは、小学生の時からバッテリーを組む。「心が通じ合っている」。最高のコンビ。その2人が在籍した登米友球ジュニアの監督が、高橋の父達也さん(45)だ。県内では仙台育英のライバルでもある東北で投手だった達也さんは、この日アルプス席で観戦。「率直にうれしいですし、不思議な感じですよね」と笑顔だった。バトンを受け取った背番号「1」の古川は、0-0の6回からマウンドへ。初回をわずか7球で3者凡退に仕留めると、その裏に打線が5点を奪った。3番手で自己最速147キロをマークした仁田、2人の打者から2三振を奪った斎藤蓉、そして自己最速146キロを計測し空振り三振で試合を締めくくった湯田も、それぞれの持ち場で輝いた。

続きを読む:
日刊スポーツ »

コスタリカ戦 道内サポーター各地で声援 敗戦に「次こそ」:北海道新聞 どうしん電子版

「うそでしょ」「マジか」。27日のサッカーワールドカップ(W杯)1次リーグで、日本はコスタリカに0―1で敗れた。初戦の強豪ドイツ戦の金星に続く勝利を予想していただけに、試合を見守った道内各地のサポー... 続きを読む >>

【甲子園】聖光学院・赤堀主将、日大三・寒川主将との「親友対決」制す「甲子園立ててうれしかった」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ聖光学院・赤堀主将が、日大三・寒川主将との「親友対決」を制した。1番で3安打1得点。チームの夏20勝、17年以来5年ぶり白星に貢献した。1点を追う5回2死では… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】社、夏初出場初勝利も喜び内に秘め「複雑な気持ちに」県岐阜商へ敬意忘れず - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ社は相手への敬意を忘れなかった。夏の甲子園初出場初勝利を飾ったが、試合終了の瞬間、ナインは喜びを内に秘めた。9回1失点と好投した堀田柊投手(3年)は「複雑な気… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】大阪桐蔭、今夏初めて先制点許す 旭川大高が初回、山保亮太の犠飛で1点奪う - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ3年ぶり10度目出場の旭川大高が、春夏連覇を狙う大阪桐蔭から今夏初の先制点を奪った。1番近藤伶音(れおん)右翼手(3年)が三塁前にバント安打を決め出塁。2番広… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】能代松陽敗れ東北勢5戦5勝ならず 2年生4番の斎藤舜介「ここに戻ってこないと」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ能代松陽(秋田)は現校名初勝利を逃した。13年に能代商と能代北が統合。能代商時代を含めると11年ぶり4度目となる夏の甲子園だった。打線は5回まで無安打に封じら… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】大阪桐蔭・海老根優大「チームに勢いを与えられて良かった」同点弾で流れ呼び込む - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ大阪桐蔭がお家芸のアーチ攻勢で初戦の窮地を脱した。3回までに3点を先行される予想外の展開になった。今夏、大阪大会を通じて初めて先制された。じわじわ追い上げるが… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】コロナ集団感染の九州国際大付は予定通り出場 練習は再開済み、11日明徳義塾と対戦 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ第104回全国高校野球選手権大会の大会本部は10日、新型コロナウイルスの集団感染と判断されていた九州国際大付(福岡)が予定通り、11日第3試合で明徳義塾(高知… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】仙台育英史上初5投手で完封リレー「投手王国」ぶり発揮、全員が145キロ超え [2022年8月11日20時25分] <全国高校野球選手権:仙台育英10-0鳥取商>◇11日◇2回戦 仙台育英(宮城)が史上初の5投手による完封リレーを決めた。夏3年ぶりの1勝で16強入り。登板した全員が最速145キロ超えで、2安打、14奪三振という圧倒的な内容だった。 先発した高橋煌稀(こうき)投手(2年)が、5回1安打5奪三振で試合を作ると、2番手のエース左腕・古川翼投手(3年)は、2回無安打3奪三振。後を受けた仁田、斎藤蓉、湯田もぴしゃりと締めた。 ◇ ◇ ◇ 全員がエース-。仙台育英が「投手王国」ぶりを発揮した。初陣の先発を託された最速145キロの高橋は、初回から140キロ台の直球で強気に押した。勝負球、カウント球もほとんどが真っすぐ。自身最終イニングとなった5回は、142キロで空振り三振、141キロで三ゴロ、143キロで二ゴロと9球でテンポ良く仕留めた。「後ろに古川さんが控えているので、毎回毎回、全力で行こう」と無失点でつないだ。 捕手の尾形とは、小学生の時からバッテリーを組む。「心が通じ合っている」。最高のコンビ。その2人が在籍した登米友球ジュニアの監督が、高橋の父達也さん(45)だ。県内では仙台育英のライバルでもある東北で投手だった達也さんは、この日アルプス席で観戦。「率直にうれしいですし、不思議な感じですよね」と笑顔だった。 バトンを受け取った背番号「1」の古川は、0-0の6回からマウンドへ。初回をわずか7球で3者凡退に仕留めると、その裏に打線が5点を奪った。3番手で自己最速147キロをマークした仁田、2人の打者から2三振を奪った斎藤蓉、そして自己最速146キロを計測し空振り三振で試合を締めくくった湯田も、それぞれの持ち場で輝いた。 古川は言う。 .【甲子園】聖光学院・赤堀主将、日大三・寒川主将との「親友対決」制す「甲子園立ててうれしかった」 [2022年8月9日21時4分] 日大三対聖光学院 試合後、握手を交わす聖光学院・赤堀(右)と日大三・寒川(撮影・江口和貴) <全国高校野球選手権:聖光学院4-2日大三>◇9日◇1回戦 聖光学院・赤堀主将が、日大三・寒川主将との「親友対決」を制した。1番で3安打1得点。チームの夏20勝、17年以来5年ぶり白星に貢献した。1点を追う5回2死では左翼線へ二塁打。直前に無死一塁の好機を、空振り三振と盗塁死で逸した中で、高中の逆転2ランを呼び込んだ。二塁上で寒川から「ナイスバッチ」と声をかけられたといい、「中学校で仲が良かったメンバーと(甲子園に)立てたことがうれしかった」と対戦をかみしめた。 一関学院(岩手)、八戸学院光星(青森)、鶴岡東(山形)に続く初戦突破で東北勢は4戦4勝となった。2回戦は横浜と対戦。聖光学院は春夏甲子園の戦績で神奈川勢に5戦全敗だが、目標はあくまでも日本一だ。赤堀主将は「ここで勝っても、次負けたら本当に一緒なので、どんな展開でも最後に負けない野球を絶対にしたい」と力を込めた。.【甲子園】社、夏初出場初勝利も喜び内に秘め「複雑な気持ちに」県岐阜商へ敬意忘れず [2022年8月9日20時45分] 県岐阜商対社 県岐阜商に勝利し、校歌斉唱する社ナイン(撮影・宮地輝) <全国高校野球選手権:社10-1県岐阜商>◇9日◇1回戦 社は相手への敬意を忘れなかった。 夏の甲子園初出場初勝利を飾ったが、試合終了の瞬間、ナインは喜びを内に秘めた。9回1失点と好投した堀田柊投手(3年)は「複雑な気持ちに。向こうの気持ちを考えたときにそういう試合終わりの感じになりました」と振り返った。コロナの集団感染で登録メンバーを大幅に変更した相手を気づかった。校歌が流れた時、山本巧監督(50)は「県岐阜商さんの10名の選手が、自宅待機、静養を余儀なくされていることが事実としてありますので、そのことを考えてしました」と神妙な表情を見せた。 甲子園初出場となった04年は4強に進出。夏の初陣では、初回から攻めた。四球や相手のミスで1死三塁の好機を演出。3番福谷宇楽(うた)内野手(3年)が右前先制タイムリーを放つと、5回までに11安打9得点を挙げ、試合を決定づけた。2安打3打点で遊撃守備も堅実にこなした福谷は「どの球にも対応できるように心がけていた。グラウンド状況はあまり良くなかったが、自分に合った固さ。いい対応が出来たと思う」と話した。 県内の県立校で唯一体育科を持つ。激戦区の兵庫を勝ち抜いた実力校が、18年ぶりの聖地で夏1勝をかみしめた。【波部俊之介】.【甲子園】大阪桐蔭、今夏初めて先制点許す 旭川大高が初回、山保亮太の犠飛で1点奪う [2022年8月10日8時38分] 旭川大高対大阪桐蔭 1回表旭川大高1死満塁、先制中犠飛を放ちほえる山保(撮影・野上伸悟) <全国高校野球選手権:旭川大高-大阪桐蔭>◇10日◇1回戦 3年ぶり10度目出場の旭川大高が、春夏連覇を狙う大阪桐蔭から今夏初の先制点を奪った。 1番近藤伶音(れおん)右翼手(3年)が三塁前にバント安打を決め出塁。2番広川稜太遊撃手(3年)が送りバントを決めて1死二塁とし、3番藤田大輝三塁手(3年)の左前打で1死一、三塁とチャンスを広げた。 4番鶴羽礼一塁手(3年)の3球目に一塁走者藤田が飛び出したが、三塁走者の近藤も本塁を狙うしぐさを見せて相手守備を引きつけ、藤田が二盗に成功。1死二、三塁とすると、5番山保亮太左翼手(3年)が中堅へ犠飛を放ち、先制点をたたき出した。 大阪桐蔭は大阪大会で先制点を奪われたことがなく、今夏初めて先に点を許した。.